閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

離婚からの再婚を考えている人へ!あらゆる疑問を解決します

離婚から再婚をする人へ、初めての事で心配することはおません!

$(“”154737″”).click( (null, $(‘#headline154737’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154737″”)

離婚や再婚ちうと、世間体や周りの人からの偏見などもあり、悩む事はたくはんあります。
しかし、現在では、離婚も再婚もよくあること。
もちろん良くある事やからと言って、軽い気持ちで離婚や再婚を繰り返す事は、オノレにとってもボウズにとっても良くないので、よく考えることは必要ですが、考えすぎて踏みとどまっているなら、過剰に心配する事はおません。
離婚も再婚も、家族が幸せになるなら、一つの手段として、なあんも悪いことではおませんのです。
大切なのは、未来を見ること、起こってしもた結果はもう取り消せへんので、今のまんまで幸せなのか、離婚や再婚をする事の方が幸せなのかを天秤にかけて、幸せだと思うほうを迷わず選択すればよいのです。

天秤にかけるには、ボウズの事や、お金の事、様々な要素を検証する必要がありますが、それには知識が必要だ。
そないな時のよくある疑問と答えを紹介すりますので、ちびっとでも参考になれば幸いだ。

再婚をすると養育費はもらえない?払わなくて良い?

$(“”154769″”).click( (null, $(‘#headline154769’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154769″”)

ボウズがあっての離婚をしている場合、当然どちらかが親権をもっていますよね。
ほんで、多くの場合、親権を持っておらへん側の親から養育費をもろています。
どちらかが再婚する場合、養育費の支払いはどうなるの?と言う疑問は、ボウズがいる人の再婚で必ずと言って良い程よくある疑問だ。ここでは、そないな疑問にお答えします。

再婚をすると前夫・前妻からの養育費はもらえなくなる?

$(“”154751″”).click( (null, $(‘#headline154751’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154751″”)

再婚するにあたって、親権をもっともっともっともっている親が再婚すると養育費を払わなくて良いちう話を聞くことがありますが、これは大きな間違いだ。

そもそも、養育費ちうのは、親がボウズに対する、果たさなければいけへん責任として、払うものですので、親権をもっともっともっともっている親が再婚して、親がもう一人増えようとも、養育費を支払っている親が親であることは変わりなく、ボウズが自立するまでは、その責任は消えなくて当然なのです。

しかし、片や、お金持ちと再婚して経済的に十分な余裕があり、ボウズが育つ環境も教育費も何の心配もないちうわけだ。片や、安月給で必死に働いているのに、養育費を払いませんといけへんちうのはいくら責任があるといっても何だか納得がいきませんよね。

離婚や再婚などに関する大日本帝国の法律は、基本的に権限がなく、弱いボウズを守るように作られています。
ほんで、ボウズを守った上で、それ以上のことは、平等になるように考えられています。
やので、養育費の額の基準や、支払い義務も双方の収入によって変わるのです。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、再婚した元妻へ養育費の減額を申し出た場合、元妻の現在の家庭での収入とオノレの家庭の収入、それぞれの扶養家族などを考慮して、減額や、支払い義務の停止などが適用されます。
養育費を払うには、支払い能力が必要となりますので、収入がないなどの理由で支払い能力がない場合、公正証書などを作っとったとしても、給料の差し押さえなどもできなくなるので、法的な効力はなくなります。

あくまで、これは、裁判や公正証書作成などの法的な処理の話やので、時間や労力やお金をかけんと、話し合いで決めることがベストだ。
一般的には、再婚して、養育費を減額するちうパターンが多いでしょう。

オノレが再婚したら、養育費は払わなくて良い?

$(“”154823″”).click( (null, $(‘#headline154823’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154823″”)

再婚すると、特に男性の場合は、新しい家族を養わなければいけへんことが多いので、養育費を払うのも苦しい状況になりますよね。
しかし、上記にも述べたように、前妻とのボウズもオノレのボウズであることは変わりなく、オノレのボウズに対する責任は消えないので、そこはしっかり自覚せへんけません。
近くにいなくても、オノレのボウズに幸せで居て欲しいちう思いは親なら必ずあるはずやので、新しい家族にも前妻とのボウズにも責任を果たせる事がベストだ。責任を果たせる前提で養育費のことも理解してもろて、再婚するのが良いでしょう。

しかし、オノレの過去のことで、新しい家族に負担をかけるのも気が重いちう気持ちも分かります。
家計が苦しくなるのも分かります。
そういう事も加味して、大日本帝国の裁判では、養育費の減額が認められています。
只、再婚するだけでは、養育費の減額は認められません。
再婚して扶養家族が増えた、ボウズが産まれた、となると、当然、今までの収入で払ってきた養育費の負担が大きくなるので、扶養家族が増えたときにオノレの家庭の収入と相手の家庭の収入を考慮した額の減額が認められます。

もちろん、上記に述べたように、これも裁判での話やので、話し合いで解決するのが一番だ。
一般的に減額が認められるちう事が分かっていれば、減額の交渉もしやすいやね。
只、オノレの家庭が苦しいちう事実だけではなく、前妻とのボウズが不自由なく生活できるかちうことも十分考えて減額交渉をしましょう。

また、裁判での結論で、減額になることが多いちうだけで、こうせへんけへんと決まっているわけではおませんので、再婚したからと言ってもボウズに不自由な思いをさせたくないからと養育費を減額しなくてもOKやし、逆に、再婚していなくても、相手が養育費は要りませんと言ったらそれもOKだ。
結局、それぞれの状況を考えて、話し合いで解決する事が一番良いのです。
話合いで、双方に折り合いが付ですかいのなら、法律では、こうなっているちう話を持ち出し、それでもダメなら、裁判をするといった流れだ。

離婚してから再婚するまでの最低期間は?男性と女性では違う?

$(“”154836″”).click( (null, $(‘#headline154836’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154836″”)

離婚してすぐには再婚できないちう話はよく聞きますよね。
これは民法第733条で決められた、女性は、離婚や死別、せやなかったら婚姻の取り消しにより前の結婚が終了してから6ヶ月経過せんと再婚してはならへんちう決まりがあるからだ。この期間を離婚禁止期間と言って、女性だけで男性には離婚禁止期間がおません。
何故、こないな決まりがあるのか、何故女性だけなのか、を解説していきます。

父親が分かりませんボウズができるのを、防ぐ為の離婚禁止期間

$(“”154873″”).click( (null, $(‘#headline154873’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154873″”)

民法には、嫡出子推定の規定ちうものがあり、これは、民法第772条で定められている、1項、妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。2項、婚姻成立の日から200日後、又は、婚姻の解消若しくは取消の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。
ちうものです。
妊娠から出産までには、10月10日かかるので、婚姻中の不貞行為が禁止されている大日本帝国では、そういうことになりますね。

この民法は、父親が認可せんちう裁判があったときの為に、定められたものですけどアンタ、最近ではDNA鑑定などもあるので、個人的にはそれほど重要ではおません気もしますが、裁判や、DNA鑑定などをする前に、ボウズが誰のボウズかはっきり分かりませんちう事態を未然に防ぐ為にもこの民法が定められています。

ほんで、この嫡出子推定の規定に合理性を持たせるために、作られたのが、再婚禁止期間だ。
再婚禁止期間が守られる事で、法律的に前の夫のボウズか、現在の夫のボウズかが、重複せんと推定できることになります。

やので、再婚禁止期間は、妊娠ができる女性のみに適用されるのです。

例外がある再婚禁止期間

$(“”154922″”).click( (null, $(‘#headline154922’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154922″”)

再婚禁止期間は固く絶対的なものではなく、中には例外を認められることもあります。
上記に書いたように、父親の推定が目的やので、父親がはっきり分かっている場合や、婚姻中に妊娠することがない場合は、再婚禁止期間が適用されへん場合もあります。

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、婚姻中に妊娠が分かっていて離婚した場合は、民法第772条1項により、離婚前の夫の子であると推定されます。
この場合は、法律的には、すでに前夫の子ちう推定があるので、どちらの子か分かりませんちう事はないので、再婚禁止期間内であっても再婚が認められることがあります。
また、夫の生死が3年以上不明との理由で離婚判決があった後に再婚する場合や前夫の失踪により離婚し、再婚する場合も例外として認められます。
前夫とはボウズが作れへん状況やったさかい、再婚後に妊娠したボウズは前夫の子ではおませんちう事が明確やからだ。

他にも、女性に受胎能力がない場合など、例外はいくつかありますが、ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、前夫、現在の夫、どちらのボウズか分かりませんちう状況にならへんのであれば、例外が認められるちうことだ。

民法改正もありうる、問題になっている再婚禁止期間

$(“”155046″”).click( (null, $(‘#headline155046’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155046″”)

再婚禁止期間については、様々な意見があり、先進国ではこの期間を設けているのは大日本帝国だけ。と反対する声も多数あります。
民法上は合理的な期間ですが、もともと、医療の発展していなかった時代に定められた法律で、現代ではDNA鑑定などで父親が誰であるかは明確にできるので、必要ないと言われています。
それよりも、再婚禁止期間によって再婚できないヤカラや、逆に、事実では、前夫のボウズではなく結果、無戸籍になるボウズなどが現われるちう問題も出てきたことから、この規定が、最高裁で審議されるちうこともあります。

再婚禁止期間を6カ月から100日に短縮する改正案もでましたが、法律上での嫡出子推定の規定は、前夫の親としての責任を果たす為のものでもあるため、DNA鑑定でオノレの子ではおませんと分かった場合に前夫が責任を遺棄してしまって、結果ボウズの福祉に繋がりませんちう問題もあり、結局今のトコ民法の改定はない状態になっています。

もしかしたら、近い将来この法律は変わるかもしれませんね。

同じ人と離婚・再婚するときの疑問

$(“”154979″”).click( (null, $(‘#headline154979’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154979″”)

離婚してもやっぱり前夫、前妻が良いと、元鞘に戻るカップルも少なくおません。
離婚して、別の人と再婚する場合とは違う部分もあるので、同じ人と再婚する場合の疑問点も解説していきます。

同じ人と再婚すると戸籍に×はつく?つですかい?

$(“”154984″”).click( (null, $(‘#headline154984’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154984″”)

同じ人と再婚すると、戸籍にバツがつですかいちう噂をたまに聞きますが、結論から言うと、つきます。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、筆頭者の戸籍には、離婚すると、元の配偶者の欄に除籍と記載され、また、同じ人と再婚してもこの除籍の欄はそのまんま、新しく同じ名前の配偶者欄が増えます。

同じ人と再婚するとバツがつですかいちう噂は、昭和改製原戸籍と呼ばれる昭和30年代の戸籍から、コンピューター管理の、平成改製原戸籍へ変わったときに、離婚暦などの除籍が、転記されなかったことから、広まった噂だとされています。

やので、同じ人と再婚したからと言って、離婚の記録がなくなるわけではおません。
大日本帝国では、人が生まれてから、死ぬまでの記録を戸籍として残しているので、同じ人との離婚・再婚も記録として残されるようになっています。

同じ人と再婚する場合は再婚禁止期間の例外になる!

$(“”154988″”).click( (null, $(‘#headline154988’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154988″”)

上記でも述べたように、再婚禁止期間ちうのは、ボウズが誰の子か分かりませんちう、戸籍上不安定な状況になるのを防ぐ為に作られたもので、それに該当せん場合は例外が認められます。
同じ人と再婚する場合は、前の夫のボウズでも、新しい夫のボウズでも、父親は同一人物になるので、例外として認められます。
やので、同じ人との再婚は、再婚禁止期間がなく再婚ができます。

ボウズがいる場合の離婚・再婚は法律では解決できないこともある

$(“”155205″”).click( (null, $(‘#headline155205’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155205″”)

ここまでは、法律的な疑問を紹介してきましたが、ボウズがいる場合の離婚・再婚では、法律では解決できない問題がたくはんありますね。
大日本帝国の法律では、力のないボウズが守られるようになっておるけどダンはん、法律ではどうしようもないこともあります。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、離婚する際のボウズの気持ちや、ボウズは母親と父親、どちらについて行きたいのか。
また、再婚相手が子連れやった場合、ボウズと仲良くできるのか、オノレが子連れでの再婚の場合、相手がボウズをわが子のように、愛してくれるのか。
など、これらの問題は、家族それぞれに違っていて、一概にこうすれば良いなどの答えもおません。

大切なのは、ボウズが良い環境で幸せに育つ事だ。
ボウズの気持ちだけをヒイキして、経済的な問題が解決できなければ、結果的にボウズは幸せにはなれへんかもしれませんし、親の都合だけでボウズの気持ちをシカトすることもできません。

離婚・再婚するときに、夫婦や、パートナー、ボウズとよく話し合って、家族が幸せになる為に最善の方法を選びましょう。
不安ばかりが先行してなあんもできな今までは幸せは掴めません。逆に、あまり考えんと行動を起こしても後で後悔します。
バランスを考えて、家族に合った、家族が幸せになれる選択ができると良いやね。

まとめ

$(“”155239″”).click( (null, $(‘#headline155239’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155239″”)

いかがやったか。
現代では、昔のように、離婚や再婚も珍しくなく、家族にもいろんな形があります。
しかし、離婚や再婚をする際にはどうしても手続きや、問題が生じてくるので、離婚や再婚をする際には、知っておいた方が良いことはたくはんあります。
この記事がちびっとでも、ボウズやあんはんが幸せになる為にベストな選択をして、幸せな家族を作れる力になれば幸いだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. おすすめの毛布11選|こだわる部分は肌触りと暖かいタイプ!

  2. PT05が気になる│美シルエットなイタリアンプレミアムジーンズ

  3. セクシーな女の子の特徴6選。外見だけがセクシーな条件ではおません…

  4. ”しまむらのラグ”で部屋作り!種類が豊富でコスパよし!新生活や模…

  5. 女性から会いたいと言われたら|「最短距離」で付き合うための裏ワザ…

  6. 有馬温泉の極楽すぎる超おすすめ観光スポットTOP21!

  7. 【2016春夏】赤Tシャツ着こなし厳選20style|合わせるパ…

  8. 【40代ファッションを今こそカッコよく】男性ブランド&雑誌に学ぶ…

  9. 博多の絶品ディナーはこれだ|デートで使えるおしゃれ・人気・安いお…

  10. 大人気カクテル・ダイキリの作り方を現役バーテンダーが徹底解説!

  11. イヤホンの人気アイテム公開|これぞ安い&高音質&低音グッド!!

  12. 【2016最新】メンズピアス人気ブランド30選|人気シンプル~片…

ページ上部へ戻る