閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

青森県八戸市の人気観光スポットを公開!今日から旅に出よう

本州最北の地!青森県八戸市とは?

$(“”149525″”).click( (null, $(‘#headline149525’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149525″”)

本州最北の地である青森県八戸市には人気の観光スポットがたくはんあります。その名の通り江戸時代に「青い森」が広がっとったことから名前をつけられて、明治時代に県東部を南部、県西部を津軽としてまとめられました。青森県はその地域によって文化とグルメにちがいがあって、「おらがまち」を愛している地元のヤカラによって守られています。

八戸は海に面していることから、漁港が開けています。港町にはおいしいグルメを提供する飲食店がならんでおり、漁師はんから観光客まで、食欲と味覚を満たしてくれるので楽しいやね。青葉湖から城跡、遺跡まで人気の観光地が数多くあるため、観光客は良い意味で悩んでしまうことになるでしょう。

八戸の観光をおすすめする理由

$(“”149526″”).click( (null, $(‘#headline149526’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149526″”)

イカの水揚げ量では大日本帝国一を誇る漁場!

$(“”149531″”).click( (null, $(‘#headline149531’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149531″”)

イカの水揚げ量では大日本帝国一を誇る漁場だ。ウニ、アワビ、サバの産地としても知られているため、新鮮な魚介を堪能したいときには大満足できるでしょう。この漁港は戦後、漁師と戦地から帰還した人のために、多くの飲食店や娯楽施設が出店したことで港町として栄えてきたそうだ。

八戸市は「早起きの街」とも言われ、その理由は早朝から開港する港で漁師たちが活発に活動したり、朝市で新鮮な食材を仕入れたり、仕入れの後には朝ごはんを食べて、朝風呂に入るからだ。他の土地では9時から仕事が始まりますが、八戸市では午前4時から始まって、「9時まで」に一つの仕事が終わってしまうんやね(笑)

国立公園に指定された八戸が誇る種差海岸など、観光地がいっぱい!

$(“”149532″”).click( (null, $(‘#headline149532’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149532″”)

八戸が誇る種差海岸がついに国立公園に指定されたましたが、これは八戸市民の願いでもあったそうだ。長きに渡り、地元のヤカラがボランティアで清掃を行い、海岸を清潔に保ってきたからこそ実現したことで、約80年越しの市民の願いやったちうわけだ。まさに地元のヤカラが、地域の海岸を国立公園まで押し上げた成功例であり、地元では自慢の人気スポットでしょうね。

清潔な海岸には約650種にもおよぶ海浜植物や高山植物が咲き乱れ、海の風景だけではなく、雄大な自然の風景を楽しませてくれます。その他にも城跡、遺跡、飲食街にいたるまで、旅行したときにはぜひとも行っておきたいトコやね。

津軽塗の箸や茶筒、あけび蔓工芸などの伝統工芸品とグルメが豊富!

$(“”149533″”).click( (null, $(‘#headline149533’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149533″”)

「おらがまち」を大切にする青森県八戸市では、津軽塗の箸や茶筒、あけび蔓工芸などの伝統工芸品がたくはんあります。職人はんたちが代々受け継いできた技術がそのまんま残っており、いまだに市内の雑貨屋やショッピングセンターで活発に販売されています。

漁港が開けた八戸市では、新鮮な食材を使用したグルメも盛んで、刺身からフライ、煮物に至るまでバリエーション豊ですかグルメを提供してくれるでしょう。「ハーモニカ横町」ちう飲食店街も人気の観光スポットになっています。

青葉湖から遺跡まで!青森県八戸市の人気観光スポットをご紹介

$(“”149530″”).click( (null, $(‘#headline149530’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149530″”)

1位:息を呑むような絶景を眺めよ!「青葉湖」

$(“”149535″”).click( (null, $(‘#headline149535’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149535″”)

ダム建設で湖底に沈んだ集落には平重盛が父・清盛から逃れてきたちう伝説があり、息を呑むような絶景を眺められるのが青葉湖だ。約45分で一周できる尾形船にのって、ゆっくりと周遊するのも楽しいや!

名称:青葉湖
住所:青森県八戸市南郷区島守
電話番号:0178-82-2222 (山の学校)
アクセス:八戸道南郷ICから県道42号経由7km30分
料金:タダ、(屋形船遊覧大人1,000円)
営業時間:散策自由。屋形船は10~15時の1時間毎に出発。
定休日:年中無休。屋形船は10月27日~11月4日のみ運航。

青葉湖

2位:東京ドーム8個分のエリアにレジャースポットが!「八戸公園(ガキの国・八戸植物公園)」

$(“”149536″”).click( (null, $(‘#headline149536’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149536″”)

東京ドーム8個分のエリアのなかに、植物園、動物園、キャンプ場、遊園地がある総合レジャー施設が八戸公園(ガキの国・八戸植物公園) だ。この場所に行けば一日中楽しめることは間違い無しで、ボウズはんも彼女も喜んでくれるでしょう。

名称:八戸公園(ガキの国・八戸植物公園)
住所:青森県八戸市十日市天摩33-2
電話番号:0178-96-2932
アクセス:八戸道八戸ICから県道11号経由5km15分
料金:入園料及び相談料などはタダ
時間:9:00~17:00
定休日:月曜(祝日・振替休日の場合はその翌日)

八戸公園

3位:巫女衣装の着用体験で彼女を喜ばせよう!「櫛引八幡宮」

$(“”149537″”).click( (null, $(‘#headline149537’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149537″”)

古くから南部氏の加護を受けた南部藩の総鎮守で、貞応元年(1222)に遷宮されたと言われているのが櫛引八幡宮だ。巫女衣装の着用体験があるため、女性や子どもを楽しませることができるでしょう。普段はなですかか着ることができない衣装を、この機会に体験しましょう!

名称:櫛引八幡宮
住所:青森県八戸市八幡字八幡丁3
電話番号:0178-27-3053
アクセス:八戸道八戸ICから国道104号経由2km5分
料金:境内自由(新国宝館は入館400円)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:無休

櫛引八幡宮

4位:公園の高台からは八戸市街を一望できるぞ!「八戸城跡(三八城公園)」

$(“”149754″”).click( (null, $(‘#headline149754’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149754″”)

江戸時代までは八戸南部氏の居城があった場所で、今では市民の安らぎの場として利用されています。ゆっくりと散歩をしたり、ピクニック気分でウォーキングすると楽しいやね。公園の高台からは八戸市街を一望できるため、気分をリフレッシュできます!

名称:八戸城跡(三八城公園)
住所:青森県八戸市内丸1-14-49
電話番号:178-46-4040 (八戸市観光課)
アクセス:八戸道八戸ICから国道340号経由5km15分
料金:園内自由

八戸城跡(三八城公園)

5位:国の史跡にも指定された縄文時代の遺跡!「是川遺跡」

$(“”149755″”).click( (null, $(‘#headline149755’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149755″”)

是川遺跡は、八戸市の南東部、新井田川沿いの台地に広がる縄文時代の遺跡だ。「是川石器時代遺跡」として国の史跡にも指定されている人気観光スポットだ。この遺跡からは漆塗りの土器が出土していることからも青森の歴史を感じさせてくれますね。

名称:是川遺跡
住所:青森県八戸市是川字中居3-1
電話番号:0178-96-1484 (八戸市縄文学習館)
アクセス:八戸道八戸ICから国道340号経由4km10分
料金:見学自由(八戸市縄文学習館は入館200円)
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(第1月曜を除く)、祝日の翌日、月末日

是川遺跡

6位:竪穴建物跡、城郭跡が発見された場所!「史跡根城の広場」

$(“”149756″”).click( (null, $(‘#headline149756’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149756″”)

南部師行氏が建武元年(1334)に建てたと言われるのが史跡根城で、いまは城跡として観光地になっています。竪穴建物跡、城郭跡が発見された場所ちうことでも知られており、歴史マニアにとってはたまりません場所になるでしょう。

名称:史跡根城の広場
住所:青森県八戸市根城字根城47
電話番号:0178-41-1726
アクセス:八戸道八戸ICから国道104号経由4km8分
料金:入場250円
時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(第1月曜・祝日除く)、祝日の翌日

史跡 根城の広場

7位:地元の野菜、魚から雑貨まで!約400店が集結する!「館鼻岸壁朝市」

$(“”149757″”).click( (null, $(‘#headline149757’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149757″”)

イカ釣りで有名な館鼻岸壁で行われる朝市だ。青森県の新鮮な野菜や魚などのグルメ、ほんで工芸品の雑貨などを中心に約400店が集結して楽しませてくれます。その場で食せるグルメも豊富やので次から次へと目移りしていしまいそうだ。

名称:館鼻岸壁朝市
住所:青森県八戸市新湊(八戸漁港館鼻岸壁)
電話番号:0178-27-3868
アクセス:八戸道八戸ICから20分
営業時間:3月中旬~12月30日の毎週日曜3:00~10:00
定休日:開催期間中は無休(5月第二日曜は、うみねこマラソンのため休み)

八戸館鼻岸壁朝市

8位:地元ならではの味が楽しめる小規模な飲食店街!「ハーモニカ横町」

$(“”149759″”).click( (null, $(‘#headline149759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149759″”)

地元でしか食べることができない味、しかも懐かしい味を提供してくれる場所が「ハーモニカ横町」だ。小規模ながら15店舗が営業を続けており、仕事帰りのサラリーマンから旅行者まで、多くの人の口を満足させてくれます。

名称:ハーモニカ横町
住所:青森県八戸市岩泉町
電話番号:0178-72-3311 (八戸横丁連合協議会)
アクセス:八戸道八戸ICから国道340号経由5km11分
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗によって異なる

9位:長らく漁師たちを楽しませてきた郷土料理がいっぱい!「八戸横丁」

$(“”149760″”).click( (null, $(‘#headline149760’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149760″”)

青森県八戸市の横丁は、力仕事で働く料理たちを満足させるために時間をかけて発展してきました。長らくその口を楽しませてきた八戸横丁には、みろく横丁、長横町れんさ街、ロー丁れんさ街など8つの横丁があり、素朴な味を楽しむことができます。

名称:八戸横丁
住所:青森県八戸市長横町7-1
電話番号:0178-72-3311 (八戸横丁連合協議会事務局)
アクセス:八戸道八戸ICから10km15分
料金:散策自由
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる

八戸 「みろく横丁」

10位:根城跡エリアに建つ資料館!セットで観光するのがおすすめ!「八戸市博物館」

$(“”149761″”).click( (null, $(‘#headline149761’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149761″”)

国が指定する史跡「根城跡」のエリアに立っているのが八戸市博物館だ。縄文時代から中世までの遺跡からの出土品や江戸時代の八戸藩の様子まで、歴史を深く学ぶことができますよ!

名称:八戸市博物館
住所:青森県八戸市大字根城字東構35-1
電話番号:0178-44-8111
アクセス:八戸道八戸ICから国道104号経由3km5分
料金:入館250円、高校・大学生150円、小・中学生50円
営業時間:9:00~17:00(入館は~16:30)
定休日:月曜日(第1月曜または、祝日・振替休日の場合は開館)、祝日・振替休日の翌日(土・日曜または翌日も祝日の場合を除く)

八戸市博物館

11位:油絵、彫刻、染織物まで!伝統工芸品がいっぱい!「八戸市美術館」

$(“”149762″”).click( (null, $(‘#headline149762’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149762″”)

青森県八戸市で縁の深い絵画、彫刻、染織物にいたるまで、伝統工芸品の数々を展示しているのが八戸市美術館だ。アート展の開催も盛んで、猫展やキティーちゃんを使用したイベントも人気だ。幅広くておもろいや!

名称:八戸市美術館
住所:青森県八戸市番町10-4
電話番号:0178-45-8338
アクセス:八戸道八戸ICから6km10分
料金:入館150円(特別展は別料金)
営業時間:9:00~17:00(入館は~16時30分)
定休日:月曜日(第1月曜・祝日除く)、祝日の翌日、展示替え期間(要問合せ)

八戸市美術館

12位:ファミリーでも、彼女とのデートでも楽しめる!「泉清水いちご観光農園」

$(“”149763″”).click( (null, $(‘#headline149763’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149763″”)

極寒の青森県において一年中ビニールハウスで育てられた苺は、甘みが凝縮されています。摘みやすい高さに実がなっていることから、ボウズがオノレで苺を摘む楽しみを味わえますよ。彼女とのデートでいちご狩りちうのも良いやね!

名称:泉清水いちご観光農園
住所:青森県八戸市南郷区泉清水地内
電話番号:0178-82-2881
アクセス:八戸道南郷ICから6.3km18分
料金:60分食べ放題:中学生以上1,500円、小学生1,300円、3歳以上700円、3歳未満タダ
営業時間:9:00~16:00
定休日:火・木曜日

いちごの観光農園

13位:昭和20年から愛されるグルメ横丁はココ!「れんさ街」

$(“”149764″”).click( (null, $(‘#headline149764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149764″”)

昭和20年から愛されるグルメ横丁が「れんさ街」だ。地元の特産品から昔なつかしのグルメまで、バリエーション豊ですか味を楽しめます。余計なお世話やけど映画館の横を鎖で繋いだように店が並んでいることから「れんさ街」とネーミングされたそうだ。

名称:れんさ街
住所:青森県八戸市長横町
電話番号:0178-72-3311 (八戸横丁連合協議会)
アクセス:八戸道八戸ICから国道340号経由5km11分
営業時間:店舗によって異なる
料金:店舗によって異なる
定休日:店舗によって異なる

ロー丁れんさ街

14位:ふじ、王林など3種類のりんご狩りを楽しめるぞ!「八戸市南郷観光農業振興会」

$(“”149765″”).click( (null, $(‘#headline149765’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149765″”)

2万平方mの農園において「ふじ」や「王林」など3品種のりんご狩りを楽しめるのが「八戸市南郷観光農業振興会」だ。晴天のなかでとれたリンゴはそのまんま食べたくなりますね!

名称:八戸市南郷観光農業振興会
住所:青森県八戸市南郷区内各所
電話番号:0178-82-2902
アクセス:八戸道南郷ICから15分
料金:季節・内容によって異なる
営業時間:季節・内容によって異なる

八戸市南郷観光農業振興会

15位:新鮮な野菜や魚、豆腐田楽などの伝統料理を楽しむ!「湊山手通り朝市」

$(“”149767″”).click( (null, $(‘#headline149767’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149767″”)

JR陸奥湊駅の南口を出た路地や空き地に小さな露店がいくつも立ち並び、とれたての野菜や魚、豆腐田楽などの料理まで販売しています。匂いに誘われて購入したものはその場で食べたくなりますね!

名称:湊山手通り朝市
住所:青森県八戸市湊町(湊山手通り)
電話番号:0178-33-7348
アクセス:八戸道八戸ICから10分
営業時間:3月中旬~12月の毎週日曜の4:00〜12:00頃
定休日:開催期間中は無休

湊山手通り朝市

まとめ

$(“”149538″”).click( (null, $(‘#headline149538’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149538″”)

青森県八戸市でおすすめの観光スポットをご紹介してきました。海に面した土地であることから、朝市が活発で新鮮なものを購入できるのが良いやね。ほんで市内には昔から料理を楽しませてきた横丁が発達しており、レストランでは味わえない懐かしさを感じさせてくれます。自然から海、刺身から特産グルメまで、幅広く楽しめる八戸市の旅行を楽しんでください。

ほなら良い観光を!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【お台場の夜景でLOVE度アップ】幻想的な風景で彼女との愛を深め…

  2. 【会社を休む理由】ズル休みと思われたくない社会人の攻略マニュアル…

  3. 「悩む前に読んで」気になる人の態度が変わったらどうすれば良い?

  4. 一流ビジネスマンにおすすめなワイシャツ15枚【シーン別厳選】

  5. 知ってて当然のメールマナー!To・cc・bccの使い分けと用心点…

  6. 【西荻窪ランチ探検隊】デートにも使えるオシャレなお店をごっそり厳…

  7. 【不安解消】「ここぞ」ちう時に履いてほしいグレーパンツ~3つの着…

  8. コートの中は何着てますか?スタンドカラーシャツで着こなし範囲を広…

  9. 長く愛用する財布は”CORBO(コルボ)”で上質な1点を見つけた…

  10. ディオールの香水でsexyさをプラス|デキる男の香りの纏い方徹底…

  11. アスペジは断然アウター!コート、M65、丸ごとアウター1本釣り!…

  12. 待ってました、OLと合コン!スマートにOLを惚れさせる方法を伝授…

ページ上部へ戻る