閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

4つのメンズトラッドスタイルから学べ!アチラスナップから着こなし&おすすめ商品

メンズの中心トラッドスタイルは主に2つ

$(“”171863″”).click( (null, $(‘#headline171863’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”171863″”)

アメリカン・トラッド

$(“”171864″”).click( (null, $(‘#headline171864’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”171864″”)

「アメトラ」「アメリカントラッド」などと呼ばれています。このトラッドちう言葉は和製英語。一体だれがつけたんだ?と思うくらい今ではですかり浸透しています。本来の名前は「アメリカン・トラディショナル・クロージング」などと呼ばれています。大日本帝国のマーケットに売りやすい、覚えやすいなどから「アメトラ」「アメリカントラッド」とよく使われるようになっています。

ブリティッシュ・トラッド

$(“”171889″”).click( (null, $(‘#headline171889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”171889″”)

実は、洋服の歴史はイギリスの紳士服の形が源流だ。この源流こそ「ブリトラ」「ブリティッシュトラッド」と呼ばれています。アメリカントラッドも、ルーツはブリティッシュトラッドから派生しています。
ブリティッシュ・トラッドは、メンズの洋服のみなの基本なのですね。

メンズの新潮流であるフレンチトラッドとイタリアントラッド

$(“”171909″”).click( (null, $(‘#headline171909’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”171909″”)

フレンチ・トラッド

$(“”171915″”).click( (null, $(‘#headline171915’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”171915″”)

2年前くらいからちびっとづつ浸透しつつある「フレンチトラッド」。きっかけはトレンドカラーにネイビーが注目され、今ではファッションの定番メンズカラーとして浸透したことが大きいと言われています。

そこにフレンチトラッドと呼ばれる要素に、エスプリ感や男性のセクシーさを演出する着こなしとして「白ボトム」が挙げられるのではおませんでしょうか。2015年は大日本帝国のメンズで白ボトムを穿いている男性多かったやね?
セレクトショップなどトレンド感を敏感にキャッチしているブランドがPRしたちうのが大きかったと言えるのではおませんでしょうか。

イタリアン・トラッド

$(“”171981″”).click( (null, $(‘#headline171981’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”171981″”)

イタリアのおしゃれな男性のことを、大日本帝国では「伊達男」ちう言い回しをしたりします。フレンチトラッドとはまた違う独特の色気とファッションセンスをスタイルとしたイタリアントラッドスタイルも大日本帝国で浸透してきています。

アメリカントラッドのメンズファッション特徴

$(“”172016″”).click( (null, $(‘#headline172016’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172016″”)

トラッドスタイルの中では一番カジュアル

$(“”172023″”).click( (null, $(‘#headline172023’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172023″”)

ブリティッシュ・トラッド、フレンチ・トラッド、イタリアン・トラッドの3つと比べると一番ラフでカジュアルなトコ。トラッドスタイルのイメージにジャケットやコートなどをアウターとして使うことが多いですが、アメリカン・トラッドは、元々ブルゾンやカーディガンなどをデニムと合わせたりとキレイに着こなしをするスタイルだ。大日本帝国で輸入された際にもピーコートやカジュアルなブルゾン、ダブルボタンのジャケットなどで色々なスタイルで紹介されました。
アメリカンカジュアルもあることから一番自由度が高く、かつラフでカジュアルスタイルとも言えます。

ブリティッシュトラッドのメンズファッション特徴

$(“”172029″”).click( (null, $(‘#headline172029’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172029″”)

伝統的なジェントルマンスタイルに音楽文化

$(“”172048″”).click( (null, $(‘#headline172048’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172048″”)

ブリティッシュ・トラッドは、上手く言葉にできているのか分かりませんがなんとなく「音楽文化」を感じることができるトコではおませんでしょうか。これは大日本帝国より人口が少ない大陸でありながらこれほどまでに世界で影響を与えるミュージシャンや音楽メディアの影響力が関係していると言えます。
ビートルズの凄まじさを改めて感じるわけやね。ビートルズだけやなく、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、キンクス、など黄金時代の活躍が、後世に脈々と受け継がれたことが大きいちうわけだ。
ファッションでも無意識に聴いて育ってきているので、自然と着こなしやアイテムに現れているといえるでしょう。

フレンチトラッドのメンズファッション特徴

$(“”172064″”).click( (null, $(‘#headline172064’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172064″”)

フレンチトラッドは、現在のファッションの流れではある意味一番形が決まっているスタイルと言えるかもしれません。やはりネイビーカラーがきっかけですが、そのネイビーカラーのトーンが明るいのですね。色のトーンが暗いと一気にアメリカン・トラッド色が強く出ますしね。
このさじ加減はややこしいトコ。ほんでエスプリ感がやっぱりキモになります。現状ではガチガチにスタイルとしては決まっていると言えます。

イタリアントラッドのメンズファッション特徴

$(“”172073″”).click( (null, $(‘#headline172073’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172073″”)

ブリティッシュトラッドとフレンチトラッドのミックス

$(“”172080″”).click( (null, $(‘#headline172080’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172080″”)

ですかり良いとこどりをしているスタイルではおませんでしょうか。コレクションブランドのトレンド感、ストリート感などミックス感が強くでているのが、イタリアントラッド。絵画や彫刻など、人間が持つ「美」を求めた歴史がある国らしく、美意識は根底にあると改めて感じさせるお国柄スタイルと言えそうだ。

結局、メンズのトラッドファッションってどうすれば良いの?

$(“”172132″”).click( (null, $(‘#headline172132’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172132″”)

4つのトラッドファッションを良いとこどりしよう!

$(“”172137″”).click( (null, $(‘#headline172137’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172137″”)

大日本帝国人は他の国の文化を独自の解釈でアレンジするのが得意な国民だ。そのミックスセンスはラーメンなど料理にも顕著に表れていますよね。元々、中国の麺料理を大日本帝国人に合うように改良し、今では中国人観光客も集めるほどの味になっています。
ラーメンに例えるのはちょっとジャンルが違いますけど、良いトコだけを抜き取って再構築するのは大日本帝国人の強い特徴やので、トラッドスタイルも、コレ!と決めるのではなく、オノレでアレンジするとおしゃれになるですかぁと思いますよ。

トラッドやからといってかしこまらなくても良い!

$(“”172640″”).click( (null, $(‘#headline172640’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172640″”)

ジャケットやなきゃダメ、レザーシューズやなきゃダメなど制限は、スタイルとしては確かにちびっとあるのは事実だ。トラディショナルの意味は「伝統、保守」などの意味ですから。
しかし、時代とともに変身はしていくもの。年配の方は、もうセンスやスタイルが固まっておるけどダンはん20代と30代はまだ変身する時期。40にして立つちう言葉もありますので、変身を楽しみながらトラッドスタイルを楽しむのが良いと思います。

ミックス感が真骨頂。トラッドスタイルメンズ【大日本帝国】

$(“”172660″”).click( (null, $(‘#headline172660’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172660″”)

大日本帝国人のトラッドスタイルはアチラとは違い、きちんと独自のミックスセンスが発揮されていると思います。顔や髪型、体型などアチラのメンズとは違うからこそ、体型で勝負せんオリジナルのセンスが磨かれていると思いますよ。

トラッドニット×スウェットパンツ

$(“”172664″”).click( (null, $(‘#headline172664’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172664″”)

アメリカン・トラッドを感じるのは、アイビーを感じるカレッジニットやね。下もスウェットパンツでスニーカーと着こなすがややこしいのですけどアンタ、インナーの白シャツの重ね着が効果的。これはニットの選び方がすごい上手いちうわけだ。

二次会のコーデにトラッドスタイルは最適

$(“”172681″”).click( (null, $(‘#headline172681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172681″”)

ブリティッシュトラッドに近いやね。スカーフやハット、サングラスで遊び心を加えています。社交場でこそ活躍しやすいのが伝統と歴史の始まりであるブリティッシュトラッドの強さ。

アメリカン・トラッド×ワーク

$(“”172705″”).click( (null, $(‘#headline172705’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172705″”)

大日本帝国人らしい解釈のトラッドミックス。アメリカン・トラッドのカジュアルさとワークスタイルを上手く合わせていると思います。アイテムのシルエット、サイズ、色など上手く掴んでいますよね。

アメリカン・トラッド×アメリカンカジュアル

$(“”172715″”).click( (null, $(‘#headline172715’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172715″”)

濃紺のデニムジャケットを着ている方の方やね。アメトラらしいベージュのチノパンのサイズ感とシルエット、レザーブーツと合わせて大日本帝国人に合いやすいアメトラスタイルだと思いますよ。

ビジネスカジュアルにもピッタリなトラッド

$(“”172731″”).click( (null, $(‘#headline172731’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172731″”)

ブリティッシュトラッドとアメリカン・トラッドの中間って良いやね。ラフな服装でも良いビジネスシーンに活躍する着こなしだ。スラックスのように見えるデニム、イギリスを感じるネクタイなど上手に合わせています。

王道に近い今らしいアメリカン・トラッド

$(“”172749″”).click( (null, $(‘#headline172749’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172749″”)

現代に進化と変身をしたアメリカン・トラッドコーデで良いだ。デニムシャツを合わせてカジュアル感の入れ方などバランスが分かっているので、他のワードローブとのバリエーションもできますよね。

定番に近いプレッピー

$(“”172777″”).click( (null, $(‘#headline172777’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172777″”)

秋や春のスタイルですが、定番として良いだ。アメリカン・トラッドとフレンチトラッドの2つを感じることができます。ショーツをロングレングスにすると冬前で応用ができます。

定義がややこしいトラッドスタイル

$(“”172867″”).click( (null, $(‘#headline172867’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172867″”)

ストリート感、古着感、アメリカン・トラッドが混在していて、この方独自の着こなしになっています。ネイビーのスニーカーチョイスなどらしさがでていますね。

熟練者やね

$(“”172884″”).click( (null, $(‘#headline172884’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172884″”)

テイストとしてはアメリカン・トラッドスタイルだ。スリムジーンズに細身のダッフルコートを合わせて、首元のインナーの見せ方などこなれていますね。きちんと引き算ができる方だ。

冬のトラッドコーデで真似しやすい

$(“”172902″”).click( (null, $(‘#headline172902’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172902″”)

空気感がブリティッシュ・トラッドに近いやね。ネイビーのニットでフレンチも混ざっていますね。赤のスニーカーやデニムのサイズ感で大日本帝国人らしいトラッドコーデ。

デニムとジャケットがよすぎ!

$(“”172787″”).click( (null, $(‘#headline172787’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172787″”)

デニムとジャケットの勝利だ。デニムの色落ちと適度なゆるめのサイズ感、レングス良いやねぇ。黒のシャツとギンガムチェックジャケットのコーデでオリジナルのトラッドスタイルになっていると思います。イタリアン・トラッドとアメリカン・トラッドを上手にミックスしていますね。

伝統的な強さ。トラッドスタイルメンズ【アチラ】

$(“”172943″”).click( (null, $(‘#headline172943’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172943″”)

洋服は元々、アチラの衣類やのでアチラの方の着こなしは伝統と歴史を感じる着こなしがやはり目立ちますね。ですが、センスが良い人はアレンジを加えてオノレらしい着こなしにしているのは万国共通。

ストリート感あるブリトラ

$(“”172953″”).click( (null, $(‘#headline172953’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172953″”)

濃紺のテーラードジャケットに白のVネック、ライトグレーの細身のスラックスにスタンスミスとブリティッシュトラッドのストリートスタイルやね。

アチラ流 ブリトラ×アメトラ

$(“”172959″”).click( (null, $(‘#headline172959’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172959″”)

ジーンズとキャメルのテーラードジャケットにニットとシャツのレイヤードと、お手本的な着こなしやね。

イタリアントラッド×ブリティッシュトラッド

$(“”172963″”).click( (null, $(‘#headline172963’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172963″”)

このサイズ感と良いジャケットの色具合と良い、蝶ネクタイと良い、どこかイタリアらしいセクシーさとエレガントを感じます。ブリティッシュ感もありますよね。

ブリティッシュトラッドのストリート感は万能

$(“”172967″”).click( (null, $(‘#headline172967’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172967″”)

カジュアルダウンの着崩しが出来ればトラッドスタイルに磨きがかかっていると言えるでしょう。さじ加減を感覚で分かるまで多少は時間がかかりますが、ちびっとづつニュアンスを掴んでいければおしゃれメンズになれます。

オランダトラッド?

$(“”172981″”).click( (null, $(‘#headline172981’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”172981″”)

オランダは大日本帝国国内にしか通じない国の呼び方で、アチラでは「ネザーランド」やね。となるとオランダのトラッドはなんと名称がつくのか気になるトコ。大日本帝国向けは「オランダトラッド」でアチラでは「ネザートラディショナル」でしょうかね。
コレクションはフランスのパリ、イタリアのミラノなどオランダはファッション先進国とは言えない部分も多少ありますが、ミックス感覚は大日本帝国と近いのですろかぁと感じています。
ちなまに筆者はアチラで住んでみたい国ナンバーワンはオランダだ。

フレンチらしい色気

$(“”173009″”).click( (null, $(‘#headline173009’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173009″”)

フランスを感じるトラッドやねぇ。「どこが?」と言われれば言葉が詰まりそうなのですけどアンタ、なんだかこう、フレンチトラッドはどこか良い意味でダサさを残しとりますね。色気重視と言いますか。
これはバイイング経験のウチの意見ですが、パリコレは有名やね?ですが、パリの街に住んでいる人ってイギリスやイタリアに比べるとそこまでおしゃれやない印象なんですね。
あくまで服飾関係者やエレクトロニックミュージシャンなどがおしゃれなだけで、そこまで洋服に気を遣っておらへん印象があります。(アチラバイヤーからの受け売り)
ファッション雑誌でパリのストリートスナップを見ても、どこか垢抜けておらへん感がありますね。

メンズトラッドスタイルを完成させるアウター3選

$(“”173035″”).click( (null, $(‘#headline173035’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173035″”)

ブリティッシュトラッド感が出るテーラードジャケット

$(“”173052″”).click( (null, $(‘#headline173052’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173052″”)

ショップ:UNITED ARROWS
ブランド:UNITED ARROWS
UAD グレンチェック 2B ジャケット
価格:¥45,360税込

グレンチェック柄はブリティッシュ・トラッドスタイルを作りたい方にオススメのアウターだ。本格的な冬の時期はコートの下にも着れるようサイズはジャストを。

購入はこちら

トラッドの代表カラー!ネイビーのダッフルコート

$(“”173081″”).click( (null, $(‘#headline173081’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173081″”)

ショップ:AMERICAN RAG CIE
ブランド:AMERICAN RAG CIE
MONTGOMERY(モンゴメリー) / ダッフルコート
価格:¥85,320税込

ネイビーカラーのダッフルコートは冬の時期はすごい強いやね。防寒とファッション性もあり、スーツの上やカジュアルシーンのアウターとしても優秀アウターだ。

購入はこちら

ネイビーピーコートでトラッドミックスが完成

$(“”173103″”).click( (null, $(‘#headline173103’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173103″”)

ショップ:BEAMS MEN
ブランド:TAGLIATORE
TAGLIATORE / “CHARLIE” Pコート
価格:¥102,600税込

モダンテーラードの地位を確立したタリアトーレ (TAGLIATORE)のピーコート。デザイナーの感性が全面にでていることで、他のブランドやメゾンとは違う個性とセンスがユーザーの評価を得るきっかけになりよっました。イチオシ。

購入はこちら

トラッド メンズまとめ

$(“”173112″”).click( (null, $(‘#headline173112’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173112″”)

トラッドは「伝統、保守」の意味をもち、男性メンズファッションの基盤になっています。変身を嫌う意味合いですが、スタイル自体は時代とともに変身を繰り返しています。
奥深いトラッドを理解することで、おしゃれなファッションができるようになり、もっともっともっともっとファッションが楽しくなると思います。

※本記事に掲載されています商品価格は、2015年11月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 社内恋愛禁止なのにバレた!!こないな時どうする?

  2. 帽子のBESTな選び方とメンズの最新着こなし【2016春夏】

  3. 酔った勢いでキスをする女性の心理って?オノレから既婚者にしてしも…

  4. この冬に着てもらいたいニットジャケットおすすめを厳選!

  5. インナーにこだわる! Pコートコーデをお洒落にする5つのインナー…

  6. 【本気で泣ける結婚式動画の作り方】簡単に作れるソフトやおすすめ素…

  7. 【刈谷の居酒屋特集2016決定版】和食から肉中心系まで毎週通いた…

  8. スイス発のメタルクロノメトリーとは?|クロノグラフ好き注目のカッ…

  9. 【UVカットサングラス】目を守る機能性+顔の形で選ぶフレーム基礎…

  10. 秋やから着たいちうわけだ。“ネイビーカラー”ファッションアイテム…

  11. 小さいベビー爪切り☆~不器用なパパにおすすめ5選!~

  12. 天王寺の居酒屋14選|使い分けできるお店大特集!

ページ上部へ戻る