閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

2015年おすすめダウンジャケット&世界の着こなし別メンズダウンコーデ!

【改めて理解する、ダウンジャケットとは?!】

$(“”128591″”).click( (null, $(‘#headline128591’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128591″”)

「ダウンジャケット」の魅力!

$(“”128590″”).click( (null, $(‘#headline128590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128590″”)

今年の冬のワードローブ・スタイルで大活躍してくれるアイテムがダウンジャケットだ。シンプルにもカジュアルからストリート、ミニマル、クラシカル、シックで綺麗目なスタイリングまで相性良く着こなす事が出来ます。ほんで一番の魅力は、暖かさを感じる事ができる防寒性だ。冬は、ダウンジャケットの下に何枚も洋服を着こなさなくても、シンプルにダウンジャケット1着あれば程よく快適に過ごす事が出来ます。また、耐久性にも優れている上、日々の手入れも手間が掛からんと、安定・安心して着こなす事が魅力だ。

ダウンジャケットは、普段づかいでも防寒性による機能的な面で活躍してくれますが、バイクや自転車などで受ける移動中の風も通しません。現在は、雨の日も防水加工がされているアイテムもみられているので、安心して着こなす事が出来ます。一見すると大きなシルエットで重量感がありそうなアイテムですが、着こなしてみると見た目とは反した軽さで、着用していても重さによるストレスを感じる事はおません。この様に、実用性からみても冬に一着あればエライ活躍してくれるアイテムではおませんでしょうか。

「ダウンジャケット」の特徴!

$(“”128589″”).click( (null, $(‘#headline128589’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128589″”)

ダウンジャケットの特徴の一つ目としては、キルティングの技法による段々としたステッチデザインだ。ふっくらと膨らんだ生地の内側には、フェザーが贅沢に詰めてあります。保温性の高い、上質なフェザーになればなるほど、軽量と共に防寒性を高めてくれる役割があります。フードが付いているものは更に首元まで暖めてくれ、取り外しできるものから、畳んで収納できるアイテムまで様々だ。また、近年見られているダウンジャケットの中には、機能性は変わりませんのに、コンパクトに折り畳んで保管できるアイテムもあります。普段の保管にもエライ便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利で、いざちう時に持ち運べる特徴も見られています。

「トレンドダウンジャケット」が人気の理由!?

$(“”128587″”).click( (null, $(‘#headline128587’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128587″”)

トレンドアイテムとしてダウンジャケットが人気の理由は、アイテムとして・個としての存在をファッションで表現できる点でもあるのではおませんでしょうか。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、ビッグシルエットにみるアウターの着こなしもその一つだ。大きなシルエットでアウターを着こなすことで、空気感やスタイルのアピールをより簡単にする事が出来ます。また、最近は立っていても、座っていても、動いていてもダウンジャケとによるストレスが感じられへん程のデザインになっています。これまでダウンジャケットの背景には動きずらいちう背景も少なからずあったと思います。技術の革新と共に、より機能的で便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利に進化しているのです。

デザイン面での人気の理由は他にも様々見られています。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、デザインの進化だ。世界中で毎年様々なファッションブランドがダウンジャケットのデザインに趣向を凝らしています。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、リバーシブルなダウンジャケットや、バイカラー、ミックス生地のデザインなど、デザインにおいての自由度はさらに幅が広がっています。ダウンジャケット以外のアイテムにおいても、ダウンジャケットをより魅力的に引き立ててくれるトレンドアイテムなどもあります。様々な要素・ポイントにおいてさらに人気度が加速しています。

【ダウンジャケットの選び方のコツ3選!】

$(“”128586″”).click( (null, $(‘#headline128586’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128586″”)

「ダウンジャケット」の選び方のコツ①:「生地感」

$(“”128585″”).click( (null, $(‘#headline128585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128585″”)

現在ではダウンジャケットの生地感も様々ですが、なんといっても「軽量感」を持った生地デザインが最近の主流だ。着ている事を感じさせへんような生地デザインが魅力的でもあります。外側は主に「ポリエステル」などの滑らかでさらさらとした肌ざわりの生地感が主流だ。その他にも、生地が丈夫でカジュアルなスタイルにも相性が良い「ナイロン系」や、シックで綺麗目なスタイルと相性が良い、毛質の「ウール」素材が使われているデザインが見られています。

ダウンジャケットのキルティング加工においては、フェザーが中に敷き詰められています。余談ではありますが、中にフェザー以外の素材が敷き詰められている場合は、一般的に「キルティングジャケット」と呼ばれています。基本的なフェザーの魅力としては、「軽く」、「柔らかく」、「防寒性があり」、「汗を逃がす」等の効果などがあります。その他にもダウンジャケットのフェザーには様々なフェザーの種類・効果があります。ダウンジャケットで有名なブランドのフェザーはそのどれもが最も高い品質を持っています。ダウンジャケットを選ぶ際は、どんなフェザーが使用されてあり、どの様な効果を持っておるかを必ずチェックする必要があります。

「ダウンジャケット」の選び方のコツ②:「色・デザイン」

$(“”128584″”).click( (null, $(‘#headline128584’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128584″”)

生地同様に、デザインや色も様々な趣向が凝らされてあります。一般的なデザインにおいては、無地系が主流だ。気軽に何にでも合わせる事ができるので、ワードローブですごい活躍します。次に、ブランドロゴがデザインされているアイテムだ。ブランドごとに特徴的な色やデザインが見られています。その他の表面的なデザインアイテムは一般的なアイテムで見ることは少ないだ。色に関しては、一色使いからバイカラーのデザインの物まであります。特徴的なのは、裏地の色まで拘っているアイテムなどだ。表は青ですが、裏はオレンジなど、リバーシブルとして着用できるアイテムも多くあります。

ダウンジャケットの中には様々なデザインダウンジャケットが見られています。Pコートタイプやポリエステル系ライダースタイプなど、クラシカルなアイテムとしてダウンジャケットを楽しめるアイテムも見られています。キルティングにみる中がフェザーのアイテムは、「ダウン」、「~ダウンジャケット」として見る事もできます。ますます様々なデザインや仕様になってきていて、今後も更なる改善・進化し続けていきます。

「ダウンジャケット」の選び方のコツ③:「サイズ感・シルエット」

$(“”128583″”).click( (null, $(‘#headline128583’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128583″”)

選ぶポイントの3つめに、袖を通して羽織ったときに分かる、「サイズ感・シルエット」だ。ダウンジャケットのサイズ感においては、まず着用してフィットするアイテムを基準に、どんなアイテムを重ねて着るかによっては、一つ大きいサイズ感のアイテムを選ぶ事も考慮する必要があります。丈に関しては、おおよそ腰辺りの丈感が一般的だ。選ぶ際のポイントとしては、キルティングの幅や大きさで着こなし方も大きく変わってきます。ステッチの幅が狭く小さい物においては、薄く柔らかいので、ジャケットのインナーに着る事も出来ます。ステッチの幅が広く大きい物においては、アウターとしての役割を果たしてくれます。

座ったり、直立の時は普通の丈感を持って着こなせるアイテムも、手を動かしたり身体を動かしたりすると、丈が妙に短く感じたりもします。選ぶさいにしっかりと試着をして、座ってみたり動いてみたりしていて窮屈ではおませんか、サイズ感は合っておるかなどをしっかり把握して選考することをお勧めいたします。上記画像のように、フードが付いているアイテムに関しては、どうしても上に縦長に見えてしまいます。そういった際は、インナーやパンツで下に重さのあるスタイル作りもポイントだ。フードの取り外し可能な物もあるので、その様な機能的な面に関してもチェックしておく必要があります。

今期のファッショントレンドにおいては、アウターオンアウターやインナーのレイヤースタイルなどが、アウターとの交差あるスタイリングとして、ポイントになってきます。アウターオンアウターとは、ジャケットの上にダウンジャケットを着たり、革ジャンの上にダウンジャケットを着るスタイルだ。一方、インナーのレイヤースタイルにおいては、ダウンジャケットの下に、シャツを入れて、シャツの下にトレーナー、トレナーの下に、ロングTシャツを着て、トレーナーの裾からTシャツの丈を出すといった様な、一番下に着用しているアイテムも前面に演出するようなスタイリングだ。その様な着こなしに適したサイズ感やシルエットづくりも考慮したいポイントだ。

【ダウンジャケットの着こなしの際のポイント・用心点!?】

$(“”128582″”).click( (null, $(‘#headline128582’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128582″”)

①着用せんと分かりません、軽さと機能性!

$(“”128581″”).click( (null, $(‘#headline128581’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128581″”)

ダウンジャケットを普段着ない人や、着用したいと思っていても重たそうでごわごわ感が気になるちう人も少なくはないのではおませんでしょうか。ですが、これまでにダウンジャケットのポイントを踏まえると、実際に着用してみると、ものすごく軽量でストレスを感じないちうアイテムも沢山あります。まずは、袖を通して着用してみる事で、着心地や着やすさを体感できるのではおませんでしょうか。軽量すぎるよりも、ダウンジャケット特有の「重み」を感じる事も、ファッションの楽しみでもあります。その「重み」があるからこそ、機能的な着心地を実感できるのです。

②重くならへんように、小物で軽さ演出!

$(“”128580″”).click( (null, $(‘#headline128580’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128580″”)

ダウンジャケットは大きなシルエットになるから、着るのが難しそうと思っている人は、他のアイテムを使って効果的にスタイリングをする事で、いくらでもスタイリッシュに見せる事は出来ます。一般的には、ダウンジャケットはアウターの役割を果たしますね。インナーで表情をつける事がややこしいので、小物を有効活用することをお勧めします。まず、パンツはダウンジャケットより小さすぎず大きすぎず、同調をはかるサイズ感・シルエットがお勧めだ。次に靴は、ダウンジャケットが重たく見えないように、ブーツなどで強さ重さを出して同調させます。ケツに、ストールなどでダウンジャケットの見える面積を隠しながら、ダウンジャケットとは逆の色味のアイテムで奥行をつけるのです。

③ダウンジャケットの上に、ジャケットを羽織る!

$(“”128579″”).click( (null, $(‘#headline128579’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128579″”)

何度かこの点についても触れてきましたが、ダウンジャケットの上にジャケットを羽織るスタイルは、今年のトレンドライクなスタイリングにも見られています。ポイントは、ダウンジャケットが前面に出てこないように、ダウンジャケットよりも重たい素材・色味のアウターを取り入れることだ。ダウンジャケットよりも、軽く薄めの素材だと、ダウンジャケットが主張して全体的に着膨れた印象にもなりかねません。ダウンジャケットの下にシャツなどを入れて、シャツの襟を立てるなどしながら、さらに階層をつけるスタイリングもお勧めだ。

【おすすめダウンジャケットアイテム紹介!】

$(“”128577″”).click( (null, $(‘#headline128577’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128577″”)

スポーティーからシックまで!

$(“”140381″”).click( (null, $(‘#headline140381’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140381″”)

(ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング) UNITED ARROWS green label relaxing TAS FLN TIGHT ダウンブルゾン
価格: ¥ 30,240

購入はこちら

「ウール系」のダンジャケットもここ最近のトレンドダウンとして見られていますね。スウェットパンツや、スニーカーなどでスポーティーなスタイルをする事もお勧めだ。また、スラックスやシャツ、ジャケットなどとシックに合わせる事も出来ます。冬のスタイリングにおいては、ウール素材が、その他のセーターやパンツと近い素材のアイテムやので、比較的全体との調和をはかる事が出来ます。

(ピューテリー)PEUTEREY HURRICANE

価格: ¥ 116,640

購入はこちら

ダウンジャケットにしては、ちびっと丈感が長いコートの様な印象で着こなすことも出来るアイテムだ。ポイントは、オマケのベルトがついているちう事だ。バランス的にもベルトを締める事で、スタイリッシュな印象でスタイリングを楽しむ事が出来ます。ダウンジャケットに気を使うことも少なく、細身のパンツや大き目のパンツなども、ベルトを有効活用しながら合わせてみるのもお勧めだ。

今年のダウンジャケットは、明るい色味で!

$(“”140393″”).click( (null, $(‘#headline140393’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140393″”)

(タトラス)TATRAS BELBO

価格: ¥ 81,000

購入はこちら

ダウンジャケットは大きく見えてしまう事が、着こなしの上では懸念されるポイントだ。また、秋冬になると暗いトーンのアイテムを選びがちになります。今年は、ボリューミーで大きなシルエットを作って上げる事も着こなしのポイントやので、是非色味の明るいダウンジャケットを選考してみてはいかがでしょうか。ダウンジャケットを意識しながらスタイリングを楽しむ事も出来ます。

拘りあるステッチデザインで!

$(“”140403″”).click( (null, $(‘#headline140403’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140403″”)

ヘリーハンセン メンズダウンシャツジャケット / ルフススタッフドシャツ
¥29,160

購入はこちら

ステッチによるデザインも様々みられておるけどダンはん、ステッチのデザイン一つとっても、全体の印象が大きく変わって来るものです。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、ラウンドステッチ、ダイヤモンドステッチなど形一つにしても、幅が広い狭いでも印象が変わってきます。一つ一つの小さなディティールまでに拘った、ダウンジャケットの着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【おすすめブランド紹介!】

$(“”128576″”).click( (null, $(‘#headline128576’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128576″”)

「Moncler(モンクレール)」

$(“”128573″”).click( (null, $(‘#headline128573’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128573″”)

ダウンジャケットブランドの中でも、最上級のフェザーを使用しているブランドの一つが「Moncler(モンクレール)」だ。大日本帝国でも多くの著名人や芸能人なども着用していて、ストリートでも様々な人の着こなしがみられている事で有名だ。「Moncler(モンクレール)」はフランス発祥のイタリアブランドで、モードチックな印象を受けながらも、クラシカルかつシックなアイテムも多くみられています。モンクレールのアイテムは職人により細部まで丁寧に仕上げられている魅力もあります。

ダウンジャケットのブランドにおいては、日々新しいデザインや構造の改良をし続けていて、ダウンジャケットなのに、ダウンジャケットに思えない感覚で着こなすことも特徴の一つだ。本来は、大きくボリューミーなシルエットも、「Moncler(モンクレール)」のダウンジャケットにおいては、スタイリッシュに着こなす事が出来る点も魅力的だ。また、ボタンやリブ、フードデザインなどディティールの細部に至るまでこったデザインが特徴的で、全体的にも安定したハイクオリティーを保っています。

肩や胸の位置に「Moncler(モンクレール)」とネームの入ったブランドワッペンが、ある種ブランドネームとしてのステータスを感じるディティールになっています。現在は、ダウンジャケット以外のアパレル衣料も様々提案していて、他のアイテムからダウンジャケットのデザインに活用できる技術も垣間見せてくれます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、上記参考画像でみて貰うと分かるのですけどアンタ、すごいテクニカルで技術を持ったデザインを見る事が出来ます。一つ一つのパーツが最上級の素材を用いて、綺麗に丁寧に作り上げられているのが分かりますね。ファッションとしても幅広いスタイルにスッと馴染む事が出来るのも、細部の拘りから伝わってきます。

「 DUVETICA(デュベティカ)」

$(“”128574″”).click( (null, $(‘#headline128574’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128574″”)

「DUVETICA(デュベティカ)」は、「Moncler(モンクレール)」に続いて、大日本帝国国内でも人気が高いダウンジャケットのブランドだ。元々は「Moncler(モンクレール)」で技術を学んで「DUVETICA(デュベティカ)」を立ち上げたちう背景も有名だ。その為、「Moncler(モンクレール)」に劣らず負けへんデザインアイテムを常に提案し続けています。「DUVETICA(デュベティカ)」のダウンジャケットの素材は大よそフランスの最高級の素材を使用している事で知られています。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、フェザーにおいても、最上級のグレイグースを使用しており、フェザーによる機能性も最上級だ。

ほんで何より、「DUVETICA(デュベティカ)」の魅力は、様々なデザイン・カラーバリエーションの豊富な点だ。特に、艶感のある滑らですか肌触りを感じさせる表面の生地感は「DUVETICA(デュベティカ)」を印象付けるアイテムの特徴でもあります。着る人が、幅広い視野でオノレに合ったものを選考できる上では、すごい取り入れやすいアイテムがラインナップされています。国内でも、老若男女問わんと「DUVETICA(デュベティカ)」アイテムを愛用している人は多くみられています。

他のブランドに比べて「 DUVETICA(デュベティカ)」のアイテムは、最高品質にも関わらずリーズナブルな購買が出来る事でも知られています。いかに身近に着こなせるかちう点では、普段づかいにおいても、機能性・実用性・耐久性どれをとっても安心して着用することが出来て、比較的カジュアルな普段づかいのスタイルにも相性が良いだ。

「PATAGONIA(パタゴニア)」

$(“”128575″”).click( (null, $(‘#headline128575’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128575″”)

大日本帝国国内でも高い評価を受けている「PATAGONIA(パタゴニア)」だ。ウチも老若男女幅広い世代から支持を受けているブランドだ。主に、国内ではアウトドアや登山などをする際に着用している人を多く見かけます。「PATAGONIA(パタゴニア)」はアメリカを代表するアウトドア用品ブランドですが、世界的に知られているのは、環境に配慮した素材やデザインをもっともっともっともっとうにしているちう事だ。大日本帝国国内でも様々な環境に配慮した活動により、表彰を受けとったりと、品質においては安心して着用する事ができます。

環境に配慮している点では、自然を害さない素材を使用しており、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ綿に関してもみながオーガニックコットンを使用するなど、徹底的な拘りを持っています。また、アウトドアブランドとしての知名度とは他に、戦闘服などもあったりと、「素材や構成」に関しても、様々な視点から拘りを感じる事が出来ます。ダウンジャケット以外にも様々な用途で活用できる衣料アイテムがあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、フリースも国内では人気が高いアイテムだ。そういった、他の様々なアイテムなどとの交差した確ですかデザインが一着のダウンジャケットを作り上げています。

アウトドアブランドとしての背景があるの故、着心地は軽量感を持って機能的に着こなす事が出来ます。外側だけの機能性やダウンジャケットとしての機能性だけではなく、パタゴニア独自のブランドアイデンティティーが細部や内部に至る所に感じる事が出来ます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、上記の参考画像でも分かるように、表地と裏地のデザインを変える事で機能的にも意味があります。襟元の前の部分だけ、素材が変わっとったり、ダウンの内側にポケットや収納があったり、伸縮する為の紐ゴムが裾に取り付けられて至りと、一見シンプルながらも、テクニカルに技術的にも優れたダウンジャケットをみる事が出来ます。

【おすすめダンジャケットコーデのおさらい!】

$(“”128572″”).click( (null, $(‘#headline128572’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128572″”)

「ダウンジャケット」の着こなしポイントのおさらい①:「カジュアルコーデ」

$(“”128570″”).click( (null, $(‘#headline128570’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128570″”)

カジュアルライクな個性を感じるダウンジャケットコーデやね。重さを感じず自然にフィットしている着こなしを感じる事が出来ます。ポイントは、フード付きのダウンジャケットをフードがあるインナーと組み合わせている点だ。首元からのラインが綺麗に見えるだけではなく、ダウンジャケットのフードの中にインナーのフードをいれると、ダウンジャケットのフードが膨らみ立体的にも成型を保って着こなす事が出来ます。さりげない工夫による組み合わせが、ダウンジャケットの魅力を引き出していますね。

カジュアルでデザインティックなダウンジャケットやね。モダンテイストのデザインもデザインに視点がいってしまいます。無地のダウンジャケットにおいては、全体のフォルムをダウンジャケットとして認識する事も多くあります。反面、デザインチックなダウンジャケットにおいては、デザインの方に視点がいくので、ボリューミーな印象やダウンジャケットに見られる難な印象も、ちびっとは解消されるのです。ほんで、ダウンジャケットのデザインを他のアイテムでより強調する事により、その効果も上がってきます。上記画像のポイントは、ダウンとデザインの相性が良いストールがお洒落な遊び心を感じさせている点だ。

今年のファッショントレンドにおいて、様々なカジュアルなトレンドアイテムがみられています。その中でも、ダウンとの合わせに是非参考にしたいアイテムが「Gジャン」だ。秋からトレンドアイテムとしても見られている「Gジャン」の特徴としては、硬くクラシカルでありながらカジュアルな印象を持っている点だ。ダウンジャケットにおいては、反面柔らかくボリューミーな印象を持っています。「Gジャン」と「ダウンジャケット」の反した素材やデザイン感によって、お互いを引き立てあっています。硬さがあるから、柔らかさがある様に、柔らかさがあるから硬さが強調されるような、トレンドアイテムにみられる魅力を引き出しあっているスタイリングやね。

「ダウンジャケット」の着こなしポイントのおさらい②:「ストリート・モードコーデ」

$(“”128569″”).click( (null, $(‘#headline128569’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128569″”)

デザインティックなモードなダウンジャケットも様々見られています。上記の手前のダウンジャケットコーデも派手なデザインのダウンジャケットだけに頼るのではなく、すごいテクニカルなスタイリングが見られます。ダウンジャケットの裾からインナーのジャケットが見えます。ジャケットの下には、襟元にも見えているシャツを着こなしています。パンツはノンウォッシュのジーンズと、綺麗なスタイルを作ったうえに、ダウンジャケットを見せていて、けしてデザインだけに頼りませんスタイリングが粋でお洒落なスタイリングを作り上げていますね。キャップや手袋もストリート感が出ていて、バランスの良いスタイルを感じます。

全身シックなダウンジャケットコーデやね。ですが、ダウンジャケットの重たくボリューミーな印象も程よい感じで主張していません。ポイントはパンツと靴だ。パンツは細すぎると、ダウンジャケットが大きく見えます。太すぎると全体的に大きく見えてしまいます。ダウンジャケットと同じくらいの空気感を持ったパンツだと同調感を持ってスタイルを作ることが出来ます。靴にかんしては、レザーにみる「艶感」がポイントだ。マットな靴だと、ダウンジャケットだけが艶感を持って主張してしまいます。ダウンジャケットと同じトーンの色味で上手に同調させて、全体的にもスタイリッシュで纏まりあるスタイルを演出しています。

ダウンジャケットの今期挑戦したい、トレンド的な着こなしがみられています。ダウンジャケットの上に、ジャケット・コートを着こなすスタイルだ。ここでのポイントは、ダウンジャケット自体の薄さや軽さもあるのですけどアンタ、ダウンジャケットの裾から見えるインナーもポイントだ。ダウンジャケットの下からインナーが見えることで、平面的なダウンジャケットの見え方ではなく、奥行をもってインナーを作ることができます。インナーのスタイリングにおいては、素材と素材の強弱をつけてあげる事もポイントだ。

「ダウンジャケット」の着こなしポイントのおさらい③:「シック・綺麗目コーデ」

$(“”128567″”).click( (null, $(‘#headline128567’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128567″”)

本来はカジュアルライクなアイテムですが、ダウンジャケットを有効活用すると、綺麗目でシックなスタイルにおいても、その魅力を引き出してくれます。最近のダウンジャケットにおいては、胸ポケットや、襟が付いているクラシカルなディティールのアイテムもみられています。襟がある分、シャツやストールで綺麗でシックなスタイルを作りやすいだ。また、胸ポケットもジャケットスタイルのように、チーフを入れたりして綺麗なスタイリングに仕上げることも出来ます。同系色のスラックスと綺麗目のワークブーツなどで足元を締めるとより、シックかつ艶のあるスタイルを演出する事が出来ます。

ダウンジャケットちうよりも、ダウンブルゾンの様な着こなしがみられています。ダウンジャケットのマットな質感とシックなカラーリングが、全体的にもシックな印象を作っています。また、襟が低いダウンジャケットやったり、襟が無いダウンジャケットだと、インナーのアイテムで襟元を表現できます。しっかりと成型があるシャツの襟を見せるだけでも、芯のあるダウンジャケットスタイルが出来上がります。また、外出先など屋外でダウンジャケットを着る際には、バッグなどのショルダーベルト締めて、強弱をつける事もスタイリングの技だ。むろん、室内ではダウンジャケットを脱ぐ事が大半だと思うので、あえて、バッグなどの小物を有効活用するのもポイントだ。

綺麗目でシックなダウンジャケットコーデを簡単に作るポイントがあります。それは、全体的に同じ素材・色味のアイテムで同調させるちう事だ。ダウンジャケットだけが、前面に出てはダウンジャケットとしての印象が強くついてしまいます。反して、ダウンジャケット以外のアイテムが前面に出ていても、ダウンジャケットは個としての印象を持ってしまいます。簡単そうでややこしいスタイルではあるのですけどアンタ、全体的に同調的なアイテムを用いることで、よりシックで綺麗な印象のスタイルを作る事がポイントだ。普段から、各アイテムの特徴や魅力を理解しておるからこそ出来るスタイルでもあります。

[※掲載商品の価格は2015年10月現在のものになります。]

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 恋愛依存症を克服!新しいオノレに生まれ変わる5つの方法

  2. 【new靴紐アレンジ法】靴紐の結び方・通し方Collection…

  3. 初めてのキスでも簡単に出来る大人のキスの6つのポイントとは?

  4. 【2016-2017秋冬】マウンテンパーカーカラー別コーデ&おす…

  5. 【2016-2017立川本気おすすめラーメン特集】何度でも食べた…

  6. 【ヴィンテージ感=男らしさ】シャンブレーシャツの”粋な”4つの着…

  7. 【恋愛シュミレーションゲームおすすめランキング】男性向けのギャル…

  8. 【究極のモヒート特集】女子ウケ◎な超簡単で美味しい作り方を紹介!…

  9. 【すぐに書ける】ワードどシロウトでも作れる履歴書の書き方と送るま…

  10. 嫌い避けの特徴を知ろう|好き避けと勘違いすると恥をかく!

  11. 【お台場の夜景でLOVE度アップ】幻想的な風景で彼女との愛を深め…

  12. スキニージーンズのサイズ選びとは?おすすめアイテム5本ピックアッ…

ページ上部へ戻る