閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

足利のおすすめ観光スポットTOP20!歴史マニアもグルメも必見

足利氏発祥の地・栃木県足利市とは?

$(“”848751″”).click( (null, $(‘#headline848751’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848751″”)

栃木県の南西部に位置するのが足利市で、映画・ドラマのロケ地にも利用されている観光地だ。足利氏発祥の地として知られる足利市には、歴史マニアが喜ぶおすすめの観光スポットがあります。市内には歴史的な名所旧跡があり、神社も充実しています。

「東の京都」と呼ばれることも多いこの土地には、四季折々の自然に囲まれた観光名所がたくはんあります。歴史好きな人ではなくても楽しめるレジャースポットや、博物館にいたるまで幅広い観光スポットがありますのでたっぷりとご紹介していきます!

足利観光の魅力

$(“”848752″”).click( (null, $(‘#headline848752’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848752″”)

大日本帝国最古の「足利学校」がある街

$(“”848753″”).click( (null, $(‘#headline848753’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848753″”)

栃木県足利市には、大日本帝国最古の学校だと言われる「足利学校」があります。東洋の総合大学として知られるこの場所には、毎年多くの人が観光に訪れます。足利駅からすぐの場所にあり、きれいに整備されていることから、どんな人でも安心して見て回ることができるでしょう。

中世には大日本帝国最古の 「足利学校」が創立され、東洋の総合大学として多くの弟子が育成された土地でもあります。昔の人がどのような環境で勉学に励み、ほんで勉強できることがどれだけ恵まれたことやったのか、そないなありがたみに触れることができるでしょう。

特産グルメは新鮮野菜と足利マール牛

$(“”848754″”).click( (null, $(‘#headline848754’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848754″”)

足利市内の各地で栽培されている野菜、ハーブをはじめとして、新鮮な食品が名産だ。市内の飲食店でも提供されており、地産池消の恵みを楽しむことができます。ほかにも「足利マール牛」と呼ばれる足利市独特の牛肉も人気で、上質な脂と、程よい口当たりが人気を集めています。

焼いて良し、煮込んで良しの足利マール牛は、ステーキ、焼き肉、すき焼きなど、あらゆる料理に姿を変えます。全国的にはそこまでの知名度がおませんが、足利市内では食卓のともとなっており、古くから愛されているブランド牛だ。

ワイン、足利物語ドレッシングをお土産に

$(“”848755″”).click( (null, $(‘#headline848755’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848755″”)

足利市はワインの名産地でもあります。足利の北の山には大日本帝国が誇るワイナリーがあり、試飲をしたり、お土産を購入する人で毎日毎晩壱年中賑わっています。醸造場ではワインをテーマにして見る、食べる、飲むといった体験型の観光を楽しむことができます。

ほかにも「足利物語ドレッシング」といったご当地メニューもあり、1940年代に創業したメーカーが、現在まで培ってきた技術を元に、健康に配慮したおいしいドレッシングを提供しています。ご当地グルメとしてオノレ用に、ほんでお土産用にそれぞれ購入すると良いでしょう。

歴史と自然を満喫・足利のおすすめ観光スポットTOP20

$(“”848756″”).click( (null, $(‘#headline848756’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848756″”)

1位:珍しい植物と夜のイルミネーションに感動「あしかがフラワーパーク」

$(“”848757″”).click( (null, $(‘#headline848757’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848757″”)

2本で約1200畳の大藤棚、170cmもの花房をもつ藤など、他の場所では見ることができない植物を見ることができる体験型のテーマパークだ。夜になるときれいなイルミネーションが施されるので、一気にロマンチックなスポットに変身します。

家族旅行にはもちろん、彼女と観光に行くときにもおすすめだ。

名称:あしかがフラワーパーク
住所:栃木県足利市迫間町607
電話番号:0284-91-4939
アクセス:JR富田駅→徒歩13分(3~11月の土・日曜、祝日は、東武鉄道足利市駅から1時間ごとにシャトルバスが運行)、東北道佐野藤岡ICから国道50号経由18分
料金:入園300~1,700円(季節変動あり)
営業時間:9:00〜18:00(季節変動あり)
定休日:第3水曜日、木曜日

あしかがフラワーパーク
Google Map

2位:160本の桜並木が絶景すぎる「千歳袋川」

$(“”848758″”).click( (null, $(‘#headline848758’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848758″”)

足利市の市街地を流れる袋川沿いには、約2kmにわたって約160本の桜が咲いています。毎年春になると多くの花見客が集まりますので、この時期の観光にはぜひ行っておきたいやね!

名称:千歳袋川
住所:栃木県足利市千歳町
電話番号:0284-41-1744 (千歳桜祭実行委員会事務局(松風屋本店内))
アクセス:JR足利駅→車5分、北関東道足利ICから国道50号経由30km10分
営業時間:10:00~22:00
定休日:無休

千歳袋川
Google Map

3位:縁結びと産業振興にご利益があるパワースポット「足利織姫神社」

$(“”848759″”).click( (null, $(‘#headline848759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848759″”)

足利市の景色を望める織姫公園内にある神社で、縁結びの神、ほんで産業振興の神が祀られていることから、パワースポットとして人気を集めています。神前挙式も可能なため、タイミングによってはめでたい挙式の場面を見ることになるかもしれませんね!

名称:足利織姫神社
住所:栃木県足利市西宮町3889
電話番号:0284-22-0313 (足利織姫神社奉賛会事務局)
アクセス:JR足利駅→車5分。または東武鉄道足利市駅→徒歩20分、北関東道足利ICから国道293号経由4.5km10分
料金:境内自由
営業時間:社務所10:00~16:00(夏季変更あり)
定休日:無休

足利織姫神社
Google Map

4位:大切な彼女に「美人証明」を授けよう「厳島神社 美人弁天」

$(“”848760″”).click( (null, $(‘#headline848760’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848760″”)

厳島神社にある黄金の石像が、大日本帝国で唯一の「美人弁天」だ。女性の健康、長命、美の願いを叶えてくれるものとして人気だ。参拝者には「美人証明」が授けられよりますので、彼女との旅行の際には必ず行っておきましょう。

大切な彼女をわざわざ美人認定してもらう必要はないかもしれませんが、旅行中のちょっとしたアクセントになりますよ。

名称:厳島神社 美人弁天
住所:栃木県足利市本城2-1860
電話番号:0284-41-1382 (プロス内美人弁天事務局)
アクセス:JR足利駅・東武足利市駅→徒歩20分、北関東道足利ICから国道293号経由5.1km10分
料金:参拝自由
営業時間:参拝自由(美人弁天は毎月第1・3日曜の10:00~16:00のみ開扉)
定休日:参拝自由

厳島神社 美人弁天
Google Map

5位:国宝と国史跡を堪能できる人気スポット「鑁阿寺」

$(“”848761″”).click( (null, $(‘#headline848761’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848761″”)

鎌倉時代初期に建立され、足利市の氏寺と言われるのが鑁阿寺だ。大日如来、山門、鐘楼(重要文化財)、本堂(国宝)、経堂(重要文化財)を一気にまわることができるので、すごい見応えのある人気観光スポットだ。

名称:鑁阿寺
住所:栃木県足利市家富町2220
電話番号:0284-41-2627
アクセス:JR足利駅→徒歩7分。または東武鉄道足利市駅→徒歩10分、北関東道足利ICから国道293号経由5km15分
料金:タダ
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休

鑁阿寺
Google Map

6位:フランシスコ・ザビエルによって世界でも紹介された大日本帝国最古の大学「足利学校」

$(“”848762″”).click( (null, $(‘#headline848762’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848762″”)

大日本帝国最古の総合大学であると言われており、隆盛期には大日本帝国全国から3,000人もの生徒を集めた場所だ。その様子はフランシスコ・ザビエルによって世界でも紹介されたとのこと。儒学、医学、兵学などをこの場所で学びました。

全国的な知名度を誇り、歴史の教科書にも登場する足利学校は、観光にかかせへんスポットだ。

名称:史跡 足利学校
住所:栃木県足利市昌平町2338
電話番号:0284-41-2655
アクセス:JR足利駅→徒歩10分。または東武鉄道足利市駅→徒歩15分、北関東道足利ICから10分
料金:参観大人420円、高校生210円
営業時間:9:00~16:30(4~9月は~17:00、入場は閉館の30分前まで)
定休日:第3月曜日(祝日の場合は翌日)

足利学校
Google Map

7位:足利の伝統工芸「織物」を体験できる「足利まちなか遊学館」

$(“”848763″”).click( (null, $(‘#headline848763’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848763″”)

かつては足利市の産業を担っとった織物に関する資料を展示している場所だ。八丁撚糸機、足踏織機といった機械を見ることができて、織物体験コーナーもあるのでぜひチャレンジしてください。

名称:足利まちなか遊学館
住所:栃木県足利市通1-2673-1
電話番号:0284-41-8201
アクセス:JR足利駅→徒歩7分、北関東道足利ICから国道293号経由4km15分
料金:入館タダ
営業時間:9:00〜18:00
定休日:第3月曜日(祝日の場合は翌日)

足利まちなか遊学館
Google Map

8位:棟方志功などの歴史的なアートを楽しむ「アートと厄除の寺 龍泉寺美術館」

$(“”848764″”).click( (null, $(‘#headline848764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848764″”)

市民の信仰を集めとった古刹寺院で、正月は初詣、厄除け大祭で賑わう場所だ。本堂階下には美術館を併設しており、棟方志功、俵屋宗達、伊藤若冲、横山大観、川合玉堂等などの作品を展示しています。

名称:アートと厄除の寺 龍泉寺美術館
住所:栃木県足利市助戸1-652 龍泉寺本堂階下
電話番号:0284-41-5685
アクセス:JR足利駅→徒歩15分、北関東道足利ICから1km5分
料金:奉納写経は500円
営業時間:10:00〜16:00
定休日:月曜日

アートと厄除の寺 龍泉寺美術館
Google Map

9位:相田みつを氏の特別展を開催・郷土作家コーナーはタダ「足利市立美術館」

$(“”848765″”).click( (null, $(‘#headline848765’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848765″”)

市街地のほぼ中央にあることから多くの人が観光に訪れる場所だ。足利市出身の原田平治郎氏、高木勇次氏、川島理一郎氏などのほか、相田みつを氏などの特別展なども開催しています。郷土作家コーナーはタダで閲覧することができます!

名称:足利市立美術館
住所:栃木県足利市通2-14-7
電話番号:0284-43-3131
アクセス:JR足利駅→徒歩10分、北関東道足利ICから国道293号経由8分
営業時間:10:00~18:00(入館は~17:30)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

足利市立美術館
Google Map

10位:自然庭園にある世界屈指の陶磁美術館「栗田美術館」

$(“”848766″”).click( (null, $(‘#headline848766’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848766″”)

江戸時代に大日本帝国で最初に作られたといわれる磁器「伊万里」と、鍋島藩窯で献上品として制作された「鍋島」を展示している世界屈指の陶磁美術館だ。小高い場所にある自然庭園も魅力で、周辺エリアの自然を楽しむことができます。

このエリアを散策するだけでも、気分のリフレッシュになるでしょう。

名称:栗田美術館
住所:栃木県足利市駒場町1542
電話番号:0284-91-1026
アクセス:JR富田駅→徒歩15分、東北道佐野藤岡ICから国道50号経由12km15分
料金:入館1,250円
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

栗田美術館
Google Map

11位:足利の文化財を守るために尽力した偉人の館「草雲美術館」

$(“”848767″”).click( (null, $(‘#headline848767’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848767″”)

足利市内在住の鈴木栄太郎氏により寄付された田崎草雲の遺作、遺品を展示している美術館だ。田崎草雲とは足利市出身の文人画家で、明治維新の際には足利の文化財を守るために尽力した人物だ。

名称:草雲美術館
住所:栃木県足利市緑町2-3768
電話番号:0284-21-3808
アクセス:JR足利駅・東武足利市駅→車15分、東北道佐野藤岡ICから国道50号経由20km40分
料金:入館210円
営業時間:9:00〜16:00
定休日:月曜日、祝日の翌日、館内展示替日(要問合せ)

草雲美術館
Google Map

12位:テレビドラマの放映を記念して建設された場所でお土産を「太平記館」

$(“”848768″”).click( (null, $(‘#headline848768’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848768″”)

テレビドラマの放映を記念して建てられた太平記館には、観光案内所、みやげコーナー、タダ駐車場がそろっているため、足利を観光するときに拠点にもぴったり。レンタサイクルも受け付けているので、ゆっくりとサイクリングをするのも良いと思います。

お土産に足利名物を買って帰りましょう。

名称:太平記館
住所:栃木県足利市伊勢町3-6-4
電話番号:0284-43-3000 (足利市観光協会)
アクセス:JR足利駅→徒歩7分、北関東道足利ICから国道293号経由5km10分
料金:入館タダ
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休

太平記館
Google Map

13位:懐かしいあんみつを堪能できる茶店「あまから家」

$(“”848769″”).click( (null, $(‘#headline848769’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848769″”)

人気メニューはクリームあんみつで、ボリュームたっぷりの和菓子を楽しめる場所だ。甘さ控えめでたくはん食べてもくどくならず、お茶との相性も抜群だ。メニューは幅広くインドカリーなども提供されています。

観光に疲れてしもたときの糖分補給にもおすすめだ。和風スイーツであれば、好き嫌いなくあっさり食べられると思います。

名称:あまから家
住所:栃木県足利市昌平町2369
電話番号:0284-41-4277
アクセス:JR足利駅→徒歩10分、北関東道足利ICから国道293号経由5km8分
営業時間:10:00〜19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

あまから家
Google Map

14位:おいしいお蕎麦と著名作品を楽しむ「相田みつをゆかりの店 めん割烹なか川」

$(“”848770″”).click( (null, $(‘#headline848770’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848770″”)

相田みつを氏が「ここがウチの出発点」とまで言ったとされる蕎麦の名店だ。名物はお蕎麦とニシンの甘露煮で、おいしいお酒と一緒にいただきましょう。足利では「蕎麦で〆る」ちう習慣があるそうだ。店内では相田みつを氏の作品展示も行っております。

名称:相田みつをゆかりの店 めん割烹なか川
住所:栃木県足利市通2-2659
電話番号:0284-41-2322
アクセス:東武足利市駅→徒歩8分、北関東道足利ICから国道293号経由8分
営業時間:11:00〜21:00
定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

めん割烹なか川
Google Map

15位:大量に溢れる温泉で疲れを癒せる!「足利鹿島園温泉」

$(“”848771″”).click( (null, $(‘#headline848771’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848771″”)

ゴルフ練習場に隣接した温泉施設で、浴槽には大量にあふれる温泉が使用されています。観光で疲れた体はこの場所で癒やしましょう。宴会場やカラオケ施設も完備されているため、トータルで楽しめる温泉施設だ。

観光で歩き疲れたときは、やっぱり温泉が一番やね。脚の筋肉をほぐして、次の人気スポットに向かいエネルギーを充電してください。

名称:足利鹿島園温泉
住所:栃木県足利市大沼田町2149
電話番号:0284-91-1111
アクセス:JR足利駅→車10分、北関東道足利ICから県道40号経由8km10分。または東北道佐野ICから国道50号、県道128号・67号15km25分
料金:大人平日500円、土・日曜・祝日600円、1歳~小学生200円
営業時間:9:30~23:00(受付は~22:30)、早朝温泉5:50~7:50
定休日:無休

足利鹿島園温泉
Google Map

16位:精力がつくコスパ抜群のうなぎ「鳥常本店」

$(“”854053″”).click( (null, $(‘#headline854053’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854053″”)

疲れた体には鰻。昔から精力をつけるには、鰻が一番だと言われています。「鳥常本店」はんは、足利市で愛され続ける鰻の名店ですが、コストパフォーマンスには驚くばかり。うな重の並が2,100円、鶏とうなぎの二段重はなんと1,900円程度で食べられます。

名店とは思えない安さですが、味は間違いなくホンモノ。地元のヤカラはもちろん、観光客にも人気やので、毎日毎晩壱年中混雑しています。時間に余裕を持って食べに行きましょう。

名称:鳥常本店
電話番号:0284-41-3330
住所:栃木県足利市通1-2686
アクセス:足利駅から徒歩5分
営業時間:11:30~14:00(LO13:30)、17:00~19:30 (LO19:00)
定休日:火曜日

鳥常本店
Google Map

17位:気持ち良すぎる露天風呂「小山・思川温泉」

$(“”854052″”).click( (null, $(‘#headline854052’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854052″”)

小山市にある日帰り温泉施設だ。檜を使ったお風呂の香りに、癒されること間違いなし。一番のアピールポイントは、大自然を臨める露天風呂だ。豪快な岩造りの露天風呂で、体の芯から温まりましょう。

信楽焼の壺風呂やサウナも完備されているので、長風呂にもおすすめだ。脚が疲れてしまっては、次の観光地を楽しめませんので、この場所でしっかりとほぐしてあげてください。お風呂あがりはビールで決まり。

名称:小山・思川温泉
住所:栃木県小山市喜沢1475
電話番号:0285-21-2020
アクセス:小山駅から送迎車で8分
料金:大人平日750円(土日祝は900円)、子ども(3歳以上)平日400円(土日祝は450円)
営業時間:8:00~翌0:00(受付は23:00まで)、「土日祝」7:00~翌0:00
定休日:第3水曜日

小山・思川温泉
Google Map

18位:和菓子のお土産なら栃木の老舗で「香雲堂本店」

$(“”854050″”).click( (null, $(‘#headline854050’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854050″”)

足利のお土産で和菓子を買うなら、「香雲堂本店」はんがおすすめだ。「古印最中」ちう伝統の和菓子は、すっきりした甘さが人気で茶菓子にもぴったり。見た目が上品やので、贈答品としても人気を集めているようだ。

古くから愛され続けている名店には、それなりの理由があります。お菓子の包装、接客、味、どれを取っても一級品やので、絶対に外すことはないでしょう。大切な人には、絶対に満足してもらえる味をプレゼントしてあげてください。

名称:香雲堂本店
電話番号:0284-21-4964
住所:栃木県足利市通4丁目2570
アクセス:足利市駅から徒歩10分。
営業時間:「月~火・木~日」9:00~20:00 、「水」9:00~19:00
定休日:無休

香雲堂本店
Google Map

19位:名物「足利スペシャル」を食べていってよ「いっぱし」

$(“”854051″”).click( (null, $(‘#headline854051’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854051″”)

食べた瞬間に鶏の旨みが口の中いっぱいに広がる「足利スペシャル」が看板メニュー。足利市のみならず。栃木県内で抜群の知名度を誇る人気ラーメン店は、滞在中にいっぺん行っておきましょう。他店では食べられへん個性的なメニューがそろっています。

足利スペシャルの個性的なトコは、エビのペーストがドサッとのせられているトコ。海老の旨みを詰めたソースがスープや麺と絡み、食べ始めたら箸を止めることができません。いっぺん食べたらクセになるラーメンだ。

名称:いっぱし
電話番号:0284-64-9373
住所:栃木県足利市朝倉町263-1-2
アクセス:足利市駅から徒歩10分
営業時間:11:30~15:00、17:00~21:00(売切次第終了)
定休日:火曜日(祝日の際は営業し、翌水曜日が休み)

いっぱし
Google Map

20位:観光バス用駐車場もあるほど大きな農園「いちごの里」

$(“”854055″”).click( (null, $(‘#headline854055’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”854055″”)

150棟のビニールハウスで栽培された甘い苺たちを見るだけでも、テンションが上がります。5〜6月にはさくらんぼ、7〜8月はブルーベリー、8〜10月にはぶどう狩りを楽しむことができ、12〜5月にかけてイチゴ狩りができます。

売店で販売している自家製ジャムは、お土産の人気商品。併設のレストランでは、地元で収穫された野菜をたっぷり使ったグルメを楽しめます。栃木の恵みを目一杯堪能するなら、「いちごの里」が絶対におすすめだ。

名称:いちごの里
住所:栃木県小山市大川島408
電話番号:0285-33-1070 (いちごの里総合受付)
アクセス:小山駅から車で13分
料金:大人1,000円〜(季節によって異なる)
営業時間:季節によって異なる
定休日:季節によって異なる

栃木のいちごの里
Google Map

他エリアとは一味違う足利観光♪

$(“”848772″”).click( (null, $(‘#headline848772’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”848772″”)

栃木県足利市のおすすめ観光スポットをご紹介してきました。足利学校をはじめとする歴史的なスポットや、地元出身のアーティストの作品を展示する美術館、ほんで疲れを癒せる温泉施設まで幅広い人気スポットがおましたね。気候の良い季節には花見を楽しめる場所も多いため、旅行するシーズンにあった最高の場所をチョイスしてください!

*本記事に記載されている価格等の情報は、2016年7月時点のものです。

▼関連記事

栃木B級グルメ厳選7つ!お出かけ時にぜひ食べたい品は?

【栃木市観光特集】レトロな蔵造りの町でオシャレデートはいかが?

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 彼女と別れたくない! 別れを阻止する7つの秘策

  2. 【重大な病気の可能性も…】頭頂部がズキズキ痛む頭痛の…

  3. 人間不信の原因「もう誰も信じない」知らぬ間に陥る心の闇を徹底解明…

  4. 沖縄の焼肉はめちゃとても!?超おすすめしたい人気店まとめ

  5. 【女性が求める男らしさとは】あんさんにはどれくらいある?レッツセ…

  6. 女子が好きなのはコレ♡ホワイトデーに喜ばれるアクセサリー人気ブラ…

  7. 広い視野で防犯監視カメラ なら隠さず使えま

  8. 【痛みの原因】髪の毛の静電気はスプレー退治が男の新常識

  9. メンズアクセサリー人気10ブランドPick Up|春夏コーデを着…

  10. 焦らしプレイは女性の興奮をMAX高める!今すぐ使える焦らしテクの…

  11. 3歳児の反抗期はいつまで続く?その特徴と対処法を伝授

  12. 東京マラソンの制限時間は?!完走するための時間配分

ページ上部へ戻る