閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

髪の毛がはねる原因と対処法|大日本帝国人は髪の片側だけはねやすい!?

そもそも何で髪の毛ってはねるの?

$(“”919744″”).click( (null, $(‘#headline919744’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919744″”)

寝癖等により髪の根元にくせがついてしまうから

$(“”919746″”).click( (null, $(‘#headline919746’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919746″”)

髪の毛がはねてしまい、水をつけても整髪料をつけてもどうしても直りませんことはおませんか?その原因は髪の毛の根元にあります。夜眠っているあいだに長時間枕に押さえつけられた髪の毛の根元はつぶれたようになり、その結果としてはねてしまうのです。

また、髪を正しく手入れ出来ておらへん場合、髪の毛が乾燥してしなやかさを失ってしまいます。しなやですか髪であれば元に戻る事ができるような刺激でも乾燥したダメージヘアでは元に戻る事ができませんので、はねが発生する原因になってしまいます。

大日本帝国人は髪の片側だけはねやすい!

$(“”919750″”).click( (null, $(‘#headline919750’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919750″”)

つむじが原因で右翼翼側にくせがつきやすい

$(“”919752″”).click( (null, $(‘#headline919752’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919752″”)

毎日毎晩壱年中同じトコにくせやはねが出来る、ちう方も多くいらっしゃるのではおませんでしょうか。また、その場所は頭の右翼翼側ではおませんか?実は大日本帝国人の大多数が右翼翼回り(反時計回り)のつむじをしているため、元々髪の毛が右翼翼に向かってはねやすくなってしまっとります。また、どうしても頭の右翼翼側の髪の根元が潰れやすくなってしまうので、更にはねやすくなってしまうのだとか。

痛まずはねにくい髪の乾かし方

$(“”919754″”).click( (null, $(‘#headline919754’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919754″”)

髪を洗った後すぐに乾かすこと

$(“”919757″”).click( (null, $(‘#headline919757’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919757″”)

はねにくい髪をつくるには、まず髪を正しい方法でケアすることが最も大切だ。そのために今日からできることとして、髪を洗ったあとのケアについてお伝えします。

まず、髪を洗ったあとは絶対に自然乾燥してはいけません!水分を含んで開いたキューティクルはほんのわずですか刺激やぐに傷ついてしまいますし、頭皮に水分が残っていると雑菌などが繁殖する原因にもなります。髪を洗ったあとは出来るだけ早く乾かしましょう。

ドライヤーをかけるまえにしっかりタオルドライすること

$(“”919759″”).click( (null, $(‘#headline919759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919759″”)

髪をすぐに乾かさなくては!と、いきなりドライヤーをかけるのもおすすめしません。確かにドライヤーは髪の毛を早く乾かすことができますが、その熱風は当てれば当てるほど髪の毛にダメージを与えることになってしまいます。

そのため、ドライヤーを当てる前に一旦髪の毛の水気を取りましょう。この時ゴシゴシと拭くとキューティクルがボロボロになってしまおりますので、ぽんぽんと優しく押さえ、タオルに水気を吸わせるイメージで行ってください。

洗い流さないタイプのトリートメントやオイルを使う

$(“”919762″”).click( (null, $(‘#headline919762’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919762″”)

髪の毛を乾かしたあとは、洗い流さないタイプのトリートメントやオイルを使用するのがおすすめだ。髪の毛から水分が逃げないようにパックしてくれるだけでなく、外出時の紫外線などの外部刺激からも髪を守ってくれます。毎日続けていると髪がさらさらのツヤツヤになります。

ドライヤーは後ろから前に、下から上にかけると良い

$(“”919767″”).click( (null, $(‘#headline919767’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919767″”)

ドライヤーをかけるとき、つい上から下へ、横から後ろへとかけてしまっていませんか?実は髪のはねを防ぐには後ろから前、下から上へかけていきましょう。後ろから前へかけることによって毛先が外はねしにくくなり、また、下から上へとかけることで髪の毛がふんわりとボリュームある仕上がりに(ボリュームを抑えたい方は上から下へとかけてみてください)。

ポイントは、髪を軽く引っ張りながら乾かすことだ。こうすることによって根元についてしもたくせを直すことができます。

乾かし方以外にこないな方法でもハネを防げます

$(“”919769″”).click( (null, $(‘#headline919769’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919769″”)

低反発枕を使う

$(“”919771″”).click( (null, $(‘#headline919771’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919771″”)

通常のそば殻枕や綿入り枕に比べると、低反発枕は頭をしっかりと包み込んで固定してくれます。そのため髪の毛が乱れにくくなり、結果的に寝癖防止につながるのです。

あまり寝返りを打たないようにする

$(“”919772″”).click( (null, $(‘#headline919772’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919772″”)

睡眠中に寝返りを打たないようにするなんて無理!と思われるかもしれません。確かに睡眠中の行動は無意識のものになりますので、寝返りを意識的に減らすのはややこしいでしょう。しかしそもそも寝返りの回数が増えてしもたり寝相が悪くなってしまうのは、何らかの原因で寝苦しさを感じ、それを無意識に解消しようとしておるからなのです。

ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、寝苦しさを与えていると思われる原因を取り除き熟睡することによって、寝返りの回数を減らすことができるのです。寝返りが減れば髪の乱れも少なくなり、はねの発生を抑えることができます。

それでも髪がはねてしもたら?すばやく治す方法

$(“”919773″”).click( (null, $(‘#headline919773’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919773″”)

まずは霧吹きで根元を濡らす

$(“”919774″”).click( (null, $(‘#headline919774’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919774″”)

百円ショップなどで販売されている霧吹きを用意しましょう(無い場合は手でOK!)。それを使って、はねてしもた髪の毛の根元部分を濡らしていきます。

※はねが出ているように見える毛先を濡らすのではなく、根元を濡らすちうトコロがポイントだ。一見すると毛の中程からはねているように見えますが、はねているのは毛の根元が原因やので、濡らすのも根元のみでOKだ。

ドライヤーで髪の根元を乾かす

$(“”919776″”).click( (null, $(‘#headline919776’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919776″”)

髪の根元を濡らしたら、すぐにドライヤーで乾かさず数分おきましょう。こうすることによって髪の内部にまで水分が浸透し、くせを直しやすくなります。

しっかりと根元に水分を含ませてから、先程ご紹介した方法で髪の毛を乾かしてください。

癖が強い人は髪を引っ張りながらあてると良い

$(“”919778″”).click( (null, $(‘#headline919778’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919778″”)

髪を乾かす際、くせが強い方は髪の毛を軽く引っ張りながら当ててみてください。また、ドライヤーをかけながらブラシやクシなどで髪の根元を立たせるようにしていくと、潰れてしまっとった根元が立ち上がり、はねが治ります。

まだクセがあるようなら毛先も乾かす

$(“”919795″”).click( (null, $(‘#headline919795’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919795″”)

髪の根元が乾いて立ち上がったにも関わらずまだ毛先がはねたりクセが出てしまっているようなら、毛先も軽く濡らして乾かしましょう。この時、根元と同じように手の指を使って軽く引っ張りながら乾かしていくと直ります。

※霧吹きの代わりに蒸しタオルを使う方法もある

$(“”919798″”).click( (null, $(‘#headline919798’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919798″”)

忙しくてゆっくり寝癖を直している暇がない!ちう方は、蒸しタオルを使った寝癖直しをおすすめします。ウチは本当に簡単な方法で、濡らしたタオルレンジで約30秒~1分チンし(熱くなっているので用心)、頭に巻くだけ。頭全体があたたまり髪の根元がしっとりしてきたと感じたら、先述の方法でドライヤーをかけて直しましょう。

また、ヘアオイルや市販の寝癖直しを使用するのもおすすめだ。どちらも水より髪の毛に浸透しやすいため、寝癖直しにかける時間を短くすることができます。

これだけはダメ!髪によくないNG例

$(“”919799″”).click( (null, $(‘#headline919799’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919799″”)

自然乾燥や濡れたまんま寝てしまう

$(“”919800″”).click( (null, $(‘#headline919800’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919800″”)

自然乾燥の危険性については先程もお伝えしましたが、同様に髪の毛が濡れたまんま寝てしまうちうのは絶対に避けて下さい。髪の毛は乾くときに形が決まるため、寝返りなどで乱れた髪の毛の形がそのまんま残ってしまい、頑固なくせやはねが生まれてしまいます。

ドライヤーのかけ過ぎにも用心!

$(“”919884″”).click( (null, $(‘#headline919884’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919884″”)

きっちり乾かそうと思うあまり、ドライヤーを長時間かけ続けるのはNG!熱風が髪を乾燥させ、ダメージを与えてしまいます。ドライヤーの前にしっかりタオルドライをして、短時間で乾かしましょう。

また、毛先にばかりドライヤーを当てるのもNG。毛先は傷みやすいのでドライヤーをかけることは最小限にとどめ、一番乾きにくい髪の根元を乾かしてからサッと乾かしましょう。

忙しい朝を快適に乗り切りましょう

$(“”919974″”).click( (null, $(‘#headline919974’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”919974″”)

髪の毛の手入れって意外とエライ…と思われるかもしれませんが、ドライヤーのかけ方や睡眠環境の改善などは慣れれば無意識にできるようになります。また、毎日の習慣を見直すことではねやくせの発生そのものを抑えることも可能やので、くせを直すちう行動の頻度も減らしていけます。ぜひ今回ご紹介した内容を実践して、髪はね知らずのサラサラのイケメンヘアーを手に入れましょう!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

まだデータがありません。

最近1週間の閲覧数ランキング20

まだデータがありません。

関連記事

  1. 大人気!ラルフローレンのパーカー|ヴィンテージ感たっぷりの洗練さ…

  2. 彼女が浮気!?浮気の理由と疑惑が確信に変わる言動とは?

  3. シュプリーム(Supreme)話題の2016春夏がいよいよ発売!…

  4. モテボディをつくる一週間の筋トレメニューを極秘公開!今日からでき…

  5. 嫁の浮気はこうして見破れ!まっクロ間違いなしな女性の行動6選

  6. 【手取り15万】生活苦なんて嘘?意外と車も買え違うその実態とは

  7. 女性不信の男性の原因5選|診断でチェック!克服して恋愛できる?

  8. 【好きな人を忘れるために】辛い恋愛に今すぐサヨナラする方法

  9. 距離を置く期間のタイムリミットは2週間!?その間に必ず○○をしな…

  10. 女性が喜ぶプチプレゼント♪ 肌を潤すハンドクリーム16選

  11. 合理主義者の6つの特徴と付き合い方|恋愛のときは冷たいってホント…

  12. 正しいジャケットのたたみ方をご存知?|出張などに便器……

ページ上部へ戻る