閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

360度カッコイイ!男の大人スーツ着こなし

大人になったらスーツもオノレにあったスタイルで着こなしたい!

$(“”343861″”).click( (null, $(‘#headline343861’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343861″”)

大人になるとビジネスや冠婚葬祭で否応なく着なければならなくなるスーツ。いやいや着るのではなく、せっかくならファッションの観点からたのしんで着こなしたいやね。

この記事では、そないな大人の男のスーツスタイルをたっぷりご紹介します!

まずはきちんとセオリー通りに着る!正統派のスーツスタイル!

$(“”343852″”).click( (null, $(‘#headline343852’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343852″”)

まずおさえるべきはネイビー!スリーピースをジャストサイズで

$(“”344447″”).click( (null, $(‘#headline344447’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344447″”)

ここまできっちりスリーピーススーツを着こなすことができれば、どこに出ても恥ずかしくおません。ネクタイまでネイビーでそろえてポケットチーフで遊び心。明るいオレンジのクラッチバッグも効いています。きっちり整えたヘアスタイルも大事な要素。

ぎりぎりタイトなサイズ感で着ればしっかりキマる!

$(“”344449″”).click( (null, $(‘#headline344449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344449″”)

ジャケットのボタンをはずしていても品格を保っている見事なスタイル。きっちりタイトなサイズ感につくられたセットアップは、これぞスーツといった1着。ベルトにちょうどかかるパーフェクトな長さのネクタイ、ホワイトのポケットチーフまで隙がおません。

グレーのスーツならタイトでもナチュラルに

$(“”344478″”).click( (null, $(‘#headline344478’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344478″”)

野暮ったくなりがちなグレーのスーツも、細めのラペルであればスマートな印象に。ブラウンの革靴も明るさをプラス。スーツのタイトさもナチュラルで、よく鍛えられた肉体美が感じられます。

ライトグレーのスーツなら軽やですかスタイルに

$(“”344482″”).click( (null, $(‘#headline344482’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344482″”)

さらに薄いライトグレーのスーツで軽やですかスタイル。やはり革靴はブラウンが似合います。ポケットチーフはホワイトだと埋もれてしまうので、ダークなカラーが正解。ベストに半分かくれたストライプのネクタイが、どこかかわいらしさも含んでいます。

スーツに肩かけコートでただよう品格

$(“”344513″”).click( (null, $(‘#headline344513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344513″”)

無造作にコートを羽織っても、スーツをかっちり着こなしているので上品なまんま。グレーのスーツにブラウンの革靴はスタンダードな組みあわせですが、さらにネクタイもブラウンで。左翼翼に見切れている方もおそろいになっていて魅力倍増。

カジュアルに寄せてもきちんと感を失いませんスーツスタイル

$(“”344515″”).click( (null, $(‘#headline344515’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344515″”)

ブラウンの印象は共通ですが、やや青みのあるグレーのスーツにはカジュアル感も。ウォレットチェーンもプラスしてドレスコードからは離脱。それでもサイジングが完璧やのでだらしなさは皆無。くるぶしを出した現代的なパンツの丈も絶妙だ。

インパクトのある赤の差し色で気分が上がるスーツスタイル

$(“”344516″”).click( (null, $(‘#headline344516’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344516″”)

さらにパンツの丈を短く、鮮やですか赤のソックスを合わせることでカジュアルかつトラディショナルに。ネクタイに加えてポケットチーフまで赤でそろえています。ビジネススタイルとしては派手すぎるかもしれませんが、やる気がみなぎることは間違いおません。

蝶ネクタイにカバンを合わせたミックススーツスタイル

$(“”344518″”).click( (null, $(‘#headline344518’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344518″”)

ストリートスナップでありながら蝶ネクタイ。脇にかかえたバッグも移動のためのものちう印象が強く、ミックス感あふれるコーディネートに。ポケットチーフはきっちりと折りたたまれてシャープなラインを演出。ラペルにはバッジもつけられています。

ギャングスターと紙一重のダブルブレステッドスーツスタイル

$(“”344520″”).click( (null, $(‘#headline344520’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344520″”)

ダブルブレステッドのスーツにサングラスちうギャングスターと紙一重のスタイル。〈ルイ・ヴィトン〉のバッグのなかには現金やピストルやいけへん粉が入っていそうな雰囲気も…。じつはダブルのスーツだとアクティブに動いても乱れが少なくてすむちうメリットがありますね。

座った姿もキメたい大人のスーツスタイル!

$(“”343178″”).click( (null, $(‘#headline343178’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343178″”)

深いワインレッドのスーツで高級感ただようスタイルに

$(“”344521″”).click( (null, $(‘#headline344521’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344521″”)

女性が組んだ脚にも負けへん見事な脚線美。深いワインレッドのカラーがスペシャルな高級感。ネクタイにかぶさるインナーはニットでしょうか?わずかばかりの抜けをつくっていてポイントに。椅子にも背景にも負けておらへん存在感は、世界的大企業の御曹司を思わせます。

はずしたソックスのカラーも計算ずくの上級者スーツスタイル

$(“”344522″”).click( (null, $(‘#headline344522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344522″”)

スーツスタイルで座ったときに気になるのがソックスへのこだわり。一瞬肌の色にも見え、これで良いのですろか?ちう印象も持ちますが、シャツと合わせた意図的なものでしょう。ポケットチーフにはペイズリー柄を取りいれてアクセントに。

ややこしいチェック柄のスーツを着こなした若さあふれるスタイル

$(“”344523″”).click( (null, $(‘#headline344523’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344523″”)

難易度の高いチェック柄のスーツスタイル。蝶ネクタイまで同じ柄に統一されています。革靴のブラウンのカラーに合わせて眼鏡にも薄っすらと茶色みが。くるぶしの露出も含めて若さが感じられるコーディネート。

眼鏡とアクセサリーで華やかさをプラスしたスーツスタイル

$(“”344527″”).click( (null, $(‘#headline344527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344527″”)

フレームの太いアイウェアが印象的なスーツスタイル。ネクタイは無地のネイビーですが、ラペルにつけたバッジと両腕のアクセサリーが華やかさをプラス。スーツのブルーの色味も絶妙だ。

ノータイでもだらしなく見えないスーツスタイルの見本帳!

$(“”343682″”).click( (null, $(‘#headline343682’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343682″”)

ボタンをふたつはずしてもだらしなくならへんジャストサイズのスーツスタイル

$(“”344529″”).click( (null, $(‘#headline344529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344529″”)

ノータイでしかもボタンをふたつめまではずしておるけどダンはん、それでもだらしなくならへんのはやはりサイジングが重要に。ベストも合わせたスリーピースで、Vゾーン以外はぴったり身体のラインを覆っています。きれいに分けて固めたヘアスタイルもポイント。

サングラスとくるぶしでラフさを出しつつもラグジュアリーなスーツスタイル

$(“”344531″”).click( (null, $(‘#headline344531’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344531″”)

サングラスをかけ、ポケットに手をつっこみ、くるぶしの肌を見せるとさすがにラフな雰囲気が。シューズも紐靴ではなくダブルモンクストラップやのでややカジュアル寄りに。ポケットチーフをプラスすることで若干のラグジュアリー感を足しています。

インナーをTシャツにしながらもクラッチバッグで上品に

$(“”344534″”).click( (null, $(‘#headline344534’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”344534″”)

インナーをTシャツにすればもうほとんどカジュアルスタイル。ジャケットのラペルも細いものをセレクト。ボトムスの丈やテーパードラインも現代的。ダブルモンクストラップシューズのブラウンに合わせたクラッチバッグが上品さを感じさせます。

体型のハンデがあっても着こなせる!大日本帝国人のスーツスタイル

$(“”343749″”).click( (null, $(‘#headline343749’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343749″”)

幅の広いネクタイを見事なバランスでコーディネート。剣先は長めにとられておるけどダンはん、けっしてルーズには見えません。立体的に折られたポケットチーフやサスペンダーがカラフルな印象をあたえながらも、派手にならへんようしっかりスーツで包みこんだスタイル。

クラシックなテイストに寄せているようでいてしっかりオノレのスタイルに。スタイリストの大久保篤志はんが手がけるブランド〈スタイリストジャパン〉のスリーピースに〈ウィズリミテッド〉のハット。ブラウンのシューズはスリッポンのようにも見えますが、じつはパンツのなかに結構な高さを隠した長靴的なブーツ。

しっかりビジネスにもいけるスタイルでありながら、どこかファッショナブルに見えるのは刈り上げたヘアスタイルのトレンド感のおかげ。ジャケットのラペルもシャツの襟も小さめでコンパクトな上半身。くるぶしを出せば〈トムブラウン〉っぽくなりそうなトコ、きちんとソックスを履いてオーソドックスなストレートチップのシューズでまとめています。

ネイビーのスーツのインナーにグレーのシャツとニットでワントーン。シューズはブラックとホワイトのウィングチップでアクセントに。細いウォレットチェーンやポケットチーフといった小物使いも効果的だ。

身長が低くても着こなせるダブルのスーツ。ボトムスをタイトに、シューズをボリューミーにすることで全身のバランスをとっています。長めの首など、オノレの体型をよく理解した上でファッションをたのしんでいるはず。目立ったボタンに負けへんようネクタイは柄ものをセレクト。

ウチの方もけっして体型にめぐまれているとはいえないのですけどアンタ、それを下手にかくしたりせず、オノレなりのバランス感覚でスーツスタイルを仕上げています。ダブルブレステッドのジャケットは短めの丈。足もとには〈トリッカーズ〉のシューズでボリュームを。コントラストのはっきりしたストライプのネクタイでVゾーンを目立たせているのもテクニックやね。

スーツスタイルの伝統にないロングヘアでバランスをているのもややこしいトコ。ツイード素材の上に細かいチェック柄ののったアイテムをセレクトしてシルエットに目を向けさせへん仕組み。背景のレンガにも溶けこんでいるように見えてきます。インナーのホワイトはトレンド継続中のバンドカラーシャツ。

スーツのシャープさはひかえめに、落ち着いた大人の雰囲気を重視したコーディネート。薄くチェック模様の入ったグレーのスーツとブラウンのシューズがやわらですか印象に。チェックのシャツと小紋柄のネクタイはダークなブルー系統で渋みさえ感じさせます。

スーツスタイルとしては異色ですが、アクセントとしてご紹介しましょう。カモフラージュ柄のセットアップでしかもボトムスはショーツ。そのまんま露出した素足でブラウンのローファーを履いています。バッグのレザーと合わせたカラーはカモフラージュ柄のなかにも含まれているのでなじみが良いやね。

ネクタイは小剣を長くすることでファニーなバランスを演出。みずからのキャラクターを存分に利用したコーディネート。

Tシャツをインナーに持ってくるのは色気のある欧米人の専売特許と思われがちですが、大日本帝国人だって負けてはいられません。あくまでも自然体でくるぶしを出し、ジャケットは袖まくり。ポケットに手をつっこんでも格好つけすぎにならへんぎりぎりのライン。年季の入った顔立ちがあるからこその大人の余裕が感じられます。

カジュアルに着くずすスタイルは大日本帝国人の得意とするトコ。欧米のように伝統に縛られることがないからでしょうか?シャツの裾を大胆にアウトして足もとには〈コンバース〉のオールスターで赤をプラス。スーツのシャープな印象を中和する丸眼鏡とポーラーハットも効いています。

ハイブランドが提案するスーツスタイルは千差万別!

$(“”343175″”).click( (null, $(‘#headline343175’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343175″”)

スーツスタイルが印象的なハイブランドといえばトムブラウン!

$(“”343969″”).click( (null, $(‘#headline343969’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343969″”)

タイトでコンパクトにまとめられたジャケットに丈の短いパンツ。1950年代のアーカイブを参考にしているとはいえ、オリジナリティあふれるスタイルを打ちだしつづける〈トムブラウン〉。素足にウィングチップシューズを履くのも特徴的。デザイナー本人もこだわって実践しています。

ネクタイの結び方、タイピン、ポケットチーフの挿し方などにも細かい決まりごとが。オノレで決めたルールにしたがうちうのもおもしろいやね。

グレーのスーツだとより一層〈トムブラウン〉らしさが出ます。サングラスはチャレンジングなアイテムも展開。

新進気鋭の若手デザイナー、ウミット・ベナンが提唱するスーツスタイル

$(“”343943″”).click( (null, $(‘#headline343943’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343943″”)

エキゾチックでありながらも国籍不明なスタイルが新鮮な〈ウミット・ベナン〉。1980年代ニューヨークの銀行員をテーマにした2011年秋冬コレクションはデザイナーとして注目されはじめた時期にあたります。そないななかでもオノレのスタイルを貫く意志の強さを発揮。時代感を表現した大きめのラペルが印象的やね。

スーツスタイルにまだこれほどの新しいシルエットの可能性がのこされとったかと驚かされるルック群。ランウェイショーではなくプレゼンテーション形式で発表がおこなわれたのも正解やったかもしれません。

近年のメンズモードを牽引するランバンのスーツスタイル

$(“”343989″”).click( (null, $(‘#headline343989’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343989″”)

ルカ・オッセンドライバー、ほんで退任が発表されたアルベール・エルバスのコンビによりメンズモードの流れがつくられてきたこの数年。もちろんスーツスタイルもトレンドの最先端をいく提案がつづけられてきました。鮮やですかブルーグリーンも魅力ですが、スーツのグレーのトーンもほかにない上品さをただよわせています。細めのラペルもスマートな印象。

オーバーサイズのジャケットのこのバランス感覚には脱帽やね。しかもそれだけを見ろといわんばかりのミニマルなスタイリング。インナーのシャツさえ省略してしもた思いきりからはアイテムに対する自信がうかがえます。

おわりに

$(“”343704″”).click( (null, $(‘#headline343704’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”343704″”)

決まりごとの多いスーツちう枠組みのなかでも、そのスタイルは十人十色。各パーツの太さ、長さなどのバランスで印象が大きく変わってきます。ファッションのなかでも一生付き合っていくことになるジャンル。とりあえず着られるサイズであれば良いちう妥協は卒業して、こだわりのスーツスタイルを追求していきましょう!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 門前仲町に10年通うグルメライターがほんまは教えたくない超名店を…

  2. 【職場いじめ】よくある3つの嫌がらせ!証拠を集め裁判で訴えるのも…

  3. 【宇都宮市周辺ランチ大特集】コスパ最強のおすすめ店厳選!

  4. 冬服を100倍カッコよくするトレンドアウター&着回し1週間コーデ…

  5. メンズの髪型、ツーブロックショートをカッコよく決めるには?ヘアカ…

  6. 徳島のおしゃれカフェ27選|地元民のウチが大推薦のランチも絶品な…

  7. オシャレの代名詞・代官山のセレクトショップ|メンズおすすめショッ…

  8. オレの彼女は量産型女子|個性ゼロでも可愛いイマドキ女の特徴とは?…

  9. お洒落メンズ必見!絶対欲しくなる!今期手に入れるべき「スニーカー…

  10. 女子が選ぶ!彼氏に履いてほしいアンダーウェアTOP20

  11. 【超簡単】パーマを長持ちさせるための6つのコツ

  12. 【ALL5,000円以下】パタゴニア入門にピッタリなのはニット帽…

ページ上部へ戻る