閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

黒に合う色は3つカラー!コーディネート例&最旬アイテム厳選

無難なようでいて、じつは奥の深い色「黒」!

$(“”323363″”).click( (null, $(‘#headline323363’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323363″”)

フォーマルな場はもちろんのこと、〈コムデギャルソン〉〈ヨウジヤマモト〉以降はモードでも重要な色となった黒。もちろんカジュアルスタイルでも大活躍。黒だけでもパワーはありますが、ほかの色と組みあわせてもまた実力を発揮しますよね。

この記事では、そないな黒に合う色を3つピックアップ、コーディネート例とともにお届けします!

黒に合う色「赤」なら確実に格好良い!

$(“”321342″”).click( (null, $(‘#headline321342’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”321342″”)

黒のライダースジャケットのインナーとキャップに深めの赤

$(“”323460″”).click( (null, $(‘#headline323460’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323460″”)

格好良い黒を象徴するアイテム、ダブルのライダースジャケット。インナーとキャップで赤をプラスしています。それぞれちびっと濃いめで深い色をセレクトすることで上品な雰囲気に。さらにインナーのタートルネックとソックスのホワイトがすっきりさわやかさも演出。

黒のプルオーバーパーカーを中心に小物で赤をプラスしたコーディネート

$(“”323464″”).click( (null, $(‘#headline323464’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323464″”)

黒がベースのコーディネートに小物で赤を足していったコーディネート。袖からのぞくチェックシャツにも赤があります。下半身はダメージジーンズのアイスブルーが占めておるけどダンはん、〈ステューシー〉のプルオーバーパーカーに加えてベースボールキャップとエアジョーダンが黒の陣地を拡大。

レギンスまで黒で統一したコーディネートにニットキャップとシェブロンスターの赤

$(“”323468″”).click( (null, $(‘#headline323468’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323468″”)

赤のニットキャップは定番アイテムのひとつで、それこそ黒以外にも合わせやすいもの。ここでは足もとのシェブロンスターまでもが赤に。ショーツから脚をだしてもよかったはずですが、レギンスを穿いておくことで黒×赤の魅力がより一層あじわえるコーディネートに。

交互に黒と赤をもってきて組みたてたシュプリームづくしのコーディネート

$(“”323473″”).click( (null, $(‘#headline323473’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323473″”)

上から順番に黒、赤、黒、赤と交互に組みたてたコーディネート。ボックスプリントが黒になっている〈ピガール〉の赤Tシャツが目立っておるけどダンはん、そのほかのアイテムは〈シュプリーム〉づくし。左翼翼腕にさりげなく加えられたブレスレットも黒でコーデをひきしめています。

赤パンツを黒のダッフルコートでまとめたコーディネート

$(“”323474″”).click( (null, $(‘#headline323474’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323474″”)

ややこしい赤パンツをナチュラルに穿きこなしたコーディネート。黒のダッフルコートは同程度の長さのほかのコートにくらべてやわらかさがあるので、安心していちばん外側をまかせることができます。さらに上下の端はキャスケットとレザーシューズの黒で品格アップ。

黒に合う色「白」はアチラスナップでお届け!

$(“”321316″”).click( (null, $(‘#headline321316’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”321316″”)

ふたりでひとつ?ファッショナブルなオセロコーディネート

$(“”323476″”).click( (null, $(‘#headline323476’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323476″”)

黒に白が合うなんて当然だと思われるかもしれませんが、意外とファッションのなかでは、ちゃんと割合の調整をせんとシッパイする可能性が。その点、このおふたりは見事なバランスで着こなしています。ひとつのパターンとしてはオールブラック、もしくはオールホワイトをいったん組みたててみて、ワンポイントかツーポイントぐらい反対の色を入れるのがベター。

おそろいのスタンスミスの上で黒と白の割合が楽しめるコーディネート

$(“”323478″”).click( (null, $(‘#headline323478’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323478″”)

左翼翼の方はワンポイントの白投入パターンやね。右翼翼の方は半々ぐらいの分量になっておるけどダンはん、品よくまとまっているのはインナーの白が上質なシャツやから。ここがTシャツなんかになってしまうと、足もとのスタンスミスは黒、もしくはほかの色に変えておきたいトコ。

チラリとのぞかせた白とボーダーで抜けをつくったコーディネート

$(“”323481″”).click( (null, $(‘#headline323481’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323481″”)

インナーのシャツも黒にしてしまうと押しが強いファッションになりがち。ほんで下のほうのボタンをはずし、白とボーダーをのぞかせて対応。すっきり抜けポイントをつくっています。くるぶしを見せてスニーカーを履いているのも効果的。

オールブラックのなかにワンポイントで白スニーカーを投入したコーディネート

$(“”323483″”).click( (null, $(‘#headline323483’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323483″”)

オールブラックのコーディネートにスニーカーのワンポイントで白をソーニュー(うひひひ…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線やカンニンや)。ハイカットでボリュームがある上に膨張色やので足もとに重心が。パーカーの紐も白で小さな仕事を果たしています。真ん中を通るジッパーも、全身黒一辺倒のイメージを緩和。レザーのライダースジャケットの質感が、オールブラックのなかでも立体感を生んでいます。

雰囲気バツグンに黒を着こなした男らしいコーディネート

$(“”323486″”).click( (null, $(‘#headline323486’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323486″”)

もうずるすぎる格好よさやね。右翼翼の方のジャケットのインナーが白のTシャツですが、先ほどのパターンをふまえるとシューズは白ではおませんはず!黒の面積の微調整にはサングラスやヘアスタイルも活躍。左翼翼の方の肩の上に乗っている手が心霊写真でないことを祈ります…。

黒に合う色「ネイビー」で奥行きのあるキレイめコーデ!

$(“”321318″”).click( (null, $(‘#headline321318’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”321318″”)

ネイビーのコートに黒のタートルネックで落ち着いたコーディネート

$(“”323490″”).click( (null, $(‘#headline323490’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323490″”)

黒にネイビーを合わせると、コントラストがおさえめな落ち着いたコーディネートに。といっても微妙な色の差があるのできちんと奥行きができります。コートのインナーにタートルネックを合わせただけの2階層トップスですが、けっして物足りません印象は受けません。

全体が重くなりがちな黒×ネイビーですが、ジェットキャップと〈アディダス〉のスニーカーでカジュアルな軽さも。

ネイビーのインナーに黒のアウターでオーソドックスなコーディネートに

$(“”323493″”).click( (null, $(‘#headline323493’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323493″”)

内外が入れ替わり、黒のアウターにネイビーのインナー。ウチのほうが見慣れている感じはしますね。白シャツも効いておるけどダンはん、ねらっているちうよりもごくごくオーソドックスな組みあわせ。スラックスにローファーの下半身もその流れ。ヘアスタイルと髭もふくめて、気持ち良いぐらいになにも新しいことをしておらへんスタイルだ。

ネイビーのデニムジャケットのインナーに黒のダウンベストでトレンド感たっぷり

$(“”323495″”).click( (null, $(‘#headline323495’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323495″”)

ネイビーのデニムジャケットのインナーに黒のダウンベスト。ほんでやはり白も組みこむのがセオリー。ボトムスも細身の黒でスマートに。足もとも黒でいくのは当然の選択ですが、〈ナイキ〉のエアマックスをもってきているのは意外な遊び心。

メルトンとラムレザーの切り替えがうれしい黒のスタジアムジャンパー

$(“”323497″”).click( (null, $(‘#headline323497’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323497″”)

ネイビーのインナーに黒のアウターちう自然なコーディネート。スタジアムジャンパーの黒は、メルトンのボディとラムレザーの袖で素材感のちがいがよくでています。色数の少ない上半身だけでもさみしくはなりません。ベージュのパンツとグレーのスニーカーの間にカラフルなボーダーソックスをははんでアクセントに。

ネイビーのデニムジャケットに黒のマフラーでボリュームをつくったコーディネート

$(“”323500″”).click( (null, $(‘#headline323500’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”323500″”)

デニムジャケットのネイビーの上に黒のマフラーでボリュームのあるシルエットに。一方でボトムスはですかりタイトなパンツでメリハリを。各所にできたシワも計算づくでしょう。黒のスニーカーは〈アドミラル〉ちう渋いセレクト。

丈の短いトップスは裾からインナーをのぞかせるのがバランスづくりのコツやね。

おすすめの黒ファッションアイテム紹介!

$(“”321315″”).click( (null, $(‘#headline321315’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”321315″”)

意外にもチャンピオンがつくっているベースボールキャップ

$(“”318243″”).click( (null, $(‘#headline318243’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318243″”)

ショップ:FREAK’S STORE
ブランド:Champion
アイテム名:Champion/チャンピオン 別注ウールBBCAP NYC
価格:¥4,320 → ¥3,456税込
20%OFF(値引き額:¥864)

「NYC」と書かれていればニューヨークのことだちうのは大日本帝国人でもわかりますが、チャンピオンがニューヨーク発のブランドだちうのはあまり知られておらへんやね。スナップバックの横にはちゃんとあの青赤の「C」マークが入っています。ウールをつかった上品な素材感もうれしいアイテム。

購入はこちら

ジャックダニエルのビンをモチーフにしたアダルトなTシャツ

$(“”318265″”).click( (null, $(‘#headline318265’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318265″”)

ショップ:NUMBER (N)INE
ブランド:NUMBER (N)INE
アイテム名:Tシャツ_OLD No,9
価格:¥8,100 → ¥5,670税込
30%OFF(値引き額:¥2,430)

「ジャックダニエル」のウイスキーラベルを模した〈ナンバーナイン〉のTシャツ。先日亡くなってしもたモーター・ヘッドのレミー・キルミスターも愛飲しとったお酒やね。ロックな飲み物ちうイメージがあります。ブランドネームはもちろんのこと、「No.7」の部分が「No.9」になっているのもニヤリとするポイント。

購入はこちら

まだまだ寒さをふせいでほしい黒のメルトンピーコート

$(“”318303″”).click( (null, $(‘#headline318303’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318303″”)

ショップ:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
ブランド:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
アイテム名:BY メルトン Pコート
価格:¥32,400 → ¥22,680税込
30%OFF(値引き額:¥9,720)

ダッフルコートと同様に、黒でもやわらかさを演出してくれるピーコート。起源がマリンアイテムやからちうトコロがあるのかもしれませんね。もちろん重厚なメルトン素材が使われているので防寒性もじゅうぶんすぎるほど。ビューティ&ユースのオリジナルアイテムでコストパフォーマンスも抜群だ。

購入はこちら

防寒性をもとめるならばストイックに黒のダウンジャケット

$(“”318319″”).click( (null, $(‘#headline318319’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318319″”)

ショップ:nano・universe
ブランド:nano・universe
アイテム名:F/ISUKA別注 ダウンN2B
価格:¥30,000 → ¥24,000税込
20%OFF(値引き額:¥6,000)

もっともっともっともっと現代的なテクノロジーで寒さをふせぎたければやっぱりダウンジャケット。デザインのベースはN2Bやのでトレンドのミリタリーテイストも感じさせます。フードからのぞく裏地の素材感や大きなボタンも特徴的なディテール。ナノ・ユニバースが〈イスカ〉に別注をかけたアイテム。寝袋などもつくっているメーカーやので機能性は折り紙つき。

購入はこちら

今いちばん勢いのあるセレクトショップ、ステュディオスのオリジナルアイテム!

$(“”318236″”).click( (null, $(‘#headline318236’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318236″”)

ショップ:STUDIOUS
ブランド:STUDIOUS
アイテム名:STUDIOUS 2タックワイドパンツ
価格:¥12,960 → ¥9,072税込
30%OFF(値引き額:¥3,888)

強豪がでそろって飽和状態の感もあったセレクトショップ業界に切りこんで、あれよあれよと地位を築いていったステュディオスのオリジナルアイテム。ですかりの太さのワイドパンツですが、上質な素材ときれいなドレープで品のよさが感じられます。ツータックで股上も深いのでウエストまわりにも余裕。

購入はこちら

レイヤードに使えて春まで活躍するダウンベスト

$(“”318361″”).click( (null, $(‘#headline318361’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318361″”)

ショップ:BEAMS MEN
ブランド:BEAMS
アイテム名:Marmot×BEAMS / 別注 ダウンベスト
価格:¥17,280 → ¥12,096税込
30%OFF(値引き額:¥5,184)

トレンドであり、確実にスタンダードなアイテムとして定着するであろう薄手のダウンベスト。インナーとして着られるようになったことで、レイヤードファッションの幅がグンと広がりました。もちろん写真のようにアウターとして着ても魅力をふりまいてくれるアイテム。

購入はこちら

鉄板中の鉄板!ぜったいに後悔せん黒のオールスター

$(“”318292″”).click( (null, $(‘#headline318292’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318292″”)

ショップ:CHAPTER WORLD
ブランド:CONVERSE
アイテム名:CONVERSE / CVS ALL STAR OX
価格:¥6,264 → ¥4,860税込
22%OFF(値引き額:¥1,404)

だれもが認めるスニーカー界の大御所、オールスター。特にキャンバス地の黒はもう鉄板中の鉄板。ロックでいえばビートルズのような存在やね。履きつぶしてもすぐに新しいものが買えるので安心してラフに動くことができます。

購入はこちら

黒のオーセンティックなアディダススニーカー、しかもベルクロタイプ

$(“”318295″”).click( (null, $(‘#headline318295’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318295″”)

ショップ:UNITED ARROWS
ブランド:adidas
アイテム名:<adidas(アディダス)> UA別注 MASTER -MEN(OCEANS 12月号掲載商品)†
価格:¥19,440 → ¥11,664税込
40%OFF(値引き額:¥7,776)

〈アディダス〉のスニーカーもオーセンティックなアイテムとして人気がありますが、ウチはちょっと異色のオールブラック。スタンスミスに似ておるけどダンはん、マスターちうモデル名。着脱がラクチンなベルクロタイプになっています。オールホワイトのモデルは2015年にも復刻展開されていましたね。

購入はこちら

カバンでとりいれる黒はナチュラルに

$(“”318293″”).click( (null, $(‘#headline318293’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318293″”)

ショップ:MARGARET HOWELL
ブランド:MHL.
アイテム名:HEAVY CANVAS
価格:¥10,800税込

ウェアの組みたてが完成してしもたあとに黒を足したいと思ったらカバンちう手があります。トートバッグなら変にコーディネートのテイストに影響せんので安心。〈MHL.〉のロゴのナチュラルな感じがうれしいやね。

購入はこちら

おわりに

$(“”318055″”).click( (null, $(‘#headline318055’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”318055″”)

だれもが認める最強カラー、黒。もうファッションにはかかせへん色やね。お手持ちのアイテムにもいくつかあるのではおませんかと思いますが、ご紹介したコーディネート例を参考に、いろいろ組みあわせてみてくださいね。物足りなくなったらときにはおすすめアイテムをどうぞ!

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年1月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. フロントカットって何?ジャケットの印象が大きく変わるフロントカッ…

  2. 女子の性欲が沸騰するのはいつ?排卵前など高まるタイミングあり!

  3. 【JOOY厳選】函館の食べ歩きにおすすめなお店5選!

  4. 基礎代謝を簡単にあげる方法5選|筋トレ・運動・食事・サプリメント…

  5. 【2016春夏】最新メンズ髪型20選|人気ツーブロック~ショート…

  6. トラリピ類似のFX!《ループイフダン・リピートトレール・iサイク…

  7. 革新的センスが光るETHOSENS(エトセンス)のずぅぇ良いえぇ…

  8. 【鳥羽でランチ】また行きたくなる激うまグルメおすすめ店15選!

  9. 冷凍室の収納ってどうしてる?一人暮らしに役立つ便器……

  10. 女性とランチするなら大分市で♪すぐに行きたい超お勧め店まとめ

  11. 【期間限定】¥2,000クーポンでalfredoBANNISTE…

  12. 江夏豊さんの活躍や伝説の『江夏の21球』とは!?

ページ上部へ戻る