閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

見た目はスーパーカーのアルファロメオ4C!今選んだほうが良い理由とは?

アルファロメオ4Cってどんな車?

$(“”134881″”).click( (null, $(‘#headline134881’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134881″”)

アルファロメオ4Cはなですかか得難いポジションの夢のある車だ。名前の4Cは4気筒(4 cylinders)を意味していて直列4気筒のエンジンを搭載していることに由来しています。4気筒エンジンといえば馴染み深い方も多いでしょう。オノレの車と同じだちう方もいるハズだ。

とはいえこのコンパクトな4気筒エンジンを積んでいることにアルファロメオ4Cの深い意味があります。
そもそも4気筒といってもただの小さなエンジンではおません。ダウンサイジングターボの流れにある1742㏄の直噴ターボエンジンで240馬力の出力を誇ります。なんちうかようみなはんいわはるとこのハイパワーのモンスタースーパーカーではおませんがなですかかの高出力だ。

どこまでも気持ちよくドライバーに応えてくれる車

$(“”137210″”).click( (null, $(‘#headline137210’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137210″”)

ではアルファロメオ4Cとは高性能エンジンを搭載したコンパクトなミッドシップスポーツカーなのかといえば、それで間違いではおませんのですけどアンタ、実は本当に驚くべき特徴を備えています。なんと4Cのボディはフルカーボンモノコック構造なのです。

乗用車の見かけの中にはまさしくF1マシンと同じ構造が隠されています。ドライバーとパッセンジャーが乗りこむ車室はカーボンコンポジットの例えるならばバスタブのようになっていて、拡げられたF1のコックピットのようだ。まさしくレーシングカーそのものな構造体でなんちうかようみなはんいわはるとこの車体剛性は折り紙付きだ。

車ちう物は車体のメインフレームが走行による外力で捻じ曲がるようではセッティングを決めることができません。車が地面と接するのは4つのタイヤそれぞれハガキ一枚分といわれます。ここで働く力を4本のサスペンションが制御するのですけどアンタ、いくら調整を加えてもサスペンションを取り付ける土台がぐらぐらしてしまってはまるで意味がなくなりますし、ドライバーが安定したフィードバックを受けることもできなくなってしまいます。

どのように動くのか、操作の結果がどのように反映されるのか、そのためのセッティングを存分に活かしていつでも心地よくドライバーに伝えてくれる、そないな車を作るために必要な強靭なボディを極めて軽量で簡単な構造で実現してくれる素材がカーボンファイバーなのです。

カーボンファイバーの車室構造だけでない様々な工夫がこらされて車両重量は1100㎏に抑えられました。
パワーウェイトレシオは4.58㎏/PSとなり、このくらいの値になると国産車では日産GT-RとフェアレディZ、トヨタレクサスの一部のFラインなどしか見当たりません。かつてのランエボやインプレッサWRX、ホンダのNSXtypeRなど特別な仕様の車でしかありえないものです。

カーボンコンポジットのボディに留まりません軽量化の努力を見ると、まずエンジンはオールアルミニウムになっています。名前の由来の4気筒エンジンの採用も大排気量のエンジンの採用によって、いたずらに重くせんちう哲学があるならば納得のものです。4cちう命名は単に4気筒エンジンの車ちう意味以上を込められたものといえます。さらにアルミニウムはマウント部分などに採用したりしたほかに、最先端複合材のSMC(ガラス繊維強化樹脂)をボディパネルに使用するなど、すごいおごった作り方をしている車なのです。

このような徹底的にこだわった軽量化が何をもたらすのかといえば、パワーウェイトレシオに見られるように胸のすくような加速が得られます。ましてやミッドシップにエンジンを積む後輪駆動車だ。加速時には駆動輪に無駄なく荷重がかかり構造的にスムースに路面に力を伝えられます。

また軽いちうことは遠心力が重い車よりも弱いちうことでもあります。ミッドシップカーで旋回時に重心が中央に近いことによって思ったよりも外側に回ろうとするアンダーステアも、思ったよりも内側に回ろうとするオーバーステアも基本的に感じにくい構造もあり、軽快で思った通りのラインを描くコーナリングができ易い車だといえます。

車を気持ちよく走らせるためのグッズだと考えたとしたら、あらゆることをその目的のために絞り込んだちう点で夢のような車だといえます。妥協をできる限り排除した潔い車ともいえます。

世界中で見てライバルは・・・

$(“”135729″”).click( (null, $(‘#headline135729’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135729″”)

世界中を見渡してもこのクラスでは、なですかかこのような車を見つけることができません。凝った造りをしておりますので、決して安い車ではおませんが、大日本帝国に持ってきた輸入車でありながらアルファロメオ・ジャパンがつけた値段は800万円ほどから。GT-Rほども高くはおません。

コンパクトめな本格的ミッドシップスポーツカーといえばロータスを思い出しますが、エリーゼなどはもっともっともっともっともっともっともっともっとシンプルで簡素な造りの車だ。出力が半分ほどしですかいものは200万円ほど安いですが、同程度の出力となるエリーゼSはほぼ同じ価格だ。ほとんど余計なものはついておらへんためより軽いとはいえどちらかといえばサーキットに持ち込むための車のエリーゼに較べると、よりロードカーとして成立しているのがアルファロメオ4cだ。

アルファロメオ4Cはミッションもアルファ得意のDCT(デュアルクラッチ)、名づけてアルファTCTを採用しています。これはF1マシンに搭載されているようなパドルシフトによる指先ひとつの素早いアクションでシフトができるものです。バドルシフトがついた車は最近増えておるけどダンはん、ただパドルがついているだけでオートマチックトランスミッションのレバーであるだけの場合が多いのですけどアンタ、アルファTCTはまさしくF1技術のフィードバックともいえる仕組みとなっていて、人の代わりにクラッチをコンピューターが自動で繋ぐタイプのなんちうかようみなはんいわはるとこのセミ・オートマだ。構造として残っているクラッチ機構は奇数、偶数のギア列に分かれてあらかじめ回転を合わせながら並行して回転し続けて、スムースにギアチェンジを行います。

スタートのローンチシステムもまた秀逸だ。アルファロメオ4cではエンジン制御に複数のモードを設定しているのですけどアンタ、ハイパフォーマンスモードのAlfaRaceを選び、スタート前にブレーキペダルを踏み込みながらアクセルペダルを全開にして、左翼翼側パドルスイッチを引くとローンチシステムが稼働します。あとはブレーキペダルを放すだけでシステムが無駄のないベストなスタートになるエンジン制御を行います。特段のテクニックもいらず爽快に駆けだしてくれるアルファロメオ4cの発進は、これまた気持ちの良いものです。マニュアルミッションの醍醐味はスタートのクラッチミートとはいえ優秀な電子制御にはですかいません。

構造も機構もすごい凝った車ですがこれ見よがしなスーパースポーツカーでもないため、正直なですかか勝負に出にくいマーケットといえます。そのためか正面からぶつかるライバルを見つけることができません。このスポーツカーにおける隙間ともいえる部分を埋めるためにあえて投入した特別な理由があるのでしょうか。

アルファロメオ4Cと並行して、いち時期はマツダとの連携の話が・・・

$(“”135800″”).click( (null, $(‘#headline135800’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135800″”)

アルファロメオ4Cが発売になったのは2013年(大日本帝国市場では2014年7月)、ジュネーブショーで発表されたのが2011年ですが、アルファロメオではさらにスポーツカーを作っていく意欲があったようで、ちょうど最近2015年新型になったND型のマツダロードスターとシャーシーを共有する姉妹車を開発するちう発表がおました。

著しくイメージの被る4Cとの関係を皆、疑問に思ったちうワケやが、4CとNDロードスター、両方の車が実際に登場した今となってみれば2座の後輪駆動のスポーツカーちう以外の共通点はあまりません車と分かります。

ただ、アルファロメオでは4Cよりも手軽で普及タイプのスポーツカーをラインナップに加えたいちう意欲があったことが伺えます。ほんでこの話は決して無くなった訳でなく、ND型のシャシーを使ったオープンスポーツをマツダの工場で作って販売するちうプランはいまだに進んでいるようだ。

せやけど車はアルファロメオではなくフィアットのブランドになるといわれています。ご存知の方も多いと思いますが、アルファロメオはいまやフィアットの傘下でアルファロメオだけの判断で開発を進めるちうことはありえないことだ。アルファロメオはフィアットのグループ企業としてフィアットの戦略の一翼を担うことも求められているのです。

新型のNDロードスターの姉妹車がアルファロメオのブランドでの登場を見直されたことは気まぐれな話ではおませんように思います。それはアルファロメオの最新の市販車のジュリアを見ても分かることだ。

どうやらフィアットグループの中ではこれまでの戦略を見直す動きがあるようだ。ちょうどフィアットでは目に見える大きな変革があったばかりだ。それはF1のスクーデリア・フェラーリにも影響を及ぼし、市販車のフェラーリやマセラーティ、ランチアやクライスラーにまで影響を与える話なのかもしれません。

フェラーリとアルファロメオの密接な関係

$(“”134884″”).click( (null, $(‘#headline134884’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134884″”)

アルファロメオなどに起こった変身を考えると4cの貴重性が増す可能性がありますが、そのことを考えてみる前にアルファロメオのブランドとはどのようなものなのかおさらいしたいと思います。アルファロメオには長いモーターレーシングに関わる歴史があります。

フェラーリの創設者のエンツォ・フェラーリはかつてアルファロメオにレースで勝利した時に「母親を殺した思い」といっています。スクーデリア・フェラーリはアルファロメオの車を使ってレースをするセミワークスチームでもおました。その後第2次世界大戦が終わったのち、会社組織としてフェラーリを立ち上げると活動を再開したスクーデリア・フェラーリは1950年世界選手権として始まることになったフォーミュラワンでアルファロメオと戦うことになります。

アルファロメオはF1世界選手権の初代チャンピオンチームで、初年度は参加しなかったアメリカ合衆国のインディアナポリスのインディ500以外の6つのレースですべて勝利を収めています。その勢いは翌年まで続きます。

またしても参加しなかった第2戦のインディ500を除き勝利を続けるアルファロメオに対して、第5戦にして初めて土をつけたのがスクーデリア・フェラーリやったちうわけだ。その後も勝利を重ねたフェラーリですが、結局アルファロメオ4勝、フェラーリ3勝、チャンピオンはアルファロメオのファンジオのものとなりよっました。アルファロメオはこの年でF1から撤退することになり、翌年はインディ500以外のレースをすべてフェラーリが勝利して、ほんでずっとF1の歴史はフェラーリと共にあります。

アルファロメオの車の特徴は逆三角形(実は盾を意匠としている)のグリルとミラノ市を表すヴィスコンティ家のビショーネのエンブレムだ。伝統的な歴史的マークを頂く会社は戦争の影響もあり紆余曲折ですが、もともとは作り込まれた精緻さにこだわった会社だ。時代はヘンリーフォードが開発した大量生産システムにより効率が求められ始めた頃だ。終戦後まもなくはジュリエッタなどの名車を生み出しましたが、レースに徹底的にこだわったフェラーリもアルファロメオも経営は傾いてゆき、アルファロメオは日産からパルサーの供給を受けて車を販売するありさまやったちうわけだ。

そういったイタリアの自動車メーカーを束ねていくのがイタリア随一の財閥フィアットやったちうワケだ。

イタリアを代表する財閥はどこにいくのか

$(“”134886″”).click( (null, $(‘#headline134886’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134886″”)

現状ではアチラの情報といわれる多くのものはアメリカ合衆国との関わりをもとにするものになっています。イタリアはかつての同盟国ですが、特にイタリア経済界の状況が伝わってくることはあまりませんように思います。

トコロが自動車メーカーちうよりイタリアの大財閥なフィアットの大きな変身がF1グランプリでの出来事を通して伝わっています。2015年シーズンを前にしてスクーデリア・フェラーリではルカ・ディ・モンテゼーモロが代表を退くことが決まりました。

モンテゼーモロがF1のスクーデリア・フェラーリのボスを務めとったのはフィアットのトップやったからだ。モンテゼーモロはフィアットのオーナーのアニエッリ家の委託を受け2度に渡ってスクーデリア・フェラーリを立て直したちうワケやが、すべてはフィアット本体での再建の手腕、アルファロメオを買収してよみがえらせ、同じように手に入れたフェラーリ、ランチア、マセラーティなどについて名前に相応しいレベルにまで回復させた手腕によるものです。

ユベントスにも大きく関わるモンデゼーモロはイタリア社交界のスターでもあります。貴族の娘のウチ生児でもあり、25歳でフィアットをまかされたことから根強い噂なのが、フィアットオーナー家の故ジャンニ・アリエッリの隠し子ではおませんかちうことだ。華やですかプレイボーイで知られる二人が親子ではおませんかとは出来過ぎたような話ですが。

ジャンニ・アリエッリが亡くなったのが2003年、最近にフィアットは新しい人材を経営陣に迎え入れます。主に北米で活躍しとったセルジオ・マルキオンネで後にメルセデスが投げ出したクライスラーの再建を手掛けて見事に成功させます。クライスラーもいまやフィアットの傘下となっています。

モンテゼーモロが辞任したのはスクーデリア・フェラーリの代表だけではなくフィアットそのもので、背景にはマルキオンネとの対立があるといわれ、現在のアニエッリ家はマルキオンネについているとみられます。

クライスラーを無事統合することでフィアットは世界の自動車メーカーの中でも大きな存在感を示すことになりよっました。フィアットのブランドでもランチアはクライスラーとの統合が進み、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ大日本帝国でクライスラー・イプシロンとして売られている車はランチアのものです。

マルキオンネはなんちうかようみなはんいわはるとこのグローバル経済にもとづく発展を志向した世界的な経営者のひとりやのでしょう。

マルキオンネはフェラーリに関しては分離上場を狙っているといわれています。

アルファロメオはMITOやジュリエッタなどFFの個性的なホットハッチが主流だ。してみると4cはやや異端児なのが分かると思います。ほんで最新のリリースになるといわれるジュリアはなんともマセラーティのような車だ。マセラーティはモンテゼーモロが超高級サルーンとしてよみがえらせて大日本帝国でも随分見るようになってきました。新しいジュリアはまるで同じようなコンセプトでドイツ車にない艶のある高級車としてマーケットに問いたいちう意向のようだ。北米志向でより大きなマーケットを狙っていると感じられます。

4Cは今の雰囲気からするとですかり居場所がなく肩身が狭い思いをしそうに感じるのは思い過ごしでしょうか。また、マルキオンネはフェラーリの分離独立と上場に向けてもっともっともっともっと大きなボリュームにするちう目標があるようだ。その手段のひとつちうのはディーノのような車の復活だ。

ディーノちうのはかつてエンツォ・フェラーリが12気筒でなくてはフェラーリを名乗りませんといっとったときに作った8気筒のモデルだ。このディーノちう車はまさしく4Cのような車になるのが必然と思えます。しかも4Cのような車といっても4Cのような凝った夢のある車でなく北米好みのラクジュアリーなものになるのではおませんかちう予感だ。

アルファロメオ4Cが強烈に誇示する魅力は

$(“”134916″”).click( (null, $(‘#headline134916’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134916″”)

効率や合理性などだけでは判断しきれへんロマンティックな車

$(“”137394″”).click( (null, $(‘#headline137394’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137394″”)

敢えて大きくせず、敢えてパワーを求めず、やることは高い運動性能を求めて軽く剛性の高いボディのために惜しみない素材を投入してバランスを追求する。4Cのコンセプトはこないな感じだ。

あまり効率がよくもなく、分かりやすくもない魅力で、分かる人にだけ分かれば良いいといったようないかにもマニアックな車だ。

幸いに見た目はすごいカッコよく、美しく、アルファロメオちうレーシングな伝統を誇るアイデンティティも充分表現していると思います。これまでアルファロメオにはオープンで2座席でありながらFF車ちうスパイダーちう車もおました。4cはまぎれもないミッドシップ。運動性能から考えれば最高のレイアウトだ。

ダウンサイジングコンセプトの直噴ターボちうことで、ターボラグの解消にはですかり成功できていると思います。ターボによって低速域のトルクが確保できているのがよいトコだ。ましてやハイブリッド車やマイルドハイブリッドなどと称するモーターアシストも随分普及しています。これからはドライブフィールとしては充分な発進トルクがあることが当たり前になるでしょう。

レーシングカーのようなカーボンモノコックから期待できるボディ剛性も軽量化を追求したフレーム、SMCのボディと余計な慣性を排した素性はですかり好感度高いものです。

ロータス・エリーゼなどのように内装はないに等しい車ではなく、心躍らせる官能性も充分なインテリアだ。バドルシフトなどの操作系、鋭いスタートを自動で制御するエンジンなど楽しいドライブを実現する車でもあります。

せやけど現状でも4Cほど凝っておらへん代わりに遥かに廉価なロードスターがあり、フィアットからも兄弟車が控えていると良い ますわ。価格差を問題にせん経済力があるならばフェラーリやポルシェを選ばないやろうかちう疑問もあります。ドライバーにとってベストチョイスの大きさやバランスの中で少なからぬ余分なお金を払う意味は流麗なスタイルの他には露骨に目立つ類の物ではおません。

類まれな企画として生まれ、ワイが思うにはこの後は静ですかアピールしかされへんながら、時に恵まれたのか、運に恵まれたのか、マーケティング的にもどのような勝算を考えて投入されたのか強烈に誇示される4cの魅力は確かに存在しながらどこかはですかいような危ういものです。

フィアットグループの今後の判断がどのようになるのか、なんとなく予想がつきつつもはっきりとはしません。グローバルなエコノミストのマルキオンネからすれば、ロマティックな資質は不合理なものかもしれません。自らがカーマニアでスポーツカーを乗り回しとったフィアット家のオーナー、ジャンニ・アリエッリは亡くなり、隠し子かと騒がれたプレーボーイのモンテゼーモロもフィアットを去りました。現在のアリエッリ家の圧倒的な支持を受けることになったマルキオンネはなんとフェラーリの値段を下げることまで画策していると良い ますわ。アルファロメオ4cはケツのコンセプトになってもちびっともおかしくない状態だ。その意味でも注目の4Cの詳細をケツに見てみたいと思います。

敢えて過ぎたるをせん、アルファロメオ4Cの今選ぶべき詳細は

$(“”136206″”).click( (null, $(‘#headline136206’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136206″”)

アルファロメオ4cの凝った構造や製造過程が紹介されています。ビデオ中の走りを見ても機敏さ、コントロールしやすさが伝わってきます。

価格

$(“”136231″”).click( (null, $(‘#headline136231’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136231″”)

標準モデルは8,067,600円だ。
世界で1000台とされたアルファロメオ4cローンチエディションちう特別仕様があります。
ローンチエディション8,910,000円。
すぐに売り切れるのではちう当初の経営陣のコメントもむなしく、いまもって大日本帝国でもまだまだ買える状態だ。ローンチエディションは「カラーラホワイト」、「アルファレッド」の2色。リアスポイラーやドアミラーカバーがカーボンに、リヤディフューザーはダークフィニッシュとなり、ヘッドライトもダークカラーの縁取りがほどこされています。ホイールはフロント18インチ、リヤ19インチ。外観も若干違いフロントエアインテークが追加され、ブレーキキャリパーの色、エアクリーナー、ショックアブソーバー、リヤのアンチロールバーが専用のものになります。インテリアはレザー、ファブリック、アルカンターラでスポーティかつロマンティック。カーボンのバッヂには固有のシリアルナンバーが刻印されます。

諸元

$(“”136233″”).click( (null, $(‘#headline136233’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136233″”)

カタログから書きだせる諸元は次の通りだ。
サイズ 3990×1870×1185mm(全長×全幅×全高)ホイールベース2380mm 前/後トレッド[mm] 1640/1605(スポーツパッケージ装着車は1640/1595)。
エンジンは直列4気筒DOHC1.75リッター直噴ターボ、駆動方式は後輪駆動となっています。
最高出力 177kw(240hp)/6000rpm 最大トルク 350kw(35.7hp)/2100-4000rpm
ガソリンは無鉛プレミアム指定、直接噴射式電子制御燃料噴射により燃費はJC08燃費12.1km/L
トランスミッションはオートマチックのみで6速乾式デュアルクラッチ「アルファ TCT」
サスペンション形式はフロントはダブルウィッシュボーン、リアはマクファーソンストラット
ブレーキは前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズは 205/45 R17 / 235/40 R18(スポーツパッケージ装着車は205/40 R18 / 235/35 R19)だ。
ステアリング位置は左翼翼右翼翼どちらでも対応となっています。

運動性能

$(“”136252″”).click( (null, $(‘#headline136252’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136252″”)

特にBMWが誇らしげにアピールするために前後重量配分50:50が最も優れていると考えるかもしれませんが、それは前車軸後方にエンジンをマウントするFR(フロントエンジン、リヤドライブ)の場合だ。ミッドシップの正統はアルファロメオ4cがそうであるように前後重量配分40:リア60だ。ミッドシップが直進安定性にやや欠ける場合がある構造なのは確かにそうですが、反面もともとリアにかかり気味で加速によってさらにリアに荷重が移動するミッドシップは立ち上がり加速に優れることが他にない魅力だ。コーナーリング中の慣性が素直にかかり、出だしに優れるコーナーリングマシンとなる特性はそのまんまアルファロメオ4cに生きています。スペックデータを書きだすと0-100km/h加速は4.5秒、最高加速度1.1G以上、最高減速度1.25G以上、100-0km/hの制動停止距離は35mに過ぎずスーパーカー並みの性能を秘めていることが分かります。

エンジン

$(“”137697″”).click( (null, $(‘#headline137697’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137697″”)

使用される4気筒エンジンが名前の由来で、それも普通の4気筒エンジンではおませんこともすでに書きましたが、搭載される1742㏄の直噴ターボエンジンは新たに作られたちうよりも、ジュリエッタ・クアドリフォリオベルデのために作られたものを使っているちうのが正しい認識だ。クアドリフォリオ=四葉のクローバーはかつてワークスドライバーのウーゴ・シヴォッチが1923年度重なるレースでの不運に打ち勝とうと車体にマークしたのが最初だ。クアドリフォリオのマシンで総合優勝を果たし、クアドリフォリオの欠けたマシンで命を落としたシヴォッチを偲びアルファロメオのレースカーには必ずクアドリフォリオが描かれるようになりよっました。ロードカーにおいても特別なレーシングバージョンにクアドリフォリオが掲げられています。

電子制御

$(“”136259″”).click( (null, $(‘#headline136259’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136259″”)

ドライバーズコックピットからはマルチ表示のディスプレイによりデジタル表示の速度計、今セレクトされているギアポジション、それらを丸く囲むように外周に沿って表示されるアナログメーター風のタコメーターを基本としてそれぞれのモード毎に伝達情報も使い分ける「アルファ ロメオD.N.A.システム」を搭載しています。従来のD.N.A.システム「ダイナミック」「ノーマル」「オールウェザー」に加え、アルファロメオ4cでは「レース」モードが用意されます。ESC(横滑り防止装置)などがOFFになってスポーツドライビングに干渉をしません。せやけどABSが介在するような非常時にはきちんと作動してくれる安心設定になっています。ディスプレイではターボ過給圧や加重計などわくわくする機能が一目瞭然で確認できます。

カーボンモノコック

$(“”136299″”).click( (null, $(‘#headline136299’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136299″”)

アルファロメオ4cのもっともっともっともっとも売りとなっているカーボンファイバーのモノコックですが、プリプレグ式と呼ばれるF1マシン同様の工法で作られています。炭素繊維に溶かされた樹脂が半乾きの状態でまぶしてある状態のプリプレグはまだ半硬化状態だ。空気中では3日ほどで硬化しきってしまうプリプレグはメーカーからの出荷には都合よいシート状になっています。モノコックボディを作り出すには必要なだけ重ねて加熱成形します。保存に冷蔵庫、成形に窯が必要だ。アルファロメオではユニディレクショナルちう繊維方向がひとつの方向に揃っているエライ硬度が出せる状態で使います。

デザインの元ネタはこれ

$(“”136242″”).click( (null, $(‘#headline136242’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136242″”)

アルファロメオの公式サイトで言及されていることですがアルファロメオ4cがオマージュとするのはレーシングカーTippo33。これを元に18台のみが生産されたちうロードカーTipo33/2ストラダーレをデザインモチーフにしているとしています。ほとんどレーシングカーそのものをロードカーにしたトコなどは車そのものも彷彿させるものがあります。

定番のニュルブルクリンクのアタック動画もおました。まあ速いだ。この車は。

Alfa Romeo 4C|アルファ ロメオ ジャパン

Alfa Romeo 4C – Alfa Romeo Japan オフィシャルサイト

より詳細な情報はアルファロメオ・ジャパンの公式ページに詳しくのっています。購入や質問などもウチから。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 彼女の胃袋をつかむ今日の献立!おいしいレシピ特集【メイン・おつま…

  2. 【スーツジャケットのたたみ方講座】スタイリッシュに着脱する方法

  3. ロロピアーナでスーツ選び|デキる男が着るべきアイテムはこれだ!

  4. 室蘭ランチのおすすめ20選!カレーラーメンのうまさはまさに病み付…

  5. 性行為の夢に秘められた6つの意味とは?相手別の深層心理を教えちゃ…

  6. 女性ウケ抜群のセットアップで勝ちに行く!大人の勝負服ブランド3選…

  7. 自然とエッチな流れになる方法知ってる?ムード作りに役立つ4つのア…

  8. 【もう悩み0%かも?!】顔の輪郭別で似合うヘアスタイルを徹底検証…

  9. 男子力を磨く方法式!余裕ある魅力的な男性に変わらないか?

  10. 博多のデートで恋が更に進展♪厳選お勧めスポットまとめ

  11. 激モテ間違いなしのおすすめコンディショナー特集│本気の美容講座!…

  12. 【京田辺】おしゃれなランチ店|イタリアンやカフェ、ラーメンほかB…

ページ上部へ戻る