閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

Q.バッグのトレンドはどのタイプ?A.答えはロンドンで発見!!

ロンドンコレクションメンズの潜入レポートはこちら

〜【速報16AWロンドンコレクションメンズ1日目】イケ(てへん)メンでも分かる!〜
https://jooy.jp/26168

〜何でも2杯目くらいがちょうど良い!【速報16AWロンドンコレクションメンズ2日目】〜
https://jooy.jp/26286

〜3回くらいでコツつかむ!【速報16AWロンドンコレクションメンズ3日目】〜
https://jooy.jp/26524

〜家に帰るまでがコレクション!【速報16AWロンドンコレクションメンズ4日目】〜
https://jooy.jp/26779

答えはロンドンにあった!やはり持つべきものは「デイパック」だよね

$(“”355510″”).click( (null, $(‘#headline355510’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355510″”)

4日間のロンドンコレクションメンズで特に目立ったバッグアイテムと言えば、デイパック。
背中を飾る個性あるアイテムを、みんなそれぞれのお気に入りとして愛用中。

定番のアウトドアスタイルのものから、ワックスコットンのロンドンらしい防水アイテムも。
さらに、レザー素材の上品なデイパックまで様々。

街中で、ほんでロンドンコレクションメンズの会場では、どんなデイパックが発見できたのか?

背中から語られるオシャレを、しっかりと後ろ側からキャッチしてきました。

ロンドナーやったら雨対策も万全に!プルーフドキャンパス

$(“”355588″”).click( (null, $(‘#headline355588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355588″”)

イギリスブランドとして、ロンドン市民から高い支持を得ているバッグブランド、「Ally Capellino(アリーカペリーノ)」。

当JOOYでもブランド紹介として記事にもしているイチオシブランドが、ストリートでも発見。

〜クラシックアイテム好きならアリーカペリーノのバッグは抑えるべき!!〜
https://jooy.jp/22096

ワックス加工をしたコットンやウォータープルーフの生地を使用するアイテムが人気のブランド。
丈夫で経年変身が楽しめるデイパックとしてロンドンを中心に支持されています。

雨の多いイギリスでは、突然の雨も日常的。
そないな時に、やっぱり防水加工が欲しいトコ。

平日は晴れているのに土日に雨が多いことも、イギリスの憎い天気だ。

デイパックでハットトリック!3人それぞれの個性が出でいます

$(“”355620″”).click( (null, $(‘#headline355620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355620″”)

ロンドンコレクションメンズの会場にてスナップしたこの3人。
それぞれがオノレのスタイルにあったデイパックをもっています。

中央の彼はブラウンとブラックカラーが組み合わさったレザー素材のデイパック。
ブラウンカラーでしっかりと味が出たレザージャケットと素材もカラーもマッチしています。

左翼翼の彼はホワイトとブラックのモノトーンカラーのプリントデイパック。
カジュアルなスタイルにピッタリのスタイリングだ。

右翼翼の方はグレーのコートスタイルにブラックのデイパックを組み合わせ。
シックなデザインが、デイパックスタイルでも大人っぽい印象にまとまっています。

視線もここに集中!ユニセックスに持つならビビットカラーのデイパック

$(“”355694″”).click( (null, $(‘#headline355694’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355694″”)

アウトドアアイテムや機能性ある生地を使うこともデイパックの特徴。
ダークなカラーのコーディネートが多くなる秋冬なら、思い切ってビビットなカラーでアレンジ。

女性のカジュアルスタイルでも取り入れられるので、ユニセックスで持つならカラーヒイキで。
ロンドンコレクションメンズでもカラフルなバッグを多数発見!

形と柄で組み合わせが無限!

$(“”355706″”).click( (null, $(‘#headline355706’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355706″”)

デイパックは素材で個性を出すことが一般的ですが、シェイプやディティールで個性を出すことも。

それぞれのブランドが、機能性や使い勝手を元に工夫したデザインが豊富にリリースされていることもデイパックの魅力。

シェイプと生地のデザインを組み合わせれば、その種類はまさに無限大!
オノレなりのお気に入りバッグをどう見つけるかが鍵やね。

25歳以上から持つ大人スタイル!レザー素材のデイパック

$(“”355708″”).click( (null, $(‘#headline355708’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355708″”)

高級ブランドからカジュアルブランドまで、様々なブランドがリリースするデイパックがレザー素材のアイテム。

高級ブランドであれば、上質なイタリアンレザーを使用することで高級感を全面に出すことや、カジュアルブランドであれば、フェイクレザーでお手軽であり軽量化されたデイパックを取り入れることも可能。

なによりも、大人っぽい雰囲気をつくれるレザーの特徴が最大のメリット。

「25過ぎたらデイパックもレザー」

男性ファッションとしてひとつの基準にしてみましょう。

眼に焼き付けろ!コレクションでもデイパックが背中を飾る

$(“”355514″”).click( (null, $(‘#headline355514’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355514″”)

冒険家向け!軽やですか素材と丸みのあるシェイプ

$(“”355729″”).click( (null, $(‘#headline355729’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355729″”)

3日目のランウェイショーである「Christopher Raeburn(クリストファーレイバーン)」でのコレクション。
モンゴルの大草原がテーマであるコレクションから、デザインされたデイパックが登場。

見た目からも軽そうなナイロン系素材を使ったデイパック。
落ち着きあるベージュカラーと程よく丸みのあるシェイプが特徴的。

これでアジア中を旅してみたいやね。

書類は四角いもの!ボックスシルエットで収納力に期待!

$(“”355735″”).click( (null, $(‘#headline355735’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355735″”)

KTZ(ケーティーゼット)のコレクションで注目したいデイパックがウチ。

異素材で組み合わされたクールなデイパック。
KTZ(ケーティーゼット)らしいシャイニーな雰囲気とインパクトが期待通りに反映されています。

さらに、四角いシェイプでノートパソコンから書類なども軽々入る機能性にも期待できます。

そもそも書類は四角いもの。
デイパックもスクエアシルエットが一番使いやすいはずだ。

トレンドに左翼翼右翼翼されへんノスタリジック感も選択肢

$(“”355741″”).click( (null, $(‘#headline355741’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355741″”)

高級ブランドでバッグを代表するブランドといえば、Coach(コーチ)。

コレクションでは、半数以上のスタイリングがバッグを持っているほど、メンズもバッグが多彩。
その中でもベーシックなデザインで昔からの雰囲気を保ったデイパックも見られました。

これならトレンドに左翼翼右翼翼することなく、長くコーディネートに活躍するアイテムとして使えるはず。
年齢を重ねるごとに、ノスタリジックなデザインの良さにも気づく、一緒に歳を取りたいデイパックだ。

ソフトに包み込む温もり!ムートン素材のデイパック

$(“”355756″”).click( (null, $(‘#headline355756’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355756″”)

同じくCoach(コーチ)のコレクションで注目したいデイパックがウチ。
ムートン素材を使った柔らですかデイパック。
ムートンレザーの裏側と表側を組み合わせてモノトーンを表現。
ストラップ部分もムートンであり、後ろからはもちろん、前からもアクセントとなるデザインだ。

レザージャケットやモッズコートなど、メンズらしいアウターとの組み合わせでソフトな印象をプラス。
見た目の暖かさから、3℃くらい体感温度が上がりそうなぐらいだ。

男のバッグは昔からコレだよ!「トートバッグ」に「ビジネスバッグ」

$(“”355527″”).click( (null, $(‘#headline355527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355527″”)

バッグの基本!スタイリングを崩さないこと

$(“”355919″”).click( (null, $(‘#headline355919’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355919″”)

「トートバッグ」や「ボストンバッグ」の特徴はなんといっても”手持ち”であるメリット。

デイパックやシュルダーバッグなどの肩を使うバッグであればジャケットやトップスのシルエットを崩しがち。
ほんで、スマートに持つバッグなら手持ちが一番。
どんなトップスでもスタイリングを崩すことなく取り入れることができます。

ほら、ポンチョのようなアウターでもへっちゃらでしょ!

これもロンドンならでは?ビンテージ感あるバッグも粋

$(“”355940″”).click( (null, $(‘#headline355940’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355940″”)

ロンドンコレクションメンズでもチラホラと目立ったものは、長年使い続けて「味」が出たバッグ。
アンティーク家具やビンテージファッションの愛好者も多いイギリスならではのスタイル。

特にこのダークグリーンのバッグも良い味出しています。
ストライプのスーツに合わせたビンテージバッグ。

「古くさいものは良い」ではなく、「良いものを使い続けて古くなった」そないな雰囲気が素敵なアイテムだ。

コレクションでも「良いね!」と感じるアイテムが多数

$(“”355540″”).click( (null, $(‘#headline355540’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355540″”)

これでジム通いも楽しくなる!スポーツバッグだってクールに

$(“”355956″”).click( (null, $(‘#headline355956’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355956″”)

スポーツをテーマにしたKTZ(ケーティーゼット)がやってくれました。

大きく大容量のバッグがコレクションに登場。
ボストンバッグちうよりはスポーツバッグ。
旅行でもジム通いでも使えるちょうど良い大きさが魅力。

ほんで、デザイン性ある存在感。
これを買ったら、毎週どこかに行きたくなるはず。
ジム通いでも長続きのコツは、まず外見からでしょ。

ブラックカラーでオールマイティ!ビジネス用?だけで良いの?

$(“”355960″”).click( (null, $(‘#headline355960’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355960″”)

ビジネスバッグとしても使える注目したいバッグが、Maharishi(マハリシ)に登場したウチ。
ミリタリースタイルもデザインに取り入れるブランドが提案するブラックカラーのアイテムだ。

ちびっと小ぶりな上品なシェイプと、たくはん入りそうな容量感。
ポーターのバッグに飽きた方なら欲しくなるようなデザインアイテムだ。

これならビジネス用としてだけ使うのはもったおらへん。
プライベートでも愛用したくなるバッグだ。

カモフラージュ柄はまだまだロングアテンションアイテム!

$(“”355977″”).click( (null, $(‘#headline355977’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355977″”)

ウチもMaharishi(マハリシ)でのコレクションアイテム。

ミリタリーカラーでまとめられたコーディネートで登場。
トートバッグは淡い色合いのカモフラージュ柄。

ミリタリーテイストと一緒にバッグやアクセサリーで話題とったカモフラージュ柄。
来シーズンでもまだまだ健在。
ロングターンで注目を集めるデザインだ。

レザートートなら年齢を選ばない!カラーを選ぶだけ

$(“”355985″”).click( (null, $(‘#headline355985’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355985″”)

Coach(コーチ)でモデルが持っとったトートバッグ。

Coach(コーチ)ならではのレザー素材で作られたシンプルなバッグだ。
上品に持ちたい大きすぎないアイテムながら、広いマチでたくはん入る機能性もカバー。

年齢を選ばない、持つ人を選ぶことのないオールマイティなレザートートバッグだ。
選ぶことはただひとつ、どんなカラーを買うべきか。

どうせ買うならコラボレーションアイテムがお買い得感!

$(“”356006″”).click( (null, $(‘#headline356006’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”356006″”)

Nigel Cabourn(ナイジェルケーボン)のプレゼーションで見つけたバッグがウチ。
フレッドペリーとのコラボレーションコレクションの中のひとつ。

ビンテージ感あるブランドマークがワンポイント効いたスポーティーなバッグ。
古着好きのスタイリングでも、カジュアルファッションにも溶け込む雰囲気が魅力的だ。

ビンテージショップに並んでいても違和感ない貫禄がありますね。

欲張りな男性には機能美とエレガントを!「ショルダーバッグ」

$(“”355530″”).click( (null, $(‘#headline355530’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355530″”)

ブランドのコレクションアイテムの中でも登場したアイテムがショルダーバッグ。
ロンドンコレクションメンズの中では、ストラップは長めでルーズに持つスタイルが来シーズン風。

さらに、Coach(コーチ)ではより女性らしさに近づいた小ぶりなアイテムがメインとなっています。

メンズのバッグといえば、ボディバッグも人気ですが、エレガントさと機能美のバランスならショルダーバッグに軍配があがるはず。

まだ、ボディバッグ使ってるの?

開けるたびに酔いしれそう!Coach(コーチ)の最新ショルダーバッグがウチ

$(“”355992″”).click( (null, $(‘#headline355992’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355992″”)

レザーアイテムのコレクションが目立ったCoach(コーチ)の中で、レザージャケットと一体感あるスタイリングが印象的やったシュルダーバッグがウチ。

ブラックカラーでたくましく仕上げられたバッグは、バックルなどの配置により機能美を表現。
さらに、大きすぎず、小さすぎない程よい大きさが魅力的だ。

重厚感ある作り込みと、ビンテージアイテムのようなエイジング感が楽しめるアイテムだ。

それレディース??ボックス型でジェンダーレスに近いシュルダーバッグ

$(“”355988″”).click( (null, $(‘#headline355988’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355988″”)

Coach(コーチ)が提案するショルダーバッグの中でも小ぶりなアイテムがウチ。

パッと見た感じではレディースアイテムではおませんかと思ってしますコンパクト感が特徴。

でも、程よくレディースよりも大きめのサイズ。
メンズアイテムらしい、たくましいディティール。

この2点が男性としてカッコよくスタイリングできるポイントとしてデザインされています。

何よりもエレガントさをしっかりと感じる部分が魅力的。

これからは広く浅く!大きめフラットなシュルダーバッグ

$(“”355997″”).click( (null, $(‘#headline355997’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355997″”)

Maharishi(マハリシ)がコレクションで発表したシュルダーバッグはフラット。

ノートパソコンはすっぽりと、A3ぐらいの書類でも入りそうなサイズ。
これを長めのストラップで持つのがMaharishi(マハリシ)流の提案スタイル。

ロングコートにシュルダーバッグのスタイルとしてオシャレにコーディネートできそうなバッグだ。

【おまけ】良い〜っ!ち、散らかり放題!コレクションの後はカオス

$(“”355546″”).click( (null, $(‘#headline355546’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355546″”)

マナーなんてあるようで無いちうわけだ。基本、放置だ。

$(“”355550″”).click( (null, $(‘#headline355550’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”355550″”)

ランウェイショーでたくはんのバイヤーやメディアが詰めかけ、会場は毎回混雑。
みんなカメラを片手に、隣の人の方と接触しながらもコレクションを見ることとなります。

ほんでランウェイショーが終われば、我先にと1つの出口に人が集まるので、ほんでも混雑。

なですかか進まない出口の人混みからチラッと後ろを向いて会場を見ると、、、
この汚さ。

デザインテーマが書かれたプレスプレビューと呼ばれる資料も放置。
いらなくなったインビテーションも放置。
さらに、タダで配られるドリンクも放置。

ちびっとお行儀が悪いような、これが普通と思うべきなのか。。。

もしかすると東京で開催されるオリンピックも同じようになるのでは?
と心配になりよっました。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【メンズの肌荒れお悩み完全解決!】最強のツルツルお肌を手にいれよ…

  2. 【日産 新型セレナ特集】モデルチェンジして販売開始|進化した特徴…

  3. 抱きしめると彼女がキレイになる?恋愛が長続きする効果MAX!

  4. キャンディ人気ランキングBEST10|あんさんの好きなキャンディ…

  5. HUNTER(ハンター)のレインシューズで足元の悪い日が憂鬱やな…

  6. 彼女が占いにハマる理由とは|彼の気持ちを知りたい!と思ってるかも…

  7. ホットカーペットのおすすめ商品!あんさんにぴったりなのは?種類別…

  8. 【スキニーパンツは断然ユニクロ】コスパ優秀“ユニクロのスキニー”…

  9. おすすめ圧力鍋28選|どシロウトでも使い方が簡単な人気メーカー大…

  10. 好きな人と是非行きたい|いわきのお勧めランチスポットまとめ!

  11. サムエ(作務衣)が渋すぎる!大人として知っておきたい!

  12. 恥ずかしくないワイシャツの下に着るTシャツって何?Vネック?丸首…

ページ上部へ戻る