閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

2016年春夏アウトドアメンズファッションがcool|アウトドアブランド厳選10選

2016年に流行を先取り、アウトドアファッションが気になる

$(“”723028″”).click( (null, $(‘#headline723028’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723028″”)

近年、フェスブーム到来で人気が高まっているアウトドアファッション。海や山で着るファッションが従来やったが、最近ではフェスにも行けるわりと身軽なコーディネートが流行中だ。

アウトドアでも着れてタウンウェアとしても活躍するアイテムがたくはんあります

$(“”723034″”).click( (null, $(‘#headline723034’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723034″”)

海や山、川などのレジャーで活躍するアイテムも、着方によってはタウンウェアとしても着こなせるアイテムがあります。防水性能に優れた物も多いので、梅雨時期に使えますし、カラーリングも発色の良い物が多いのでファッション性も◎

2016年、春夏アウトドアメンズコーデ

$(“”721443″”).click( (null, $(‘#headline721443’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”721443″”)

完全防風のジャケットで中はTシャツコーデを楽しめる

$(“”724113″”).click( (null, $(‘#headline724113’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724113″”)

防風ジャケットは、背中を異素材にしたことでムレないデザインで春夏の微妙な気温でもジャケットの中は快適。おかげでジャケットの中はシャツでOK。

履きなれたスニーカーを合わせられるカジュアルなコーデにはデニムパンツが必須

$(“”723292″”).click( (null, $(‘#headline723292’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723292″”)

スニーカーと相性の良いデニムパンツは、アウトドアにも使えるアイテム。落ち着いたカラーのスニーカーであればアウターをハデめにして着こなしてもOK。

発色の良いアイテムや、柄で魅せるアウトドアファッション

$(“”723118″”).click( (null, $(‘#headline723118’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723118″”)

シンプルなパンツはハデめなアイテムともコーデできます。オシャレなインナーなら脱いだ時に体温調整もオシャレに。ポイントは靴やパーカーなどを似たようなカラーにすること。ぜ良いんぶひとつのこらず違う色だとまとまりがなくなってしまうので用心。

重ね着必須な春や夏の夜のアウトドアに使える、ノーカラージャケット

$(“”724124″”).click( (null, $(‘#headline724124’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724124″”)

重ね着が必要な春夏のアウトドアに必須のアイテム。重ねてしまうと襟元がごわつきますが、ノーカラージャケットを選べば、中にフード付きパーカーを着ても襟を気にすることなくコーディネートできます。

重ね着できるアイテムを持参すれば万が一急な雨でも対応可能

$(“”723074″”).click( (null, $(‘#headline723074’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723074″”)

急な雨はアウトドアに付きもの。雨が降ると急激に気温が下がってしまおるけどダンはん、雨に対応する為に重ね着できる羽織物の持参がベスト。夏であれば薄手のシャツ、春先であればマウンテンパーカーがオススメ。

落ち着いたネイビートーンで魅せる大人なアウトドアコーデ

$(“”723051″”).click( (null, $(‘#headline723051’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723051″”)

ゆるめのシルエットのパンツを選べば動きやすさもバツグン。脱いだり着たりできるマウンテンパーカーをTシャツなどに羽織る事で、体温調整も簡単にできます。

ニットキャップはアウトドアオシャレの必需品であり、雨や風対策にも

$(“”723086″”).click( (null, $(‘#headline723086’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723086″”)

幼い頃からアウトドアの際はハットを持参するようにと言われましたが、大人になっても同じ。日焼け対策にもオススメやし、急な雨や風対策にもニットキャップは役立ちます。ファッション性も高いアイテム。

アウトドアに必須のブーツも、オシャレの一部としてこだわって選ぶ

$(“”723096″”).click( (null, $(‘#headline723096’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723096″”)

道が悪かったり天候に左翼翼右翼翼されやすいアウトドアシーン。スニーカーもオススメですが、歩きずらい場所ではNG。そないな時に大活躍のブーツは、男前にコーデできます。こだわって選べば見た目もオシャレ。

立ち襟ジャケットはスタイリッシュで、タウンウェアとしても着こなせる

$(“”723128″”).click( (null, $(‘#headline723128’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723128″”)

アウトドアブランドのジャケットは機能性も十分。立ち襟で体温を逃がさないデザインも多く、梅雨時期の雨が続く日の温度変身にも対応できますし、夏以外の3シーズン対応できるアイテム。

短めパンツで若々しさを。肌を見せへんのがアウトドアらしいコーデのカギ

$(“”723168″”).click( (null, $(‘#headline723168’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723168″”)

最近流行の野外フェスなどでも人気の短めのパンツスタイル。短め丈を選んだ場合、靴下を長めにしたりタイツを履く事で、日焼けやケガの防止に。

フード付きパーカーは温度調整に必須のアイテム

$(“”723174″”).click( (null, $(‘#headline723174’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723174″”)

フード付きパーカーはアウトドアに必須のアイテム。首もとが寒くなった場合や、雨対策に一役かいます。重ね着する事でカラーコーデを楽しめるのもポイント。

発色の良いマウンテンパーカーは大自然の中でも映えるコーデに

$(“”723183″”).click( (null, $(‘#headline723183’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723183″”)

機能性もあるマウンテンパーカーは発色の良いタイプを選ぶ事で、遊び心のあるアウトドアコーデになります。

ストレッチ性のあるパーカーをインナーにすれば動きやすいコーデ

$(“”724174″”).click( (null, $(‘#headline724174’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724174″”)

インナーに着るとごわつく原因になるパーカーは、体にフィットするストレッチ性のあるタイプを選ぶ事でアクティブな動きにも対応できます。

軍使用の吸水速乾機能のインナータイツを履けばどんな天候でも怖いもの無し

$(“”724136″”).click( (null, $(‘#headline724136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724136″”)

春先の肌寒い時間にオススメのインナータイツ。軍使用の速乾素材を使っているので、もし汗をかいても安心。

アウトドアシーンで使えるデニムコーデ

$(“”723859″”).click( (null, $(‘#headline723859’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723859″”)

黒とデニムのコーデはタウンウェアとしても使えるカラーコーデ。トップスから上のアイテムを黒で統一する事でまとまりのあるスタイルに。

動きやすいクライミングパンツもハデめを選んでオシャレに演出

$(“”724180″”).click( (null, $(‘#headline724180’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724180″”)

コカコーラ柄の目立つクライミングパンツは、タウンウェアとしても履ける2度おいしいアイテム。せっかくやので街でも着れるアイテムがオススメ。

気温低めの野外フェスで使える長袖の羽織物を使ったコーデ

$(“”723855″”).click( (null, $(‘#headline723855’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723855″”)

気温が低めの野外フェスは、羽織物が必須だ。フード付きのパーカーやマウンテンパーカーなどでも良いですが、シャツでもOKだ。ブーツインでオシャレ感を出して。

薄さがポイントのアウターでスマートに重ね着

$(“”724188″”).click( (null, $(‘#headline724188’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724188″”)

アウトドアブランドのアウターは機能を重視するあまり、厚めのジャケットに。しかし、薄めのジャケットを選べば着やすいやし、重ね着しても着膨れすることがおません。

細身のパンツはストレッチ性能を重視して選ぶ

$(“”724203″”).click( (null, $(‘#headline724203’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724203″”)

細身のストレッチパンツで軽さをだしたスマートコーディネート。マウンテンパーカーのボリュームとバランスがとれる春夏らしい軽快さだ。

サンダルに靴下の王道コーデもアウトドアシーンで大活躍

$(“”724222″”).click( (null, $(‘#headline724222’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724222″”)

サンダルに靴下を合わせる流行のスタイルも、アウトドアに使えるコーデ。夏でもムレ知らずの足下に。

夏フェスで使えるアウトドアファッションコーデ

$(“”723316″”).click( (null, $(‘#headline723316’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723316″”)

夏フェスで目立つこと間違いなし、セットアップコーデ

$(“”723318″”).click( (null, $(‘#headline723318’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723318″”)

夏フェスで目立つ事間違いなしのセットアップ。ハデめのセットアップはインナーにフェスTシャツを着て目立つコーデも可能。ハデめパンツで気分まで上がるコーディネートの足元はシンプルにするのがコツ。

全体のコーデはシンプルにして、リュックや小物アイテムをハデめにするフェスコーデ

$(“”723329″”).click( (null, $(‘#headline723329’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723329″”)

発色の良い無地の赤ジャケットは、着ているだけで目を引きますが、無地やので他の人と似ているコーデに。他の人と差をつけるため、目立つハデめリュックをコーデのスパイスにする事で1ランク上のコーデに。

梅雨時期の夏フェスにオススメ、レインブーツはこう履く

$(“”724244″”).click( (null, $(‘#headline724244’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724244″”)

レインブーツのポイントカラーとコーデのカラーを合わせたコーディネート。簡単に色合わせできて雰囲気も◎

柄物やハデめカラーのコーデが苦手な人は、小物で取り入れて気分をあげる

$(“”724029″”).click( (null, $(‘#headline724029’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724029″”)

柄物のジャケットやハデめカラーのパンツはいくら流行していても苦手…ちう人も少なくおません。そないな人にオススメなのは、日焼け防止に役立つハットでハデめアイテムを取り入れましょう。

フード付きベストは夜まで続く夏フェスにピッタリ

$(“”723861″”).click( (null, $(‘#headline723861’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723861″”)

夏でも長袖が必要な、山で行う野外フェスの場合、寒くなる場合も想定して、シャツにベストを重ねる事で体温調整が可能に。長袖の羽織物はジャマになったりしますが、ベストタイプであれば袖がもたつかんと便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利。

ミリタリーテイストのカラーで揃えればフェスでも大人の装い

$(“”723931″”).click( (null, $(‘#headline723931’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723931″”)

最近のアウトドアアイテムは、発色の良いアイテムや、ハデめな柄のアイテムがたくはん。そないな中でミリタリーなスタイルは大人っぽくなりますし、1トーンのコーデはセンスの良さを感じるコーディネート。

ハーフパンツにタイツ、パーカーにトレーナーと重ね着が楽しめる夏フェスコーデ

$(“”723938″”).click( (null, $(‘#headline723938’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723938″”)

どんな天候でもOKな重ね着コーデは、ハーフパンツの下にはタイツと靴下、トップスはパーカーの中にトレーナーさらにTシャツと重ねています。暑くなっても寒くなっても柔軟に対応。重ね着コーデは色の組み合わせを楽しめます。

体にフィットする七分丈パンツは夏フェスにちょうど良い動きやすさ

$(“”723966″”).click( (null, $(‘#headline723966’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723966″”)

動きやすさも重要なフェスのコーデ。夏フェスに使える七分丈パンツは短すぎず中にインナータイツなどを履く必要なし。しかし、日差しが強い野外フェスでは、七分丈の日焼けが残りませんように日焼け止めを忘れんと。

白のアイテムの使い方次第で爽やかに着こなせる夏フェス

$(“”723971″”).click( (null, $(‘#headline723971’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”723971″”)

夏でも爽やかさを失いたくない夏フェスコーデ。白のアイテムを所々に使うことで爽やかさを取り入れられるコーディネートに。柄のコーデにも白のアイテムをプラスして爽やかに着こなしましょう。

ゆるめの1トーンコーデで熱い夏フェスを楽しむ

$(“”724016″”).click( (null, $(‘#headline724016’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724016″”)

汗で服が張り付いてしまうのは最悪な状況ですが、ゆるいコーデであれば風通しがよく、さらに日焼けも防止してくれます。ゆるめのコーデは1トーンで揃えることで、だらしなく見えてしまうことを防止します。

2016年春夏絶対オススメ【アウトドアブランド】10選

$(“”724257″”).click( (null, $(‘#headline724257’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724257″”)

着るだけでUVカット加工できるアイテムが揃うブランド:Patagonia / パタゴニア

$(“”724141″”).click( (null, $(‘#headline724141’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724141″”)

布地に速乾性能があるのはもちろんですが、UVカットもプラスされています。野外フェスにはぴったりなアイテム。

アウトドアと言ったら思い出す有名ブランド:mont-bell / モンベル

$(“”724103″”).click( (null, $(‘#headline724103’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724103″”)

有名ブランドモンベルはアウトドアと言ったら名前を思い出すブランド。スタイリッシュな雰囲気とともに、軽さが魅力的なブランド。

軽量で動きを邪魔せんデザインに特化したブランド:THE NORTH FACE / ザ・ノース・フェイス

$(“”721475″”).click( (null, $(‘#headline721475’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”721475″”)

軽さと動きやすさを追求しているブランド。デザイン性が高く、シルエットも細身にする事で風の音を軽減するデザイン。

防水性能が魅力的なブランド:HELLY HANSEN / ヘリーハンセン

$(“”724139″”).click( (null, $(‘#headline724139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724139″”)

汗をかいても速乾性と防水性能がある素材を使用。さらに首もとの伸びを防止するテープを使用した長く愛用できるような秘訣がたくはんあります。

誰もが知るオリジナル防水素材で作られたブランド:Columbia / てんてんビア

$(“”724046″”).click( (null, $(‘#headline724046’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724046″”)

オリジナルのムレない防水素材を使用しているてんてんビア。安心のクォリティーを誇るブランド。

オシャレ&完全防水性能ブーツが人気のブランド:L.L.Bean / エルエルビーン

$(“”724121″”).click( (null, $(‘#headline724121’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724121″”)

見た目もオシャレで、つま先にゆとりのある歩きやすさを追求したブーツのデザインが人気のブランド。完全防水でスウェードのブーツはリラックsうして履けます。

着心地が抜群なブランド:Snow Peak / スノーピーク

$(“”724132″”).click( (null, $(‘#headline724132’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724132″”)

アウトドアシーンで重要な着心地の良さ。着心地にこだわったスノーピークは、シルエットがゆるめやったり、ストレッチ性能があるタイプが多いだ。

ハデめカラーで目を引くブランド:go slow caravan / ゴースローキャラバン

$(“”721447″”).click( (null, $(‘#headline721447’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”721447″”)

ポケットがたくはんあったり、ハデめのデザインが目を引くアイテムやったりと機能性もデザイン性も申し分ないブランド。若々しいブランド。

エベレストでも大活躍するアメリカの高品質ブランド:GERRY / ジェリー

$(“”721510″”).click( (null, $(‘#headline721510’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”721510″”)

エベレスト登山隊で愛用者が多いブランド。季節にあった着こなしができる工夫がされとったり、ムレを逃がす設計やったりと高品質のブランド。

ストリートテイストのアウトドアブランド:Natural Bicycle / ナチュラルバイシクル

$(“”721487″”).click( (null, $(‘#headline721487’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”721487″”)

ストリート感のあるブランド。北海道で誕生したメイドインジャパンのブランドは、品質も最高。オシャレに着れるアウトドアアイテムが豊富。

小物アイテムも人気のブランド:CHUMS / チャムス

$(“”724040″”).click( (null, $(‘#headline724040’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724040″”)

アウトドアグッズが人気のブランド。アウトドアに興味がない人でも小物を揃えているファンも多いだ。

アレンジしやすいカラーが魅力のブランド:POLeR OUTDOOR STUFF/ポーラーアウトドアスタッフ

$(“”724087″”).click( (null, $(‘#headline724087’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724087″”)

合わせやすいきれいなカラーリングが大人のメンズにも人気のブランド。人によって着こなし方をかえられるようにと合わせやすいカラーが揃っています。

シンプルな見た目に機能性がプラスされたブランド:Mammut / マムート

$(“”724112″”).click( (null, $(‘#headline724112’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724112″”)

雨に強い素材を使うとムレやすく動きにくくなる事を考え、背中の素材を変身させてデザインされとったり、バッグは人の体にフィットしやすくするため工学的に計算されています。

まとめ:アウトドアファッションについて

$(“”724341″”).click( (null, $(‘#headline724341’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”724341″”)

アウトドアファッションは、メンズレディース問わんと着れるアイテムが多いので、女性にもオススメ。フェスにいく際におソロイで着こなす事もできますし、柄違いでコーデも可能。
オシャレで機能的なアウトドアグッズが多いのでタウンウェアとして3シーズン着こなす事もできます。便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利にオシャレに着こなして、思う存分アウトドアやフェスを楽しみましょう。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【2016年おすすめクーラーボックス大特集】これは便器̷…

  2. シッパイ知らずの超簡単貯金方法|社会人一人暮らし男子向けのテクニ…

  3. 【男の花形職業・医者に学ぶ】20代後半女性にモテる3つの方法

  4. セックスの回数を増やすには?平均回数と理想の回数を徹底調査!

  5. 【超イケてる最新便器…おっとドッコイたこやきはうまい…

  6. ボウズに好かれる人になれる4つのポイント|毎日毎晩壱年中ボウズに…

  7. 【自宅で簡単にできる】フラットベンチの超効率的な筋トレ公開!

  8. 萩市のおすすめ観光スポット15選!オシャレな歴史的建造物がデート…

  9. 【まさにゲス】妻が妊娠中の浮気|人生を台無しにせんための心得!

  10. 【I ♡ Rock】ポイントでロックファッションを取り入れたコー…

  11. ダサいと思われがちな髪型はこれ!就活ヘアやシッパイせん美容室選び…

  12. 夏のカーゴショーツダサい問題|オシャレ都市伝説を徹底検証

ページ上部へ戻る