閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

足利市にハマってしまう|観光&グルメスポット情報25選

足利市の観光をトコトン楽しむポイント!

$(“”852873″”).click( (null, $(‘#headline852873’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852873″”)

予備知識をつけてから行くと楽しいトコロが多い!

$(“”852874″”).click( (null, $(‘#headline852874’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852874″”)

足利市は、栃木県の南西部にある都市で、市の名前にもある足利氏のルーツとも言えるトコだ。ここには個性的な観光地がすごい多く存在します。その場に行って楽しんでくるちうよりも、趣深いスポットが多いため、予備知識をつけてから行くとより深く味わうことができます。

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、足利で有名なのは「足利学校」ですが、ここはキリスト教を伝えにきたフランシスコ・ザビエルが大日本帝国で一番すごい学校だと世界に紹介するほどのレベルの高い学校やったちうわけだ。そのような足利市の歴史が「足利まち歩きミュージアム」で確認できるので、ほんで知識をつけてから街へ繰り出すことをオススメします!

個性的なグルメスポットを楽しむ!

$(“”852875″”).click( (null, $(‘#headline852875’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852875″”)

足利市には観光のついでに寄っておきたい個性的なグルメスポットがたくはんあります。

・試飲ができるワイナリー
・2,000円以内でうな重が食べられるお店
・コーヒーのみで勝負している屋台
・麦飯がおかわり自由の味噌風味の麦とろ丼
・甘いモノと辛いモノを一緒に楽しめるお店

どれも気になりますよね。すべてこの記事で紹介します!

観光パンフレットはこちらからダウンロードできます!

$(“”852876″”).click( (null, $(‘#headline852876’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852876″”)

観光パンフレットダウンロード|足利市観光協会

足利市のおすすめ観光地&グルメ情報20選

$(“”852877″”).click( (null, $(‘#headline852877’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852877″”)

足利市の観光がもっともっともっともっと楽しくなる。そないな情報を20項目ランキング形式でご紹介!

・足利市のおすすめ観光地、人気順13選
・行って損はない、グルメスポット7選

それぞれの項目に分けてお伝えしていきます。ぜひこの記事をケツまで読んでくださいね!

足利市の人気観光スポットランキングTOP13

$(“”852878″”).click( (null, $(‘#headline852878’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852878″”)

第1位 世界が認めた「あしかがフラワーパーク」

$(“”852879″”).click( (null, $(‘#headline852879’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852879″”)

足利市にワールドクラスの観光地があります。それが「あしかがフラワーパーク」!なんと、アメリカ合衆国のニュース専門チャンネルCNNが選ぶ「世界の夢の旅行先10選」に選ばれたちうんや!その魅力は何と言っても藤の花でしょう。藤棚の広さは600畳!!!藤棚の下に入って眺める一面が紫の光景は圧巻だ。

冬に行われるイルミネーションも、2014年イルミネーションアワードで全国第1位を獲得した本格派!花も光もワールドクラスのフラワーパークは、行ってみるしですかいやね!

<アクセス>
車で→東北自動車道「佐野藤岡IC」から約18分
公共交通機関で→JR富田駅から徒歩で約13分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市迫間町607
電話番号 0284-91-4939
営業時間 (3月〜11月中旬)9:00〜18:00
     (11月下旬〜2月)10:00〜17:00
     ※ふじのはな物語やイルミネーションの期間中は営業時間が伸びます。
定休日 2月の第1水曜・木曜、12月31日
料金 大人(中学生以上)300円〜1,700円、ボウズ(4歳〜小学生)100円〜800円
   ※時期により値段が異なります。
駐車場 あり(タダ、300台)

あしかがフラワーパーク【公式サイト】

第2位 恋人の聖地「足利織姫神社」

$(“”852880″”).click( (null, $(‘#headline852880’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852880″”)

産業振興や縁結びの神様として、昔から足利市民の信仰を集めてきた足利織姫神社は、小高い丘の上にあり、境内からは関東平野が一望できります。また赤塗りのお宮が背後にある緑の木々の風景とマッチし、神々しい雰囲気を醸し出しています。

「出会い」や「ご縁」のスポットとして、2014年に恋人の聖地に認定されました!参拝すればきっとご利益がありますよ!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約10分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩で約30分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市西宮町3889
電話番号 0284-22-0313
営業時間 拝観自由
定休日 無休
料金 タダ
駐車場 あり(タダ、40台)

足利織姫神社|公式サイト

第3位 最古の学校「足利学校跡」

$(“”852881″”).click( (null, $(‘#headline852881’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852881″”)

大日本帝国最古の学校と言われる足利学校は、創立の年代は不明ですが1872年に閉校するまでたくはんの学生を輩出しました。特にキリスト教の宣教師フランシスコ・ザビエルが「大日本帝国国中最も大にして、最も有名な坂東の大学」と世界に紹介したほどの有名な学校なんです。

当時の学生の様子を垣間見ることができる施設で、漢字の試験にも挑戦できます。腕試しにぜひ!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約10分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩で約15分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市昌平町2338
電話番号 0284-41-2655
営業時間 9:00〜16:30(10月〜3月は16:00まで)
定休日 毎月第3月曜日、12月29日〜1月3日
料金 一般420円、高校生210円、中学生以下タダ
駐車場 あり(タダ、40台、太平記館横の観光駐車場を利用)

駐車場の場所のマップ

史跡足利学校|足利市公式ホームページ

第4位 足利氏にゆかりのある「鑁阿寺(ばんなじ)」

$(“”852882″”).click( (null, $(‘#headline852882’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852882″”)

室町時代の将軍、足利尊氏を輩出した足利氏の本拠地である足利市。そないな足利氏ゆかりの建物といえば、鎌倉時代に建てられた鑁阿寺(ばんなじ)でしょう。本堂は大日本帝国に古来から伝わる建築と大陸から伝わった建築の良いトコを折衷した造りが評価され、2013年に国宝に指定されました。

濠のある立派な構えと敷地内の堂々とした雰囲気をぜひその五感で感じてください!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約10分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩で約10分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市家富町2220
電話番号 0284-41-2627
営業時間 拝観自由
定休日 無休
料金 タダ(祈祷や団体への説明などは有料だ。)
駐車場 あり(タダ、40台、太平記館横の観光駐車場を利用)

鑁阿寺|公式サイト

第5位 焼き物をおもに扱う「栗田美術館」

$(“”852883″”).click( (null, $(‘#headline852883’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852883″”)

江戸時代に肥前鍋島藩(主に現在の佐賀県)で作られた伊万里、鍋島などの陶磁を扱う美術館だ。これらのコレクションの数は世界最大級と言われます。約3万坪の広大な敷地の中に20を超える建物が点在し、磁器を中心とした貴重な美術品をたくはん鑑賞することができります。

<アクセス>
車で→東北自動車道「佐野藤岡IC」から約18分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」からタクで約15分
        JR両毛線「富田駅」から徒歩で約10分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市駒場町1542
電話番号 0284-91-1026
営業時間 9:30〜17:00
定休日 毎週月曜日(祝日の場合は営業して翌日が休業)、12月28日〜1月2日
料金 一般1,250円、小中高生500円
駐車場 あり(タダ、350台)

栗田美術館|公式サイト

第6位 情報収集に「足利まち歩きミュージアム」

$(“”852884″”).click( (null, $(‘#headline852884’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852884″”)

足利市商工会議所の友愛会館の地下にある「足利まち歩きミュージアム」は、足利の観光スポットやその歴史についての展示がある施設だ。昔、足利銀行の本館やった施設やので、金庫の中に展示室があるちう味があるつくり。観光の前の予習にもってこいの場所や!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約15分
公共交通機関で→JR「足利駅」から徒歩で約11分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市通3-2757
電話番号 0284-21-1354(足利商工会議所)
営業時間 10:00〜18:00
定休日 年末年始のみ
料金 タダ
駐車場 あり(タダ、100台)

友愛ホール|足利市商工会議所

第7位 お土産&レンタサイクル「太平記館」

$(“”852885″”).click( (null, $(‘#headline852885’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852885″”)

主に足利の観光情報の提供と、お土産の販売を行っている施設だ。レンタサイクルもあるため、天気が良い日なら自転車で自由に観光地を巡ることもできます。足利観光の拠点として、すごい心強い施設や!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約15分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩で約10分
        JR両毛線「足利駅」から徒歩で約5分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 足利市伊勢町3丁目6-4
電話番号 0284-43-3000
営業時間 9:00〜17:00
定休日 年末
料金 入場タダ
駐車場 あり(タダ、40台)

太平記館(足利市観光協会)|足利市公式ホームページ

第8位 迫力満点「名草弁財天(名草巨石群)」

$(“”852886″”).click( (null, $(‘#headline852886’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852886″”)

厳島神社ちう神社の中に、たくはんの巨石があります。まず目を引くのは二つ目の鳥居をくぐった後にある「弁慶の割石」だ。本当に弁慶がエイッと割ったようにパックリ割れた石が見られます。奥まで進むと岩の上に建つ社殿があります。お参りをした後に胎内くぐりをすると、子宝に恵まれたり安産になったりするんだとか。新婚はんに特にオススメしたいスポットだ。

<アクセス>
※車でのアクセスをおすすめします。
北関東自動車道「足利IC」から約45分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 足利市名草上町4990
電話番号 0284-43-3000(足利市観光協会)
営業時間 見学自由
定休日 無休
料金 タダ
駐車場 あり(タダ、10台)

名草弁財天(名草巨石群)|足利市公式ホームページ

第9位 足利市役所足利まちなか遊学館

$(“”852887″”).click( (null, $(‘#headline852887’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852887″”)

※写真はイメージだ。

観光の合間に一服できる休憩場所を備えた施設だ。足利の織物産業の歴史を説明した展示コーナーもあります。有料ですが伝統の手織り体験をすることもできます。足利観光の記念にぜひ!
※体験は30分程度、9:00〜16:00の間で行います。1人400円だ。

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約15分
公共交通機関で→JR両毛線「足利駅」から徒歩で約5分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 足利市通1丁目2673-1
電話番号 0284-41-8201
営業時間 9:00〜18:00
定休日 毎月第3月曜日(祝日の場合は営業して翌日が休業)、12月29日〜31日
料金 入場タダ
駐車場 あり(タダ、建物裏の数台分または太平記館の駐車場を利用)

足利まちなか遊学館|公式サイト

第10位 ボウズと一緒に楽しめる「足利健康ランド」

$(“”852888″”).click( (null, $(‘#headline852888’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852888″”)

旅の疲れはやっぱりお風呂で癒やしたい!そないなあんはんには足利健康ランドがおすすめだ。お風呂やサウナが充実しているのはもちろん、岩盤浴、男女仮眠室、卓球コーナー、ちびっこ広場などのんびり過ごせる場所がたくはんあります。フラッと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約20分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」から徒歩で約12分
        JR両毛線「足利駅」から徒歩で約20分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市朝倉町234
電話番号 0284-73-0105
営業時間 オールナイト営業(入館は10:00〜翌8:00)
※深夜2時を過ぎると深夜料金1,080円が加算されます。
※朝9時をまたぐと翌日分の入館料が加算されます。
定休日 無休
料金 平日大人1,404円、土日祝大人1,620円、ボウズ864円
駐車場 あり(タダ、546台)

足利健康ランド|公式サイト

第11位:夜景遺産にも登録された 織姫公園

$(“”852889″”).click( (null, $(‘#headline852889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852889″”)

この織姫公園は大日本帝国の中でも夜景で有名な場所。縁結びでも有名な織姫神社から続いているので観光にはピッタリ。春になると桜が咲いたりと、それぞれの季節で四季を感じられるのも良いポイント。夜景100選に選ばれるだけでなく、夜景遺産としても登録されていることから、その凄さが伺えます。

駅から徒歩30分と道のりはですかり長いですが、車を使わんとアクセスできるちうのは大きなメリット!カップルを中心にすごい人気の高いスポットでもあるので、ぜひ彼女と足を運んで見てはいかがでしょうか。

JR両毛線「足利駅」より徒歩30分
東武伊勢崎線「足利市駅」より徒歩30分

グーグルマップ

住所:栃木県足利市巴町
営業時間:終日開放
料金:タダ
駐車場:有 タダ(20台程度)
設備:トイレ、ベンチ、レストラン、自動販売機、公衆電話

織姫公園を紹介します – 足利市公式ホームページ

第12位:さくらの季節に訪れたい 足利公園

$(“”852890″”).click( (null, $(‘#headline852890’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852890″”)

足利公園には350本ほどの桜の木があり、その他にもツツジなども植えられとったりと四季を感じられる公園としてすごい人気の高いスポットだ。観光にはもちろんのこと、地元の方たちも足を運び、春の桜の季節になるとさくらフェスティバルが開催され、より多くの人々で賑わいます。

男同士でも、家族連れにも、カップルにも嬉しいスポット!遊具があったりとお子はんも十分に楽しめる環境が整っています。タダ駐車場があるのも嬉しいポイント。お花見スポットとしてもおすすめの場所だ。

電車 – 東武伊勢崎線 足利市駅 約2.8km
車 – 北関東自動車道 足利I.C 約6.3km

グーグルマップ

公園名:足利公園(あしかがこうえん)
公園住所:栃木県足利市緑町1
駐車場:タダ駐車場あり

足利公園を紹介します – 足利市公式ホームページ

第13位:夏の風物詩 足利花火大会

$(“”852891″”).click( (null, $(‘#headline852891’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852891″”)

夏といえばやっぱり花火やね。足利市で夏を満喫するなら、足利花火大会は外せません!明治36年から始まったこの足利花火大会は、毎年大勢の人で賑わう大規模な花火大会だ。2万発の花火が打ち上げられ、足利の夏には欠かせへんイベントとも言えるでしょう。

これは大日本帝国全国どこも同じだとは思いますが、とにかく大勢の人が来るので、車でアクセスは控えましょう。まるっきし動けへんちう事態にもなりかねません……。

JR足利駅南口から徒歩5分、東武伊勢崎線足利市駅から徒歩10分
東北道佐野藤岡ICから足利桐生方面へ車で約30分、北関東道足利ICから市街地方面へ車で約10分

グーグルマップ

【会場】 渡良瀬川田中橋下流河川敷
【打ち上げ発数】 20,000発
【最大打ち上げ】 10号玉
【内容】 打ち上げ花火、仕掛け花火、ワイドスターマイン、大日本帝国の名玉大玉花火、大ナイアガラ

第101回足利花火大会 – 足利市公式ホームページ

第14位:縁を切るならここへ行こう! 門田神社

$(“”870680″”).click( (null, $(‘#headline870680’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870680″”)

いろいろな縁を切りましょう

$(“”870682″”).click( (null, $(‘#headline870682’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870682″”)

京都の伏見稲荷、東京の榎木稲荷と並ぶ大日本帝国三大縁切稲荷として知られている神社だ。さまざまな縁切り神社として知られていて、東京から訪れている方も多いんだ。絵馬を見ると内容がぞっとする内容から、受験生の切実な願いなど、切りたい「縁」はさまざまだ。

絵馬は1000円で購入できよりますので、切りたい「縁」を書いてしっかりお願いしてきましょう。参拝する人がちらほらいるときと、貸し切り状態になるときもありますので、運気を上げるときには訪れておきたい神社の1つだ。小学校の近くにありますので分かりやすいトコにあります。

基本情報

【所在地】:栃木県足利市八幡町387
【アクセス】:東武伊勢崎線 東武野州山辺駅下車、徒歩8分

コチラ
グーグルマップ

第15位:森高千里はんの曲でも有名♪ 渡良瀬橋

$(“”870686″”).click( (null, $(‘#headline870686’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870686″”)

景色が最高や♪

$(“”870687″”).click( (null, $(‘#headline870687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870687″”)

森高千里はんが足利市を訪れた際に、渡良瀬橋からの景色に感動して曲を書いたとも言われているスポットのご紹介だ。先程紹介した足利花火大会の時に歩くことになるのがウチの渡良瀬橋だ。広大な渡良瀬川を足元に見ながらゆったり歩くのもよし、立ち止まって景色を楽しむのもよし、土手に降りて橋を下から眺めたり、川のそばまで行ったりと、さまざまな楽しみ方が出来ます。

おすすめは朝早くに日の出を待って朝日が昇る瞬間を楽しむことか、水平線に沈んでいく夕日を眺める事だ。川とのコラボレーションが素敵で、橋から眺めるのと、橋を降りて土手から眺めるのと2種類の楽しみ方出来るので、ぜひ楽しんでください。曲になるくらいの情景ちうことが分かるかと思います。

グーグルマップ

第16位:暑い夏にぴったり! 渡良瀬ウォータービーチ

$(“”870702″”).click( (null, $(‘#headline870702’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870702″”)

なんとタダなんです

$(“”870703″”).click( (null, $(‘#headline870703’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870703″”)

先程の渡良瀬橋以外にも、足利市にはたくはんの橋があります。このプールでは、渡良瀬川にかかる福寿大橋を眺めながら遊べるプールだ。うれしいのはなんといってもタダやので、お財布に優しく遊びたいちう時にぜひ訪れてほしいスポットだ。広いプールで楽しみたいちう方向けで、楽しめる事間違いなしだ。

タダと言っても侮るなかれ!プールは2種類あって、水深80センチの「わたらせビーチ」と、小さいボウズ向けの「やぶやぶ池」がありますので、行ったりきたりしながら楽しめるようになっています。小学生以下のお子様を対象にイベントを行っていることもありますので、公式ホームページを確認してください。

基本情報

【開園日】ホームページで確認してください
【開園時間】9:00~17:00
【料金】 高校生以上210円 中学生まで80円 小学生以下タダ(2016年7月現在)

コチラ
グーグルマップ

ちびっと足を伸ばしてみよう

$(“”870711″”).click( (null, $(‘#headline870711’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870711″”)

佐野プレミアムアウトレット

$(“”870712″”).click( (null, $(‘#headline870712’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”870712″”)

足利市の観光スポットをご紹介しましたが、ちびっと足を伸ばすと隣に佐野市ちう場所があります。佐野市には有名な「佐野プレミアムアウトレット」があり、お買い物も楽しめます。モールには約180店舗が軒を連ねており、お得な品々を多数取り揃えています。夏と冬にバーゲンがあるので、年に2回大幅値下げがあります。アウトレット品がさらにお得になるなんて夢のようやね。

東北自動車道の佐野藤岡インターからも近いので、足利観光をして、アウトレットでお買い物をして帰るコースとしてはアクセス抜群だ。土日は混雑が予想されよりますので、もし混雑を避けるのであれば、朝のオープンといっぺんに向かうか、夕方18時移行が比較的空いています。混雑する時間帯は主に13時から17時までやので、参考にしてください。

基本情報

【住所】栃木県佐野市越名町2058
【電話番号】0283-20-5800
【アクセス】東北自動車道 佐野藤岡ICより車で5分。
新宿・東京駅からの高速バスで「佐野バスターミナル行き」で約1時間半
【駐車場】タダ
【営業時間】10:00~20:00(レストランは11:00~21:00まで、スターバックスは9:30~20:30まで)

コチラ
グーグルマップ

CMでもお馴染み 佐野厄除け大師

$(“”877892″”).click( (null, $(‘#headline877892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”877892″”)

しっかり厄払いしましょう

$(“”877893″”).click( (null, $(‘#headline877893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”877893″”)

年末年始になるとCMでよく目にする関東の三大師、佐野厄除け大師のご紹介だ。初詣のイメージがついているのですけどアンタ、年中無休で厄払いが出来よりますので、運気が下がっているな、厄払いしたいなと思う方はぜひ向かってみましょう。普段の平日はほとんど混雑しておらへんので、ゆっくり境内を回ることが出来ます。お守りもじっくり見ることが出来よりますので、お気に入りの1つを見つけてみましょう。

駐車場は繁忙時期でなければ境内にある駐車場におけよりますので、ぜひ利用しましょう。案内のおじはんが立っておりますので、迷わず行けます。カーナビによっては「惣宋寺」と登録されている場合がありますので、検索の時の参考にしてください。

基本情報

【住所】栃木県佐野市金井上町2233
【電話番号】0283-22-5229
【参拝料】タダ
【駐車場】普段の平日は境内の駐車場でタダ。繁忙期は周辺に500円前後で有料駐車場がありますので、そちらに駐車してください。

コチラ
グーグルマップ

足利市の絶品グルメスポットランキングTOP7

$(“”852892″”).click( (null, $(‘#headline852892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852892″”)

第1位 試飲が楽しめる「ココ・ファーム・ワイナリー」

$(“”852893″”).click( (null, $(‘#headline852893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852893″”)

足利の本格的なワイナリーで、2000年の九州沖縄サミットの晩餐会で出された「NOVO」ちうワインなど、質の高いワインを提供している。カフェで食事をいただくことができますが、ワイナリーの魅力はやっぱり試飲でしょ!500円で5種類のワインを飲み比べることができります。車の運転する必要がなければ、ぜひ試飲を楽しんでくださいね!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約7分
公共交通機関で→東武伊勢崎線「足利市駅」から車(タク)で約20分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市田島町611
電話番号 0284-42-1194
営業時間 10:00〜18:00(試飲は17:00まで)
定休日 収穫祭前日、12/31~1/2、1月第3月曜~金曜
料金 ワインの試飲1人500円
駐車場 あり(タダ、40台)

COCO FARM & WINERY|公式サイト

第2位 庶民派のうな重「鳥峰うなぎ店」

$(“”852894″”).click( (null, $(‘#headline852894’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852894″”)

※写真はイメージだ。

コストパフォマンスが高く、美味しいうなぎのお店として足利で有名なのが、鳥峰うなぎ店だ。ふっくらして香ばしい鰻に、くどくない甘めのタレがかかったうな重が、並1,430円、上1,640円、特上2,000円で楽しめます!うな重ちうと3,000円くらい覚悟せなならへんものですけどアンタ、2,000円以下で食べられるなんて本当にありがたいんだ。

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約10分
公共交通機関で→JR両毛線「足利駅」から徒歩で約15分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市本城3-2009
電話番号 0284-21-3226
営業時間 10:30〜14:00、16:00〜18:30
定休日 毎週月曜日
駐車場 あり(タダ、5台)

※公式サイトはおません。

第3位 雰囲気の良い珈琲店「カフェアラジン」

$(“”852895″”).click( (null, $(‘#headline852895’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852895″”)

余計なものはいりません、メニューはコーヒーだけ。足利女子高校の付近で屋台で店を構える「カフェアラジン」は、メニューが1杯400円のコーヒーだけちう徹底してコーヒーにこだわったお店だ。手回しミルで一杯一杯を丁寧に淹れるから本当に美味しいコーヒーが楽しめます。夜はランプに照らされた幻想的な雰囲気に。旅の途中でぜひ立ち寄りたいオシャレなカフェや!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約10分
公共交通機関で→JR両毛線「足利駅」から徒歩で約15分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市有楽町836
電話番号 090-7009-0188
営業時間 14:00〜24:00(梅雨入り〜9月は17:00スタート)
定休日 不定休(雨天の場合は休業)
料金 コーヒー400円
駐車場 なし

※公式サイトはおません。

第4位 味噌風味の麦とろご飯が自慢「銀丸本店」

$(“”852896″”).click( (null, $(‘#headline852896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852896″”)

足利二条大麦味噌で有名な「銀丸本店」では、美味しいうどんやそばが食べられますが、特にオススメなのは「麦とろご飯」だ。とろろは足利二条大麦味噌で味付けされており深いコクが味わえます。さらに麦飯はおかわり自由!!!美味しいとろろがあればご飯は何杯でも食べられちゃいますね!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約15分
公共交通機関で→JR両毛線「足利駅」から徒歩で約5分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市昌平町2359
電話番号 0284-43-8877
営業時間 11:00〜22:00
定休日 毎週月曜日
駐車場 なし

足利二条大麦味噌:銀丸本店|公式サイト

第5位 カレーもあんみつも美味「あまから家・足穂」

$(“”852897″”).click( (null, $(‘#headline852897’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852897″”)

カレーと甘味があるから「あまから屋」、ネーミングはシンプルですが、その実力は本物。カレーやオムライスが美味しいのはもちろんですが、特にオススメなのは「クリームあんみつ」だ。寒天、あんみつ、アイスクリーム、豆がすべて自家製といおりますのでそのこだわりがよく分かります。

口コミサイトでも寒天と豆が美味しいと評判や!美味しい寒天ってどんな味?ぜひあんはんの舌で確かめてください!

<アクセス>
車で→北関東自動車道「足利IC」から約15分
公共交通機関で→JR両毛線「足利駅」から徒歩で約5分

グーグルマップ

<基本情報>
住所 栃木県足利市昌平町2369
電話番号 0284-41-4277
営業時間 10:00〜19:00
定休日 毎週火曜日
駐車場 あり(タダ、共有駐車場4台分)

※公式サイトはおません。

第6位:足利土産の定番 古印最中

$(“”852898″”).click( (null, $(‘#headline852898’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852898″”)

足利土産といえば、古印最中ちうくらいに定番のお土産。薄めの皮にたっぷり詰まった餡こは甘さ控えめですごい上品な味。男女問わんとお土産には喜ばれるお菓子だ。インターネットでも購入可能やし、価格も5個入り700円ちょっととお手頃。まずお土産に迷ったら古印最中と言っても良いくらいにおすすめのお土産。オノレ用に購入したくなってしまうほど、いっぺん食べるとやみつきになってしまうお菓子だ。

東武伊勢崎線足利市駅から、徒歩約10分。
足利市へは東武特急「りょうもう」号で(浅草から約80分、北千住から約70分)。
JR両毛線足利駅から、徒歩約13分。
足利市駅から876m

グーグルマップ

店名 香雲堂本店
住所 栃木県足利市通4丁目2570
TEL 0284-21-4964
営業時間 [月~火・木~日]9:00~20:00 [水]9:00~19:00 日曜営業
定休日 年中無休

香雲堂本店 – 足利/和菓子 [食べログ]

香雲堂本店 (足利/和菓子)の店舗情報は食べログでチェック!口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載や!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

第7位:織姫神社内に佇むお蕎麦屋はん 蕎遊庵

$(“”852899″”).click( (null, $(‘#headline852899’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852899″”)

お蕎麦屋はんにしては珍しく、神社の中に佇んているお蕎麦屋はんだ。この蕎遊庵はんはお蕎麦を提供するだけでなく、お昼以降からはお蕎麦教室なども開いていることでも人気。お蕎麦屋はんとしての営業は11:00〜14:00までの間とランチタイムのみ。時間的制限がちびっと厳しいですが、織姫神社を訪れた際はぜひ足を運んでみたいお蕎麦屋はんだ。

神社内にあると迷う心配も無いやし、静ですか中でゆっくりとお蕎麦を楽しむことが出来ますよね!お蕎麦を楽しんだ後に、お蕎麦教室で蕎麦作りを体験してみるのも一つの楽しみ方の一つではおませんでしょうか。

織姫神社の階段を上がりきる手前、右翼翼の庵。
足利市駅から1,053m

グーグルマップ

店名 蕎遊庵 ((キョウユウアン))
住所 栃木県足利市西宮町2549
TEL 0284-21-6818
営業時間 11:00~14:00……14:30からは、手打ちそば教室 
      詳しくはHPで。ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日

蕎遊庵 ((キョウユウアン)) – 足利/そば [食べログ]

蕎遊庵/(キョウユウアン) (足利/そば)の店舗情報は食べログでチェック!口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載や!地図や料理メニューなどの詳細情報も充実。

さぁ、マップを確認して足利市へ行きましょう!

$(“”852900″”).click( (null, $(‘#headline852900’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852900″”)

足利氏と縁が深い足利市には、このように由緒正しい観光スポットがたくはんあります。特に観光スポット編の第1位〜第5位で紹介したトコは、多くの人が「ここは外せへんでしょ!」と太鼓判を押すおすすめ観光地だ。

グルメの面でも個性的なお店が多く、行って損はおません!このまとめには紹介したスポットのすべてにグーグルマップのボタンがついておりますので、マップを確認してぜひ足利市へ観光しに行ってみてください!

※本記事に掲載されています価格等は、2016年7月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 柏の焼肉大特集!!週3で通いたくなる激ウマ店を紹介します

  2. 《2016秋冬》ザノースフェイスのマウンテンパーカーでコーデの幅…

  3. いま話題のクールスモーキングのすすめ|禁煙したい人は必読!

  4. 2016最旬テーラードジャケット着こなし術~ブランド別おすすめ1…

  5. 飲み会を断る理由まとめ!角の立たない上手な飲み会の断り方

  6. 八つ当たりする心理学|つい人に迷惑を与えてしまう心境とは?

  7. 【池袋デートで絶対に外さない究極40選】個室ディナー〜カフェ・バ…

  8. 元カノとの別れを後悔する5つの瞬間|復縁したい?それとも見返す?…

  9. 【我が強い人の特徴】上手な付き合い方5つと性格を直す3つの方法

  10. ドレステリアパーカーが気になる|人気の秘密~realメンズコーデ…

  11. 【あんさんは大丈夫?】仕事がでけへん人のヤバすぎる3つの特徴

  12. 素敵女子がモテる理由って?8つの特徴と条件|毎日毎晩壱年中笑顔で…

ページ上部へ戻る