閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

黒のメンズコーデは体をかっこよく引き締める!キメすぎない黒コーデ5選!

黒コーデのメリット&デメリットとは!?

$(“”151885″”).click( (null, $(‘#headline151885’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”151885″”)

黒のファッションコーデは男性をドレスアップし、スマートに飾ります。一方気をつけるべきなのはオノレの意に反して堅くなりすぎたり、個性を殺してしまって印象が薄くなってしまう事かもしれません。

みんなが使ってきた黒やからこそ、定番すぎて使い方がややこしい点がいくつかあります。
1、フォーマルウェアっぽくなってしまい、ウチ服なのに堅い雰囲気になってしまう。
2、全体的に暗くなってしまい、まるで喪服のようになってしまう。
3、定番すぎて、高価な服もやすっぽくなってしまう。

この3つの弱点を克服して、堅すぎず安っぽくもならへんバランスのとれたコーディネートにするため、上手に小物をプラスしていくことをおすすめします。

①黒一色コーデの弱点攻略、『メガネ』『帽子』でメリハリをつける

$(“”149464″”).click( (null, $(‘#headline149464’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149464″”)

視線を一か所に集めてメリハリを。まずはメガネをたしてみる

$(“”149938″”).click( (null, $(‘#headline149938’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149938″”)

全身黒色につつむのは、色の組み合わせを考える必要が無く楽な半面、ややこしいコーディネートだ。なんでやねんなら色が一色でまとまり過ぎてしまうからだ。視線のポイントになる部分がわかりにくく、全体的にぼやけてフォーマルすぎてしもたり、せやなかったら、まるっきし目を引く所のない安っぽく感じるファッションになってしまうわけだ。

黒一色などシンプルにまとめる時は、小物などをつかい、見る人の視線をどこに集めるかを考えるのがよいでしょう。てっとり早いのがメガネだ。視線を合わせるべきオノレの「目」を強調するだけで、黒の落着きを活かしながら印象的なファッションを創る事が出来るのです。

視線を上に集める場合は帽子、メガネ、ネックレス。でも付け過ぎには用心

$(“”152100″”).click( (null, $(‘#headline152100’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152100″”)

よりカジュアルでありながら落ち着いた雰囲気を出したい、でもメガネは普段使いませんちう人は、黒プラス帽子がお勧め。カジュアルなキャップ、ニット、スタイリッシュなハット、ハンチング、色々なスタイルを楽しめます。

小物自体も黒でまとめると、ある程度身につけても付け過ぎているような感じはしませんが、派手めな物をたくはんつけるのは用心が必要だ。ちびっと派手にしたい時でも色のトーンを抑えるか、きき色一色にする等した方がまとまりやすくなります。

視線を下に集める時は靴に個性を出す。

$(“”150095″”).click( (null, $(‘#headline150095’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150095″”)

足下をカジュアルにするのも簡単な崩し方だ。スニーカーやブーツでごつめのインパクトを出し、服は黒でまとめるとキメすぎる事無く黒コーデを楽しむ事ができます。

小物をつかって集めるべき場所に視線を集めれば、対象を引き立て、印象的に魅せる黒の特徴を100%引き出す事が出来るのです。

②黒コーデに一番合う「白」をテクスチャ効果で活かす『セーター』

$(“”137496″”).click( (null, $(‘#headline137496’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137496″”)

黒をベースにするならどんな色でも合おるけどダンはん、一番スマートに見えるコーディネートならなんといっても白色がおすすめだ。なんでやねんなら黒の質感を一番引き立てるのが白であり、また白の質感を一番引き立てるのが黒やからだ。

ややこしいのは白と黒の配分かもしれません。

テクスチャ効果で動きのあるモノトーンに

$(“”150506″”).click( (null, $(‘#headline150506’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150506″”)

単純に白の無地Tシャツと合わせるのは一般的ではあるものの、おすすめはしません。白と黒はフォーマルな印象を与えてしまうので場合によってはキメすぎてしまっているように見えるわけだ。どうしてもその組み合わせとなりそうな時は、最初に述べた通り、小物を合わせて視線を操作しましょう。白と黒のコーデなら、素材や柄で遊び心を出しましょう。テクスチャ効果はおしゃれ感をぐっとUPします。

シンプルなセーターやコートを合わせる時でも、織り方に特徴があるものは見え方が違います。柄でテクスチャ効果を出しているものよりは弱いものの、無地とは一味違う表現が可能になります。

黒色と白色の表現は柄を沢山つかっていても派手すぎにならへんちう特徴があります。ただ、テクスチャが大柄になるほど膨張効果が出てしまうので、服の一部だけが、柄になるようにする等、メリハリをつけながら使う事をお勧めします。

③黒とリミタリーアイテムでカジュアルをブラッシュアップ。

$(“”137504″”).click( (null, $(‘#headline137504’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137504″”)

黒色はリミタリ-アイテムとすごい相性の良い色だ。迷彩などにありがちな着太りなどを抑え、落ち着いたカジュアルをつくる事が出来ます。

また、黒一色の時よりも、リミタリ-等の膨張色を一部合わせる事で、視覚効果によりスマートさが増します。

迷彩柄にも種類がたくはんありますが、黒を含む物を選ぶと、その柄の大きさに関わらず、黒アイテムと合わせやすくなります。またリミタリ-でも迷彩ではなく、MA-1のうような丈の短いブルゾンなどに合わせる時はインナーとパンツを暗めに合わせるとバランスがとりやすくなります

黒とリミタリ―はスニーカーのカッコよさを活かす

$(“”151894″”).click( (null, $(‘#headline151894’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”151894″”)

この時印象的なスニーカーもマストアイテムだ。お気に入りのスニーカーを買ったら、家にある黒色インナーにリミタリ―アウターをあわせてよりかっこよくスニーカーを魅せましょう。

④カラーシャツやデニムと黒を合わせると色の深さを創りだす

$(“”137520″”).click( (null, $(‘#headline137520’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137520″”)

POPなカラ―シャツを大人ファッションにする

$(“”150507″”).click( (null, $(‘#headline150507’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150507″”)

エメラルドクリーンのPOPなシャツに、黒いテーラードジャケットの組み合わせは、黒の威圧感をおさえながらも暗すぎない、大人の落着きを取り入れたスタイルを完成させます。

本来色には白と黒両方の要素があり、隣り合う色に影響されて同じ色でも違って見える事が知られています黒を隣に配色すると、白を合わせた時よりも深みのある色に見えるのです。

毎日毎晩壱年中のカラーシャツやジーンズに黒いジャケットを足すだけで、落ち着いた、大人コーディネートができる。

優しい雰囲気を出したい時はテーラードジャケット、男らしい雰囲気を出したい時は革ジャンやエナメルなどのてかりのある素材を使うと同じインナーでもイメージをコントロールできます。

デニムは黒と合わせて深みを出す!

$(“”150508″”).click( (null, $(‘#headline150508’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150508″”)

また色に深みを出す効果から、デニム素材の色を最大に活かすのが黒アウターだ。

特に濃い藍色とは同系色になるので、鞄、靴などのアイテムを足す時にどんな色でも合わせやすくなる効果もあります。

シーンズに黒のテーラードジャケット、せやなかったら黒のパンツにデニムジャケット。これはアイテム同士を引き立て合う定番ファッションといえるでしょう。

黒とデニムのネイビーにはどんな色を合わせても大丈夫ですが、2015年ー2016年の秋冬は、黄色系やブラウンを多めに合わせるのがトレンドになります。

トレンチコート等も大人の魅力がUPするおすすめコーディネートだ。

インナーをブラウンにするのもおすすめ。ただ、シンプルなデザインのものは白を合わせる時とおなじように、視線をとこに集めるか用心しながら小物を上手に使ってください。

黒が他の色を引き立てるのはもちろん、黒自体も、他の色と合わさる事で、その引き締め効果や深い色合いを存分に発揮することができます。こうすることで全体的に質感の落ち着いたコーディネートになる。

⑤黒で遊ぶなら、素材を使い分けて1色足す

$(“”150086″”).click( (null, $(‘#headline150086’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150086″”)

ここまでは流行アイテムや定番ファッションを中心に紹介しましたが、ここからはより遊び心を意識しながら黒コーデを考えていきたいと思います。

一言で黒といっても、綿、ポリエステル、革、ニット等、素材によってまるっきし違う表情になります。色の反対色同士がお互いを引き立て合うように、まるっきしちがう素材同士も、隣同士に並べるとお互いの質感を強調し合う性質があります。

黒一色だけでこの素材の違いを強調した組み合わせをすると、場合によっては違和感となって、スタイルにばらついたような感じを醸し出す時があります。全体がまとまりにくくなる。ほんで、一色、さし色になる物を足す事で、最初に述べたような視線を一か所に集める効果により、全体にまとまりをもたせることができます。

とくに革ジャン、皮靴などの素材を使う時はさし色を使う事でキメすぎない優しい雰囲気をコーディネートにプラスすることができます。

まとめ「ハイライトする部分を意識して影をつくるのが黒」

$(“”152676″”).click( (null, $(‘#headline152676’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”152676″”)

いかがやったか?黒はシックで使いやすいだけでなく、他のカラーに負けないくらい楽しむことのできる素材だ。全身黒でまとめる時も、さし色に黒を使う時も、ハイライトする部分をコントーロルして素敵なコーディネートを楽しんでみてください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 仲良しカップルの秘密|セックスライフが上手くいけば大抵のことは無…

  2. ディッキーズのカーゴパンツを厳選紹介|鮮やですか色合い&特徴的な…

  3. どんなジャンルでも揃い ますわ!”原宿の古着屋”が人気のワケと大…

  4. 那覇観光で最高のランチを楽しもう!沖縄最旬グルメスポット20選

  5. ユニクロのスーツってどうなの?コスパ最強ブランドの勢いはハンパな…

  6. 大阪で人気のcoffeeショップ。バリスタのこだわりcoffee…

  7. 【お酒好き女子が語る】読めばワインの謎が解明!ワインの奥深き味わ…

  8. 今からでも遅くない、頭がよくなる方法5選!!

  9. 【麻布十番のお土産特集】買っておきたい超人気商品を厳選!

  10. 人気急上昇!グローバルワークのアイテム別最新コーディート!

  11. 【コスパ最強】ユニクロのストール&スヌード紹介&簡単オシャレな着…

  12. 【予算1000円】中野坂上ランチ|時間短縮できる旨い店24選

ページ上部へ戻る